«  2015年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2015年2月28日

お口のトラブルは、口腔ケアをしっかり行い、不具合を治療することで改善することができます。

食べることは身体的にも精神的にも、生きる喜びにつながります。

食事がおいしく食べられるようになれば、気力も回復します。

寝たきりでほとんど反応がない人も、口の中がきれいになればピンク色の粘膜がよみがえり、表情も明るく見えます。

さらに、命をおびやかす危険がある誤嚥性肺炎の予防にもなります。

口腔ケアは健康面だけでなく、心理面への影響も大きく、高齢者のQOLを向上させる大きなカギを握っています。

お口はいきいきとした高齢期を起こるためにも大切な器官なのです。

口腔ケアは早く始めるに越したことはありませんが、今から始めても手遅れということはありません。

心と体の健康を維持するためにも、口腔ケアを習慣化しましょう。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月27日

免疫力が低下している高齢者にとって、冬場のインフルエンザの感染は大きなダメージとなりますので、特に注意が必要です。

一般的に、老若男女を問わず、インフルエンザの予防対策として手洗いとうがいが奨励されていますが、口腔ケアをきちんと行うことも、予防効果につながるのです。

お口はウイルスの入口でもありますが、口の中が清潔に保たれていれば、ウイルスや細菌が体内に入ろうとしたときに、唾液に含まれる抗菌物質が侵入を防いでくれます。

しかし、口の中が汚れていてはこの抗菌物質も十分に力を発揮することができません。

口の中に入ってきたウイルスなどを洗い流すためには、お口を清潔にして唾液の出をよくする必要があり、そのためにも口腔ケアは大切です。

また、お口の健康がしっかり保てれば、自分の口でしっかり食事をとることができ、体力や免疫力の低下を防ぐこともできます。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月26日

正しい口腔ケアでQOLを向上させよう!

口腔ケアは、口のトラブルの予防だけではなく、食べることや話すことをサポートし、生活にリズムをつくって、QOL(生活の質)を向上させる目的もあります。

自分の口で「おいしく食べる」ことは大きな楽しみであり、生きる意欲にもつながるのです。また、脳や体も元気にします。

◆抵抗力がアップする

唾液には汚れを落とす洗浄効果があり、抗菌物質も含まれています。

口の中がきれいになれば、唾液の出もよくなり、口から入った細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぎます。  

◆噛むことが老化防止になる!

噛むことは脳への血流を増やし、脳の動きを活性化します。実際に、認知症の人ほど口の中に
トラブルをかかえ、噛むことができない状態が多いという報告もあります。
つまりよく噛むことで脳の若さを保ち、認知症の予防につながると期待されています。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月25日

よく噛むことの8つの効果

1.胃腸の働きを促進する
唾液中の消化酵素の分泌がさかんになり、細かくかみ砕けば胃腸への負担を和らげます。

2.むし歯、歯周病、口臭を予防する
唾液の分泌が増え、唾液の分泌が増え、唾液の抗菌作用によって口の中の清掃効果が高まります。

3.肥満を防止する
ゆっくりたくさん噛むと満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぎます。

4.脳の働きを活発にする
噛むことで脳への血流が増加し働きを活発にするために、脳の若さを保って老化を防止します。

5.全身の体力の向上
よく噛めば全身に活力がみなぎり、体力が向上します。

6.味覚が発達する
じっくりと味わうことができ、味覚が発達します。

7.発音がはっきりする
口のまわりの筋肉が発達し、言葉の発音もはっきりします。

8.がんを予防する
唾液に含まれる酵素には、食品中の発ガン物質の発ガン性を抑制する効果があると言われています。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月24日

口腔の粘膜免疫システム

「疫から免れる」と書くように、「免疫」の大きな役割は、体内に侵入するウイルスや細菌、がん細胞など、体にとって異物となるものから身を守ることです。口はこうした異物の侵入口でもあり、侵入を防ぐバリアでもあります。

近年の研究で、口腔のような粘膜組織には独自の免疫システムがあることがわかってきています。体内のリンパ球などの免疫細胞による免疫システム(全身系免疫)とは独立したシステムで、粘膜そのものが免疫組織であり、粘膜免疫システムと言われています。

しかし、せっかくの優れた口腔内の免疫システムも、口の中が汚れていてはその効果が十分に発揮できません。
65歳の高齢者を対象に、普通に歯磨きをしたグループと歯間ブラシなどを使って念入りに口腔ケアを行ったグループを比較した研究では、念入りケアのグループのほうがインフルエンザの罹患率が10分の1以下だったという報告があります。

さらに、別の研究では、1日2回以上歯磨きをする人は、1日1回の人に比べると、口の中や食道のがんになるリスクが3割低いことが報告されています。 
免疫力アップやがん予防のためにも、口腔ケアをしっかり行いましょう。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月23日

口腔ケアで感染症予防

冬は、インフルエンザやノロウイルスによる感染性胃腸炎など、ウイルスや細菌による感染症が流行する季節です。
 

冬に感染が増えるのは、空気が乾燥することで、ウイルスの水分も蒸発して空気中に漂いやすくなるとともに、乾燥を好むので、ウイルスの感染力そのものも強まります。さらに、空気が乾燥していると、くしゃみやせきの飛沫が小さくなり、飛沫に含まれるウイルスが遠くまで飛びやすくなることで、感染が広がり、感染のスピードも速まります。
 

人ののどや鼻の中は粘液で適度に湿っていてウイルスなどの侵入を防ぐ役割をしていますが、冬はのどや鼻の粘膜が乾燥して傷むため、ウイルスなどが体内に侵入しやすくなるのです。
 

また、口の中の細菌が作り出す「プロテアーゼ」という酵素が粘膜を破壊することで、さらにウイルスが侵入しやすくなることもわかっています。
 

歯垢や歯石、舌苔などがあってお口の中が汚れていると細菌が増殖してプロテアーゼも増えるので、口腔ケアでお口の中を清潔にしておくことも、感染症予防になります。
合わせて、手洗いとうがいも徹底して行いましょう。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月21日

5. 便利なケア用品を活用する


口腔清掃の補助具

本人の負担をできるだけ軽減するために、短時間で効率よく行うことがポイントです。

そのためには歯ブラシの他に便利な清掃補助具(スポンジブラシ・歯間ブラシ・舌ブラシなど)をうまく活用して下さい。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月20日

唾液腺マッサージ


唾液腺マッサージ
唾液腺マッサージ.png加齢により分泌能力が低下したり、服用薬の影響で口が乾きやすくなります。マッサージをして唾液の分泌を促しましょう。


耳下腺への刺激

a. 耳下腺への刺激
耳下腺a.png

人差し指から小指までの4本の指を頬にあて、上の奥歯あたりを後ろから前へ向かって回す。(10回)


顎下腺への刺激

b. 顎下腺への刺激
耳下腺b.png
親指を顎の骨の内側の柔らかい部分にあて、耳の下から顎の下まで5ヶ所くらいを順番に押す。(各5回ずつ)


舌下腺への刺激

c. 舌下腺への刺激
耳下腺c.png
両手の親指をそろえ、顎の真下から(各5回ずつ)手を突き上げるようにグーッと押す。(10回)

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月19日

口腔ケアのポイント

3. 誤嚥に注意する

寝たきり状態で嚥下機能が低下している場合は、顔を横に向け、枕を使って下あごを引き、水分が気管に入らないように注意します。

水分の使用はできるだけ控え、すぐにふき取れるよう綿棒やカット綿等を用意します。

麻痺があれば、麻痺した側を上に健常な側を下にします。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月18日

口腔ケアのポイント

2. 介助は最小限にとどめる

障害の程度によってどの部分を介助すべきかを考えます。

筋肉の衰えの予防や麻痺の改善のためには、自助具や工夫した清掃具を活用しながら、できるだけ本人の残っている能力を活かすことが重要です。

ただし仕上げは介護者が手伝いましょう。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月17日

口腔ケアのポイント

1. 口腔内をチェックする

要介護の状態が長期間続くと、口腔内が放置されているケースも多いので、口腔内に問題がないか観察します。

痛みがあるとケアを避けるので、痛みの原因となる口内炎・欠けた歯・歯肉の脹れ・義歯による傷などの有無をチェックします。

問題があれば歯科医師や歯科衛生士に相談して下さい。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月16日

口腔ケアを始める前に

口腔内は非常にデリケートです。

したがって口腔ケアを介護者が始める前には、本人に口腔ケアについて十分説明し、お互いの意思疎通をはかることが重要です。

特に認知機能が低下している高齢者に対しては、無理をせず先ずは「気持ちよさ」と体感してもらうことから始めてください。

嫌がるからといってケアをしないと、悪循環に陥る可能性があるので、困った時は歯科医師・歯科衛生士に相談して下さい。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月14日

口腔ケアについて

高齢社会になるとともに介護が必要な高齢者が増加し「口腔ケア」という用語が生まれ、今では保健・医療・福祉の分野に広く浸透しています。

口腔ケアには口腔の「清掃を中心とするケア」と「機能訓練を中心とするケア」があります。

目的はそれぞれ「口腔内を清潔に保つこと」と「口腔機能を維持・向上すること」です。

要介護高齢者の口腔ケアでは、誤嚥性肺炎や口腔内の乾燥を予防すること、さらには老化や障害による口腔機能の低下を予防・改善することが主眼となります。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月13日

口腔ケアには大きく分けて口腔の「清掃を中心とするケア」と「機能訓練を中心とするケア」があります。

要介護高齢者に対する口腔ケアの主な目的は「誤嚥性肺炎」「口腔の乾燥」「口腔機能の低下」を予防することです。

安全と安楽をモットーに専門家のアドバイスを受けながら、継続することがポイントです。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪市 淀川区 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月12日

無料訪問歯科検診

吉村歯科医院ではご家族様や患者様、病院・介護関係者様からの依頼によるお口の健康を常に保つための無料訪問歯科検診を行っております。

歯科 医師とスタッフが専用往診車にて訪問し歯の健康状態を無料訪問歯科検診いたします。「歯の健康が気になるけれど歯医者にいけない」「通院できる状態ではない」などでお悩みの方は是非ご利用ください。

お気軽にお電話、FAXまたはインターネットからお申し込みください。

※FAXの場合は下記の申込書をダウンロードして、お申込み下さい。

無料訪問歯科検診 申込書.pdf

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら
大阪 十三 吉村歯科医院 訪問歯科診療はこちら

2015年2月10日

訪問歯科治療の費用

在宅サービスの場合※老人保健1割負担の場合

診療・治療費(治療に応じた金額)
       +
訪問歯科診療費・・・・・870円/1回につき
       +
居宅療養管理指導費(介護保険適用)

※居宅療養管理指導は代替性のないサービスですので、ケアマネージャー様が立案されるケアプランのメニューに入れる必要はなく、また給付限度額に左右されないメニューとなります。

・初診の方       ・再診の方
1回目・・・503円  1回目・・・855円
2回目・・・855円  2回目・・・855円 
3回目・・・352円  3回目・・・352円
4回目・・・352円  4回目・・・352円
5回目・・・352円
合計 ・・・2,414円/(1カ月最大)


※訪問歯科のご利用は通院困難な方が対象です。車イスの方も対象になります。
※他の医療費も含めて医療費控除の対象となります。


【一割負担の方の場合の治療費目安】
・前歯又は奥歯を1本抜いた場合
 約1,500円(居宅)/約900円~約1,200円(施設)
・虫歯治療(1本詰める場合)
 約1,500円(居宅)/約1,100円(施設)
・義歯(入れ歯)
 総義歯上下セット  約10,000円~約12,000円(合計:居宅)
           約8,000円~約10,000円(合計:施設)
・義歯調整
           約1,000円~約1,500円(1回:居宅)
           約700円~約1,000円(1回:施設)

※治療の回数や金額は、個人差があり回数や金額が増えることもございますので、あらかじめご了承下さい。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年2月 9日

ご依頼から治療まで

step1.お申込み
患者さんご本人および、ご家族、介護事業様からのお申し込みお電話とファックスにて受け付けております。
お申込みについては当院の往診専用窓口までお願いします。
【往診専用ダイヤル】 06-6886-0957 担当直通電話 090-5643-3086
【往診専用FAX】   06-6886-0957 (24時間対応)

step2.訪問(初診)
患者さんのご自宅、または施設まで、当院の歯科医師と歯科衛生士が往診車でお伺いします。お口の中を診察した後、患者さんにあわせた適切な対応を検討します。
※お持ちの保険証のご提示をお願い致しますので、ご用意をお願い致します。

step3.ご説明、ご相談
診察結果をご説明させていいただき、治療方針についてご相談させていただいた上で、患者さんの健康状態やご状況にあわせた治療計画を立案しご提案いたします。

step4.治療
患者さんに治療方針をご了解いただきましたら、具体的な治療を進めてまいります。
治療はご状況にあわせ、ご自宅、もしくは施設内か往診車内で行います。

step5.訪問定期検診
お口やお身体の健康維持のため、治療後も定期的な健診とスタッフによるお口のケアをおすすめしております。定期検診の時期や期間などは、担当の歯科医師、歯科衛生士とご相談ください。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年2月 7日

口腔ケア勉強会

当院では、ケアマネージャー様、ヘルパー様、介護事業所のスタッフの皆様を対象に、院長をはじめ、訪問歯科診療の経験豊富な歯科医師、歯科衛生士が、ご利用者様のお口の健康を守るための口腔ケア勉強会を実施しております。

当院のスタッフは訪問歯科の勉強会に数多く参加し、常に新しい経験と知識の習得に努めております。
口腔ケアの基礎的な部分から、実際のケア方法、最新の現場事情など施設に新しく入職された方からベテランの方まで幅広くご活用いただけるノウハウを丁寧にご指導致しますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年2月 6日

往診専門の事務局をご用意しております

当院では、当院から半径16キロ圏内(北は箕面市、南は堺市北部、東は四條畷市西部、西は西宮市東部まで訪問可能)のエリアを対象に訪問歯科診療を行っております。

往診専用の事務局をご用意し、患者さんやご家族の方のさまざまなご要望に迅速なお応えできるよう2班の訪問歯科診療チームで対応させていただいております。

当日のご依頼など急なご要請にも極力お応えできるよう努めておりますので、お気軽にご相談ください。当院の訪問歯科診療をご利用いただいている患者さんの多くはご高齢の方ですが、障害者や車椅子の方についても対応しております。

車椅子に乗ったままで診療する車内まで移動できるリフト付きの歯科往診車でお伺いいたしますので、患者さんのお体のご状態などにあわせた対応も可能です。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年2月 5日

要介護者の方ほどお口の中のケアが必要です

悲しいことですが、嚥下能力が低下した高齢者の方の中には、お食事の際の誤嚥により細菌が気管や肺に入ることで起こる誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)でお亡くなりなる方が多数いらっしゃいます。その為、高齢の要介護者の方の口腔ケアは特に大切です。

当院の訪問歯科では虫歯や歯周病の治療や予防、義歯の作成・調整・修理などを行い、お口の中の専門的なケアをさせていただいております。

お口の中を清潔に保ち、細菌を減らすことで誤嚥性肺炎のリスクを低減させることができますので定期的に往診による診療を受け、ご高齢の方が長い間快適に食事ができるためにお役立てください。

また、当院は歯科技工士が常駐しているため、入れ歯の修理についても往診の際にご相談いただけます。早期に修理させていただき、届けに上がって装着まで丁寧に行っておりますのでお気軽にお申し付けください。

往診車2.jpg

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年2月 4日

【当院の訪問歯科診療の特徴】往診車でお伺いをします

吉村歯科医院が所有する歯科往診車にはタービンやバキューム、レントゲンなど訪問歯科が可能な設備を整えておりますので、院外においても患者さんに最適な歯科診療を提供することが可能です。

 訪問歯科診療には当院の歯科医師と歯科衛生士がお伺いし、治療やお口の中のお掃除についてはケアマネージャー様、ご家族様と連携をとって行っていきます。また、保険が適用されますので安心してご依頼いただけます。

往診車1.jpg

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年2月 3日

補足・タバコのヤニは?

・歯医者に行けばキレイになる

・3~5回の通院できれいになります。

ヤニに限らず、お茶のシブ等のステイン、単純な表面汚れは除去が容易です。
ただし、長く放置すると内部まで変色し、困難に。早めに処置しましょう。

※なお症状には個人差があります。異常を感じたら専門機関で相談を。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年2月 2日

既に黄色い場合は?

・歯医者さんによるプロのクリーニングで外からの「着色」をしっかり落として本来の歯の色を取戻してから相談

・ゴシゴシ磨くと逆に歯が黄色くなる

表面の変色は改善されやすい。
けれど内部の黄ばみには加齢・薬の副作用・虫歯などが原因の場合も。

通常のブラッシングで効果がない時は歯医者さんで一度相談してみましょう。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
医療法人若葉会吉村歯科医院理事長吉村禎浩

医療法人若葉会
吉村歯科医院

院長 吉村禎浩

【経歴】
1956年1月25日生まれ
1982年 岐阜歯科大学 卒業(現朝日大学)
1984年 吉村歯科医院 開業
2008年 医療法人若葉会 吉村歯科医院 設立

吉村歯科医院では、自分が受けたい治療、もしくは家族にしてあげたい治療を心掛けています。歯を失う二大疾患である『虫歯』と『歯周病』は防げます。メンテナンスをして、ご自身の歯を大切にして下さい。当医院では適切な治療とケアでお口の健康を守ります。

【経営理念】
『来院者とチームメンバーの幸せの輪を広げる』

【ミッション(使命)】
『安心と信頼のある歯科医院作りを目指す』

【所属学会・研究会】
O.A.M先進インプラント認定医
顎咬合学会認定医
国際審美学会会員