«  2014年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年4月30日

ゴールデンウィークのご案内

平成26年5月3日(土)より、5月6日(火)までゴールデンウィークの為休診とさせていただきます。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
5月7日(水)より通常通り診療致します。※外来・往診ともに。

2014年4月28日

口の中の細菌が肺に入らないように

 最近老人の誤嚥性肺炎が増えています。
高齢になると食道と気管支の連絡部分の動きが悪くなるため、異物が間違って気管に入るトラブル(誤嚥)が起こりやすくなり、肺炎の原因になるからです。お餅のつかえなどもその例です。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月26日

よく噛んで楽しく食事をすることは、だ液の分泌を促します。
 だ液は、お口の中をきれいにする浄化作用など様々なはたらきによって、私たちの歯やお口の機能と健康を守っています。

●歯の表面にカルシウムを補給します(再石灰化)
だ液の中には、歯の成分であるカルシウムやリンが含まれています。
 食後しばらくするとだ液のもつはたらきによってお口の中のpHが高まり(中和されます)、だ液中のカルシウムやリンが歯の表面に付着して、エナメル質の溶け出した部分が補われます。これが『再石灰化』作用です。
 だ液には歯を元の状態に修復する力が備わっています。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月25日

よく噛んで楽しく食事をすることは、だ液の分泌を促します。
 だ液は、お口の中をきれいにする浄化作用など様々なはたらきによって、私たちの歯やお口の機能と健康を守っています。

●清浄殺菌・抗菌作用
だ液は、お口の中を絶えず流れて食べ物の残りカスを洗い流し、お口の中をいつも清潔に保つはたらきをしています。また、お口の中にはつねに細菌がすんでいますが、だ液はこれらの細菌を除去し、だ液中に含まれている免疫物質によって粘膜などの細菌感染を防いでいます。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月24日

吉村歯科医院の往診は、毎日出動しておりますが曜日ごとに伺いする方面や、

内容が異なっておりますので、大まかではありますがご案内させていただきます。

●木曜日
 朝一から夕方まで池田市まで車をかっ飛ばし、施設を数件お伺いさせていただいております。

 上記のような理由の為、現在は患者様のご自宅にはお伺いできない状況となっております。

今後、スタッフが増えることになれば木曜日がご都合良いという患者様に

ご案内できると思いますので、ご了承ください。

 ご質問などございましたら、お気軽にお申し付け下さい。

訪問歯科診療はこちらから

2014年4月23日

よく噛んで楽しく食事をすることは、だ液の分泌を促します。
 だ液は、お口の中をきれいにする浄化作用など様々なはたらきによって、私たちの歯やお口の機能と健康を守っています。

●お口の中のpHを整えます(緩衝能)
食べ物がお口の中に入ってくると、お口の中にすんでいる細菌が砂糖や炭水化物を分解して作り出す酸によってお口の中は酸性に傾きます。酸性の状態が長く続くと、歯の表面からはカルシウムやリンが溶け出し(脱灰)むし歯が始まります。
ところがだ液にはお口の中の酸を中和し正常に戻す作用(だ液の緩衝能)があります。だ液がどんどん分泌されることによって、酸性に傾いたお口の中のpHは中和され、元の正常な状態に戻ります。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月22日

「キシリトールガムの食べ方」

 20分以上噛み続けましょう。噛み始めが最も効果的なので、唾液はすぐ飲み込まず口の中で全体を十分に潤すことが大切です。1日4~5回に分けて食べるのが有効です。
(例:食事直後・ブラッシング後・就寝前など)

「キシリトールの効果」

 キシリトールはむし歯の原因となる酸の生産に利用されない為、むし歯になりにくい甘味料です。しかし、いくらキシリトールガムを噛んでも、糖を頻繁に摂取しているような食生活ではむし歯を発生させてしまいます。キシリトールの本場フィンランドでも、むし歯予防の基本は、フッ素の応用とプラークコントロールです。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月21日

キシリトール入りガムの選び方

できるだけキシリトール100%を選びましょう。

選び方の注意点としては、成分表にあるキシリトールの量と炭水化物の量に気をつけます。

たとえばキシリトール 27.7g、炭水化物27.7gと記載されていればキシリトール100%ということになります。

また、キシリトール13.8g、炭水化物27.7gだとキシリトールは50%です。

このことからキシリトールの量÷炭水化物の量=キシリトールの含有率になることがわかります。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月19日

むし歯予防を補助する効果

●ミュータンス菌は、キシリトールを分解しても、むし歯の原因となる酸をつくりません。
●ミュータンス菌は、キシリトールを分解する時、砂糖の時のようなネバネバした物質をつくりません。そのため歯垢はさらさらしたものとなり、ブラッシングで簡単に落とすことができます。
●ガムとして噛むことにより唾液の分泌が促され、唾液の清浄作用・緩衝能(お口の中の酸性度を中和する力)が高まります。
●唾液が多いほど唾液に含まれるリンやカルシウムも多くなり、それらが歯の表面に戻る「再石灰化」の働きも強まります。その結果、歯が強くなります。

【 それでも注意!! 】
むし歯予防の効果を確実にするためには、キシリトールを50パーセント以上含む食品を選んでください。

但し少しでも砂糖が入っているものは効果を無効にします。キシリトール入りの食品を選ぶときは、成分表をよく見ましょう!

食べると少しお腹がゆるくなる方もいます。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月18日

キシリトールがむし歯予防を強力サポート!

キシリトールのむし歯予防効果は、1970年代フィンランドで研究され確かめられています。今では欧米諸国など世界各国でむし歯予防に使われており、日本でも1997年4月厚生省(現在の厚生労働省)が食品への利用を認可しています。

生体への安全性が高いキシリトール

●白樺や樫などの樹木から抽出された成分を原料とする天然甘味料です。
●砂糖に近い甘さで、カロリーは砂糖の3/4です(3Kcal/g)です。
●血糖値を上げないので、糖尿病の医療品として昔から使われています。
●イチゴやほうれん草などの野菜や果物にも含まれ、私たちの肝臓でも毎日つくられています。
●WHO(世界保健機構)が摂取量制限を指定していません。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月17日

 吉村歯科医院の往診は、毎日出動しておりますが曜日ごとに伺いする方面や、

内容が異なっておりますので、大まかではありますがご案内させていただきます。

●水曜日
 淀川区にある施設にお伺いし、治療および口腔ケアを行っております。

 また、東淀川区にある施設にお伺いし、治療および口腔ケアを行っております。

 ご質問などございましたら、お気軽にお申し付け下さい。

訪問歯科診療はこちらから

2014年4月16日

食事回数とだらだら食いに要注意

むし歯菌は食物のなかの砂糖からバイオフィルムをつくり、酸を出します。「おやつ」は生活のなかに潤いを与える「甘い」魅力ですが、同時にむし歯菌にとっても格好の活躍の条件になるのです。
大切なことは、「食事回数」と「だらだら食い」に注意するということ。また、同じ「甘み」でも、キシリトールなど、酸も「ネバネバ」物質もつくらない甘味料を使った食品を選ぶことも大切です。そして唾液がいっぱい出るよう、よく噛んで食事をしましょう。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月15日

酸性・中性・アルカリ性とpH(ペーハー)濃度

お口の中は、ふだんは中性(pH7ぐらい)に保たれていますが、食事をとると数分で酸性に傾き、pH5.7でこどもの歯が、5.5になると大人の歯も「脱灰」(だっかい=歯の表面のエナメル質が壊れ、とけること)が始まります。しかし、唾液のパワーで30分もすると中性にもどり、「再石灰化」を促します。
 とはいえ、口の中に食べかすが残っていたり、いつまでも食べていたり、缶コーヒーやスポーツドリンクなど、砂糖の入った飲み物をしょっちゅう口にしたりすると、口の中の酸性度が高いままで、プラークの中にいるむし歯菌が酸を出して脱灰の時間が長くなり、むし歯の危険性が強まります。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月14日

初期の軽いむし歯の進行を抑制

サホライドは光、熱により変質しやすい性質を持っています。歯面や根管の中を清掃し、乾燥させた後、小綿球に浸ませて塗布します。これにより、初期の軽いむし歯の進行が抑制されます。
副作用としては、銀の沈着によって、象牙質の色を変化させてしまいます。要するに歯が黒光りしてくるのです。そのため乳幼児の前歯のむし歯の抑制にはよく使われますが、永久歯の前歯には使いません(もちろん黒くなったからといってむし歯になったわけではありません)。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月12日

サホライドを歯に塗る処置

乳歯の軽いむし歯の進行を抑えるため、フッ化ジアンミン銀溶液を歯面に塗る処置を『サホライド塗布』といいます。
サホライドとはフッ化ジアンミン銀の溶液のことです(ちなみに、フッ化ジアンミン銀溶液はむし歯の抑制と象牙質の知覚を鈍くすることを目的とした薬です。硝酸銀の殺菌作用とフッ素のむし歯抑制作用の両方の効果が期待できます)。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月11日

 進行したむし歯は自然に治らないものです。まずはむし歯にならないための予防が大切です。「フッ素」を使って歯の質を高める予防法が効果をあげています。

・水道のフッ素化
・フッ素歯みがき
・フッ素塗布
・フッ素洗口(うがい、口すすぎ)

などの方法があります。
厚生労働省も「一生使う歯の健康づくり」として強くおしすすめています。

■フッ素塗布
フッ素のむし歯抑制効果を利用したもので、歯に直接塗布することによってむし歯の予防をはかるという方法です。生えて間もないほど予防効果は大きいと考えられます。一口にフッ素塗布といっても具体的なやり方はいくつかあります。
塗布方法も、綿球法とトレー法に大別されます。
綿球法は綿球に塗布液を含ませ、歯に軽く押し当てて、塗っていきます。
トレー法は、トレーの中に液をしみこませた濾紙などを入れ、これをくわえさせて歯面に塗るという方法です。

歯面への塗布は、フッ素を小綿球で塗るだけです。この際、歯をよく乾燥させる必要がありますので、しばらく口を開けたままの状態に保たなければなりません。
フッ素塗布は、歯科医師や歯科衛生士という専門家が行います。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月10日

 吉村歯科医院の往診は、毎日出動しておりますが曜日ごとに伺いする方面や、

内容が異なっておりますので、大まかではありますがご案内させていただきます。

●火曜日
 患者様のご自宅を中心にお伺いさせていただき、病院で入院されていらっしゃる方々の

口腔ケアをさせて頂いております。

 患者様のご自宅の方角は、基本的に淀川区を中心に東淀川区、豊中市なども

お伺いしております。

 ご質問などございましたら、お気軽にお申し付け下さい。

訪問歯科診療はこちらから

2014年4月 9日

■フッ素洗口とは
ブラッシング後フッ素を用いて毎日洗口(うがい)することでむし歯を予防します。
ご家庭で簡単にできる予防法です。

■その結果は
エナメル質の酸(歯を溶かす)への抵抗力を強める働きがあり、歯の表面に塗ったり洗口することによりむし歯を予防する効果があります。生えてすぐの歯に最も効果があります。

■その方法とは
・1日1回(できれば寝る前)食後のブラッシングをした後、5~10mlの洗口剤を30秒間ブクブクうがいします(その時誤って飲まないように注意してください)。
・洗口後は、溶液を吐き出し30分~1時間程度飲食しないでください。
・水でうがいをしないでください。洗口できる年齢になったら実施して頂くと最も有効です。

■安全性
洗口できれば口の中にフッ素が多少残っていても問題はありません。

■むし歯予防率
・フッ素洗口法     40~60%
・フッ素入歯みがき剤  10~30%
・歯面塗布       10~30%
・ブラッシングのみ   10~20%
現在調査結果では、フッ素洗口法のむし歯予防率が非常に高いといわれています。この方法は、歯質自体を鍛えます。毎日の口腔内のホームケアの仕上げとお考えください。
しかし、『フッ素洗口さえしておけばむし歯にならない』という完璧なむし歯予防方法ではありません。つまりこれだけに頼ってもいけないのです。
    1.おやつ(甘い物)のとりすぎ、ダラダラ食いをしない。
    2.食べたらきちんと歯みがきをする。
    3.歯をじょうぶにする食べ物をたくさんとること。
    4.きちんと噛む(ゆっくり噛む)こと。
などのむし歯予防も同時に行うよう心がけてください。


吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月 8日

デンタルフロスで歯と歯の間もピッカピカ!

★フロス活用のコツ
フロスを歯間部に無理に入れたり、力を入れてフロスを動かし過ぎると、歯肉を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。また、フロスは小さいお子さんが一人で使うのは難しく、小さい方にはお母さんが仕上げ磨きに使うと効果的です。歯間部に入れやすいようワックスのついたものや、ホルダー付きの持ちやすいものもあります。
フロスを上手に活用して、お口の中を隅々まできれいにしましょう。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月 7日

デンタルフロスで歯と歯の間もピッカピカ!

★歯間部も磨き残しなし

そこで活躍するのがデンタルフロス。フロスは歯間部を清掃するための専門用具で、ふつうは30センチぐらいの長さに切って両手の中指か人差し指に巻きつけて使います。フロスを歯間部に滑らせるように入れ、両側の歯の側面に沿わせて動かしプラークを除去します。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月 5日

デンタルフロスで歯と歯の間もピッカピカ!

むし歯は、お口の中に棲んでいる細菌(プラークという形で歯の表面に付着しています)が原因でおきる感染症です。むし歯予防のために、細菌をお口からできるだけ除去しましょう。歯と歯肉の境目や歯間部は、歯ブラシの毛先が届きにくく、特に磨き残しができやすい要注意箇所です。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月 4日

歯間ブラシで磨き残しなし!

 ご家庭で行うブラッシングは、自分で行うプラークコントロールの代表です。歯間ブラシを上手に活用すれば、歯ブラシの届かない部分からプラークを取り除くことができます。歯間ブラシの正しい使い方を知って、あなたのお口から磨き残しをなくしましょう!

●歯間ブラシQ&A●
治ってきています!こんな時もおどろかないで!!

Q1 歯肉が痛いのですが・・・

A1 無理に使うと歯肉を傷つけます。徐々に慣れてください。傷つけたらしばらく休んで治ったら再開してください。

Q2 歯肉から血が出ますが、大丈夫ですか?

A2 歯肉が炎症を起こして弱くなっているからです。続けていると炎症が治まり出血しなくなります。

Q3 歯と歯の間にすき間ができたのですが...。

A3 つまっていた汚れがとれて、歯肉も炎症がおさまり、治ってきた証拠です。

使用後は流水でよく洗って、乾燥しやすい所で保管してください。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月 3日

 吉村歯科医院の往診は、毎日出動しておりますが曜日ごとに伺いする方面や、

内容が異なっておりますので、大まかではありますがご案内させていただきます。

●月曜日
 患者様のご自宅を数件お伺いさせていただき、病院で入院されていらっしゃる方々の

口腔ケアをさせて頂いております。

 また、尼崎の施設2件に伺い、ご入居様の口腔ケアおよび治療を行っております。

ご質問等ございましたら、なんなりとお申し付けください。

訪問歯科診療はこちらから

2014年4月 2日

【歯ブラシのつま先、わき、カカトを使い分けて】

●歯垢がよく取れる"毛先みがき"とは
 むし歯や歯周病の原因は歯垢です。この歯垢をとらないと歯をみがいたとはいえません。歯垢がたまりやすいのは、歯と歯の間・歯と歯ぐきの境目です。そこを上手にみがくには、歯ブラシのつま先・わき・カカトを使い分け、歯ブラシの毛先がいつも歯に直角に当たるように、歯を3つの面(近心面・遠心面・磨面中央)に分割して力を入れず小刻みに動かしてみがきます。こうすると、歯垢がよく取れます。
最近では3つの部分に色分けされた歯ブラシも登場しています。
さあ、トライしてください。コツをつかむとホラ、簡単でしょ。

吉村歯科医院のHPはこちら

2014年4月 1日

平成26年4月1日より、消費税増税に伴い当院での"自費診療""販売品"の消費税を

5%から8%に変更させていただいております。

価格表示に関しましては、皆様に分かりやすく表示するため

『税別表示』とさせていただいております。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
医療法人若葉会吉村歯科医院理事長吉村禎浩

医療法人若葉会
吉村歯科医院

院長 吉村禎浩

【経歴】
1956年1月25日生まれ
1982年 岐阜歯科大学 卒業(現朝日大学)
1984年 吉村歯科医院 開業
2008年 医療法人若葉会 吉村歯科医院 設立

吉村歯科医院では、自分が受けたい治療、もしくは家族にしてあげたい治療を心掛けています。歯を失う二大疾患である『虫歯』と『歯周病』は防げます。メンテナンスをして、ご自身の歯を大切にして下さい。当医院では適切な治療とケアでお口の健康を守ります。

【経営理念】
『来院者とチームメンバーの幸せの輪を広げる』

【ミッション(使命)】
『安心と信頼のある歯科医院作りを目指す』

【所属学会・研究会】
O.A.M先進インプラント認定医
顎咬合学会認定医
国際審美学会会員