«  2015年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年1月31日

回避・予防策

・食べる前と食べた後に、お水で口をゆすぐ

・食後30分程経つと、唾液の力により口内はより中性になります。歯磨きはその状態になってから行なうのがベスト

・フッ化物(フッ素ジェルなど)で毎日エナメル質を強化

酸性のものを食べたら、なるべく早く口の中を水などで中性に戻して。

また食後スグは口の中が酸性に。
そのままみがくとエナメル質がはげやすくなっています。
少し時間をおくか、よくゆすいでからやさしく磨く様に心がけて。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月30日

着色をおこしやすいフード

・コーヒー、紅茶、赤ワイン、烏龍茶、カレー、チョコレート

・色の濃い食べ物(緑黄色野菜や濃い着色料等)

・ブルーベリー、クランベリーなどのベリー系の果物

・カレーやケチャップ料理

・醤油、ソースなどの調味料などなど

酸でコーティングが弱ったところに色素がダイレクトに影響。
歯の変色が加速されます。

また、これらは単品でも着色力が強め。
意識してその後のケアを心がけます。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月29日

酸性度が高いフード

・ワインや梅酒など、果実由来のアルコール飲料

・炭酸飲料 柑橘系食品・飲料

・ビタミンC剤などのサプリメント

・体の疲れをとるといわれる「クエン酸」

これらの酸っぱい系のフードが歯に酸蝕症を引き起こしている可能性があります。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月28日

酸蝕症・酸蝕歯とは

・体内で最も固いエナメル質は「酸」に弱い

・象牙質の色が透けて歯が黄色くなってきます

・知覚過敏が起こることも考えられます

歯の表面は酸に弱かった!

甘いものが虫歯の原因は知っていたけど...
酸も歯にはよくなかったんです。

表面がダメージをうけると、当然しみやすく、虫歯にもなりやすい。
変色のリスクも高まるんです。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月27日

心当たりありませんか?

・コーラをチビチビ飲みながらの長時間勉強

・(飲み物は)口の中に溜めて飲む

・頻回に少量ずつスポーツドリンクを飲んでいる

・ビタミンCは健康によいと、レモンをかじる

え?これ普通では?

そんなあなた。
酸蝕症で酸蝕歯になっているかも...!

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月26日

ポーセレンラミネートベニア法のメリット

・天然歯に近い色合いに仕上げることができるので、天然歯との調和が取れ、見た目が自然です。
・歯の切削が少ないので、治療期間が短く、痛みも無く安全です。
・歯に強く接着するため丈夫です。しかも摩耗しにくく半永久的です。


大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月24日

ポーセレンラミネートベニア法の手順

①診査と判断
 お口の様子を診て治療の計画を立てます。

②前処理とプラークコントロール
 治療環境を整えます。
  ・歯ぐきの健康を回復します。
  ・ブラッシング指導をします。

③歯を削ります
 歯の表面の唇側を、エナメル質部分だけ、薄く( 0.5~0.7ミリほど)削ります。

④型をとります
 削った歯の型をとり、ポーセレンの歯を作ります。ポーセレンの歯をつけるまでは、仮の歯をつけておきます。

⑤歯に接着します
 歯に水や唾液がつかないようにします。
 ラミネートベニアと歯の表面を薬品で処理します。
 歯とベニアの両方に接着剤をつけてはりつけます。
 光をあてて接着剤を固めます。

⑥研磨と適合
 はみでた接着剤などを除き、歯の表面をみがいて適合させます。咬み合わせを調整します


大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月23日

自然な白さを演出しましょう

にっこり笑った口元からこぼれる真っ白い健康な歯・・・誰もが好感をもつさわやかさのシンボルです。
でも中には、いくら歯みがきをしても白くならない悩みをもっている方が少なくありません。先天的に、あるいは薬などの影響で後天的に、歯が透明になったり汚れた感じの色になったりしていて、どんなにブラッシングや手入れに励んでも、どうしようもないケースもあります。
でもあきらめることはありません。歯の表面を薄く削り、セラミック製の薄片を張り合わせる『ポーセレンラミネートベニア法』で、あなたの歯は白く生まれ変わります。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月22日

NASAの最新宇宙技術の応用

 このメタルボンドはレジン(プラスチック)のような収縮や変色もなく、寿命も半永久的。一時しのぎではなく、強さと美しさを合わせ持った最高度の技術です。 
 温度による膨張・収縮率の異なる金属と陶材の接着という難しい技術も、宇宙ロケットの耐熱セラミック研究というNASAの最新技術から生まれたものです。


大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月21日

メタルボンドは3層構造

むし歯や歯が折れた時の歯の修復は、悪い部分を取ったあとに人工の歯冠をとり付けます。メタルボンドは、悪い部分を削った上に(削る部分が大きい時は金属の土台を立て)強度を受け持つ金属(メタル)をかぶせ、その上にセラミック(陶材)を2重に焼き付けます。
人工歯は、周りの歯と調和するように、色や形を調整し自然の歯そっくりに仕上げることができます。噛み心地も自分の歯とかわりません。


大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月20日

メタルボンドは自然の歯に近く、よく噛める

話したり笑ったりする時、歯に自信がないと、つい無口になったりうつむいたりしがちです。そのため、目立つ前歯の治療は、できるだけ天然の歯に近いものが望まれます。
この願いを可能にするのが「メタルボンド」と呼ばれる技術です。この方法は天然歯そっくりの色調に整えることができるため、見た目からはほとんど自分の歯と区別がつきません。噛む力も天然の歯に近い"すぐれもの"です。
もしあなたが前歯のむし歯が目立ったり、折れたり、ギラギラの金属のかぶせ物でイヤだなーとお感じでしたら、ぜひ一度お考えください。「メタルボンドにしたら食べる感覚が元にもどった」とたいへん喜ばれています。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月19日

●歯の色についての悩み

鏡で自分の歯の色を注意して見たことがありますか?

歯の色も個人差や年齢による変化があるのです。

でも歯が全て黒ずんでいたり、歯の面に茶褐色のスジがたくさんある時は、ドクターに相談してみましょう。

簡単な治療で治ることもあります。

●歯の形と個性

上の中切歯は自分の顔形を逆さにした物によく似ています。

角張った顔の人は角張っていますし、丸顔の人は丸形です。

歯にまでその人らしさがあらわれています。

■「歯のエステ」はあなたの生活のプラスアルファです。■

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月17日

●健康なピンクの歯肉

笑った時健康なピンクの歯グキが見えるのは良い感じですが、黒ずんでいたり見え過ぎたりするのは考えものです。

どちらも歯科治療の対象です。

一人で悩まずに、ドクターに相談しましょう。

●年齢それぞれの歯のエステ

歯のエステは若者だけの専売特許ではありません。

年輩の方には、その年齢にふさわしい歯並びや色調があります。

たとえ入れ歯でも、人に入れ歯と気づかれないほど、ぴったり合っていて、笑顔がとてもステキだったら、歯のエステとしては完璧です。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月16日

●嫌われる八重歯

チャームポイントの八重歯も、中国や西洋では不吉な歯として嫌われます。

特に歯への美意識が高い欧米では、親は子どもの歯の矯正に時間とお金をかけます。

良い家庭の子女は良い歯並びが条件なのです。

●「若返り」の秘訣

笑った時、口元の金歯がキラリと光る――年を感じませんか?

やはり天然の歯に近い自然な色が一番です。

昔とちがい、金歯が富の象徴にはなりません。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月15日

 審美歯科をご存知ですか?

案外口元コンプレックスの方が多いのでは?

歯の色が黒ずんでいる、歯並びが悪い、口が臭う、笑うと歯グキがすっかり見えてしまうなど、そんな悩みにお答えするのが「歯のエステ」、審美歯科です。

痛いから駆け込むという今までの歯科とはちょっと違います。

もう一歩進んで、あなたも美しい笑顔を自分のものにしましょう!

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月14日

成功の鍵はプラークコントロール

歯に強制的な力をかけると、周りの組織はいたみます。矯正具をつけると、歯周病の原因となるプラークはますますとりにくくなります。矯正では、歯周病を悪化させる条件が重なります。歯周病世代の矯正は、プラークを管理し歯ぐきを健康に保つことが成功の秘訣です。最後まで気を抜かずにプラークコントロールを実行し、ご一緒に良い結果に結びつけましょう。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月13日

口の中のバランスを回復する40代からの矯正

40代は歯周病と歯間にむし歯が発生しやすい要注意世代。子育てと働き盛りの忙しさに、歯と口の健康をつい忘れがちです。気づいたときには病気が進行し、口の中はガタガタになってかみ合わせのバランスが崩れています。
このような方は、失った歯を補うふつうの治療だけでは足りません。口の中のバランスを回復することが先決です。倒れたり、ねじれたりした歯を矯正で正常な状態に動かし、新しくしっかりしたかみ合わせを作ります。その上で適切な修復物を入れ、お口の健康を完成させます。
「矯正=審美」ではありません。成人矯正は、口全体の健康を目指した総合的治療の一部として行われるものです。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月10日

歯根膜の不思議な性質を利用して


歯とアゴの骨の間には「歯根膜(しこんまく)」とよばれる部分があります。歯に横向きの力を加えると、この歯根膜が引っ張られてのび、骨との間にできた隙間に新しい骨がつくられます。歯が傾いてきた側では、歯根膜の力が弱まり、加えた力の衝撃で骨が溶けていきます。こうして歯は少しずつ動きます。
矯正治療では、歯根膜のこの性質を利用して、動かしたい方向に意図的に力を加え、歯の位置を変えます。歯根膜が生きている限りいつでも矯正ができるというわけです。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月 9日

③飲みこむとき噛み締めて
  咬筋がプックンと働くこと(正常嚥下(えんげ))

正常な嚥下では、舌の尖がまず上アゴに付いてそれから舌の後ろが持ち上がり上アゴに付いて飲み込みます。

その時必ず咬筋(アゴを閉じる時に使う筋肉)がプックンと動きます。

良くかむ習慣が必要です。

食品によっても異なりますが目安として、必ず一口30回は噛みましょう。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月 8日

②口を閉じて噛んでいるとき
  舌が口蓋についていること(姿勢(しせい))

鼻呼吸ができても姿勢が悪いと舌が口蓋につきません。

猫背にしてみてください、舌が口蓋から離れて行くのが分かります。

良い姿勢とは、深呼吸をして息をはき終わったときの姿です。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月 7日

①口を閉じて呼吸できること(鼻(び)呼吸(こきゅう))

鼻の病気のある人は、まずそれを直しましょう。

口を開いて呼吸していると舌が口蓋につきません。

上顎が狭くなろうとしてきます。

すなわち歯が内側に動いてきます。

すると下顎もそれに対応する動きが出てきます。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月 6日

 治療で歯並びがきれいになっても必ず多少の後戻りがあります。

これを最小限にくい止めるには、歯と舌と口唇のバランスを良くすることです。

そのためには、無意識にできるようになることが必要何点かあります。

次回以降に紹介いたします。

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

2015年1月 5日

年賀2015.png

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
新年は、1月5日(月)より通常通り診療致します。(外来・往診)

大阪 十三 吉村歯科医院のHPはこちら
豊中 中桜塚 わかば歯科医院のHPはこちら

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
医療法人若葉会吉村歯科医院理事長吉村禎浩

医療法人若葉会
吉村歯科医院

院長 吉村禎浩

【経歴】
1956年1月25日生まれ
1982年 岐阜歯科大学 卒業(現朝日大学)
1984年 吉村歯科医院 開業
2008年 医療法人若葉会 吉村歯科医院 設立

吉村歯科医院では、自分が受けたい治療、もしくは家族にしてあげたい治療を心掛けています。歯を失う二大疾患である『虫歯』と『歯周病』は防げます。メンテナンスをして、ご自身の歯を大切にして下さい。当医院では適切な治療とケアでお口の健康を守ります。

【経営理念】
『来院者とチームメンバーの幸せの輪を広げる』

【ミッション(使命)】
『安心と信頼のある歯科医院作りを目指す』

【所属学会・研究会】
O.A.M先進インプラント認定医
顎咬合学会認定医
国際審美学会会員