«  2013年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年8月31日

当院では、患者さんの安心・安全を最優先に考え、お口に入る全ての器具、器機を滅菌処理し、徹底した感染対策に取り組んでおります。

患者さんのお口に一度入った器具は、院内感染の経路を断つために、患者さんごとに消毒・滅菌、または可能な限りのディスポーザブル(使い捨て)製品を利用しています。

安心 ~2.PNG

詳しくはこちらから

2013年8月30日

モアブラシ
モアブ~1.PNG
口腔内の粘膜はデリケートです。
綿毛のように軟らかいブラシで、粘膜を傷つけません
■ソフトな毛材が粘膜が過敏な方、出血傾向が強い方のケアに適しています。
■全周が毛の球面ブラシなので、汚れを絡め取れます。
■柄がしなるのでストレッチ効果があり、廃用性萎縮の予防に。
【材質】 毛:ポリプロピレン 柄:ポリエチレン
【毛の硬さ】 やわらかめ
【耐熱温度】 80℃
◆販売価格525円(税込)

口腔ケアグッズはこちらから

2013年8月29日

ゆびがーど
ゆびが~1.PNG
親指に装着して患者さん・利用者さんに咬んでもらうだけで、口腔ケア時の誤咬から看・介護者を守れます。
ブラシを挿入するすき間が確保できるから、開口が困難な方の口腔ケアにも最適です。
【特 徴】                                  
■強く咬んでも一箇所に圧力が集中しにくいように、全体の厚みが均一になっています。
■歯が当たる部分に突起がついているので、口腔ケア中に滑らずに開口を保持できます。
■本体に使用開始日を書き込めるので、交換忘れを防げます。(使用期間の目安は6ヶ月間です)
【サイズ】
Lサイズ 穴部:長径22mm/短径17mm 突起部:高さ40mm)
◆販売価格525円(税込)

口腔ケアグッズはこちらから

2013年8月28日

吸引ブラシ・チューブ付き
吸引ブ~1.PNG
【特徴】
■ブラシと一体化したチューブで誤嚥を防止
■経管摂取の患者さんなど、口腔ケアが困難な方は誤嚥が心配です。吸引ブラシは、ブラッシング中の水分・汚れを残らず吸引することで安全に清掃できます。
■コンパクトな先端部、水を含みにくい毛材
■口を開けづらい患者さんでも口腔内で操作しやすいよう、先端部は極力コンパクトに。また、衛生面を考慮し、水を含みにくいP.B.T.毛材を採用しました。
■ベットサイドの吸引機に接続のみで使用可能
■吸引機をお使いの患者さんなら、チューブを差し込むだけで使えます。                  【サイズ】ジョイントサイズは12フレンチ※ほとんどの吸引機に対応しています。
◆販売価格493円(税込)

口腔ケアグッズはこちらから

2013年8月27日

吸引くるリーナブラシ・ミニ
吸引く~1.PNG
【特徴】                                   
■吸引くるリーナブラシ・ミニに吸引用チューブが付いたタイプ。
■チューブと吸引機をつなぐことで、口内に溜まった唾液やタンなどの水分を吸引できます。
■吸引により誤嚥を防げるので、安全に清掃が行えます。
■ブラシ部分が球状なので、清掃しやすく口に入ったときの感触もソフトです。
■チューブのサイズ(太さ)は14フレンチです。※吸引機は付いておりません。              ◆販売価格619円(税込)
※2013年4月1日より製品名が「吸引ICUブラシ」から「吸引くるリーナブラシ・ミニ」へ変更になりました。

口腔ケアグッズはこちらから

2013年8月26日

ウェットキーピング
ウェットキー~1.PNG
口臭やむし歯の原因となる口腔乾燥。進行すると、出血や舌のひび割れなどを引き起こします。カサカサに乾燥した口腔内は、粘稠性の高いジェルタイプでしっかりうるおい補給を。就寝前にもおすすめです。
■天然アミノ酸系保湿成分がお口にうるおいを補給
■ベタつかないので、不快感を与えません
【味】 アップル味
【使用方法】
■口腔ケアの前に
こびりついている痰などにウェットキーピングを塗布して少々時間をおくと、粘膜を傷つけずに取り除けます。
■口腔ケアの後や就寝前に
粘稠性が高いジェルタイプだから、しっかりうるおい補給。
※使用後は、軽く吐き出してください。
◆販売価格1,470円(税込)

口腔ケアグッズはこちらから

2013年8月24日

マウスピュア 口内保湿ジェル 40g
マウスピュ~1.PNG
【商品説明】
「カワモト マウスピュア 口内保湿ジェル 40g」は、ヒアルロン酸ナトリウム、濃グリセリンなどを配合した、お口の中に潤いを与えてくれる、口内保湿ジェルです。口腔機能低下(唾液分泌 の減少等)などによる口臭の防止、歯周病、歯肉炎の予防に。乾燥に負けない口腔環境づくりをサポート。
【使用方法】
一日数回、マウスピュアを歯ブラシに適量とり、唇の裏側、頬の内側、舌、口蓋など口腔内にまんべんなく、軽くマッサージするように塗布してください。(スポンジ・綿棒でもご使用いただけます)
【用法・用量】
適量をブラシにとり、歯及び口腔内にまんべんなく塗り、歯ぐきを軽くマッサージする。
◆販売価格1,470円(税込)

口腔ケアグッズはこちらから

2013年8月23日

ハミングッド ハード MHGH50 (50本入)
ハミングッ~1.PNG
【歯や歯ぐき、舌の汚れに】
■頑固な汚れもかき出せる硬めの波型形状のスポンジで歯・歯ぐき・口蓋・舌の汚れを効果的に除去します。
■使いやすい長めのスティックは、持ちやすくスポンジに力を伝えやすい平らな木製です。
■頑固な汚れもかき出せる波型形状スポンジ。
【使用方法】
 歯の表面・歯ぐき・口蓋・舌の汚れを取り除く。
 スポンジが汚れたら、そのつど水で洗い、洗った後は、指で余分な水分をしぼってください。
 サイズ: 長さ15cm
 材質: (先端部)ウレタン、(スティック部)木
 色: 先端部グリーン
◆販売価格2,520円(税込)

口腔ケアグッズはこちらから

2013年8月22日

マウスピュア 口腔ケアスポンジ M (50本入)
口腔ケ~1.PNG
■お口の汚れをすっきり取り除く
■汚れを取りやすいサクラ型(波形の溝付き)のスポンジです。
■歯の表面、歯茎、口蓋部、舌の汚れを効果的に取り除く。
■出血がわかりやすい黄色のスポンジです。
■軸が長いので、すみずみまできれいに清掃できます。
■1本ずつの個別包装で使い切りなので衛生的です。
■丈夫なプラスチック軸
【使用方法】
袋から取り出し、スポンジ部分に少量の水分を含ませ、しっかりしぼり口腔内の汚れを拭き取ってください。
※前後にこすり、くるくる回せば口腔内(歯の表面、歯茎、口蓋部、舌)の汚れを効果的に取り除けます。
◆販売価格1,995円(税込)

口腔ケアグッズはこちらから

2013年8月21日

JMスポンジブラシ (10本入)
JMスポ~1.PNG
【歯や歯ぐき、舌の汚れに】
■汚れをからめ取りやすい星型形状の口腔清拭用スポンジブラシ。
■万が一、出血した場合でも。いち早く発見できる黄色のスポンジ。
■使いやすい長めのステック
■柄部がプラスチックタイプのため、水に強く、折り曲げて使用することもできます。
サイズ: 長さ15cm
材質: (先端部)ウレタン、(スティック部)ナイロン
色: 先端部イエロー
◆販売価格315円(税込)

口腔ケアグッズはこちらから

2013年8月20日

◆タフト24 一般成人用3列歯ブラシ
tuft01.jpg
 「タフト®24」は、歯科医院に通う大切な患者さんとの信頼関係をつくるツールのひとつ。患者さんが使って納得できる機能性をすべて備えた歯ブラシです。患者さんがその使い心地に満足し、使い続ける理由は毛先、毛材、毛の本数などに隠されています。自信を持って患者さんにおすすめできます。
◆おすすめポイント
 ①歯や歯肉を傷つけずに磨けるように毛先が違う
 ②プラークがしっかり落とせる耐久性とコシがあるPBT毛材
 ③1束あたりの毛の本数が違います。
 ④シンプルで操作しやすいハンドルと、ムダのないコンパクトなヘッド
 ⑤高度な滅菌処理を行なっているので安心
 ⑥どんな患者さんの口腔内にもフィットする6種類のかたさ
詳しくはこちらから

2013年8月19日

◆チェックアップ スタンダード(歯磨き剤)
checkup_s_pht.jpg
日常使いに適したフッ化物配合ペースト

 フッ素滞留性を高めた独自の新処方。フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトペーストで歯や歯肉にやさしい低研磨性。また、泡立ちが少なく、やさしい香味なので、少量の水ですすげます。

◆特徴
①フッ素滞留性を高めた独自の新処方
②フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトペースト
③歯や歯肉にやさしい低研磨性
④少量洗口に適した少ない泡立ち、やさしい香味

◆おすすめポイント
・う蝕予防歯磨剤の定番。
・フッ素の効果を引き出す長時間ブラッシング、少量洗口に適した組成。

◆効果的な使用方法
・歯科用歯ブラシと同じ長さにチェックアップペーストをのせる
・口腔内をしっかりブラッシング
・ブラッシング後、軽く吐き出し、洗口は1回だけ

詳しくはこちらから

2013年8月17日

【DENT.EX 歯間ブラシ】
shikanbrush_pht.jpg

◆高い耐久性と操作性、サイズが豊富なラインナップの歯間ブラシ

 超合金SAワイヤー採用で折れにくく、110℃アングルと85mmホルダーが高い操作性を確保、確実なプラークコントロールを実現します。4SからLLまでサイズの豊富なラインナップであらゆる歯間に対応します。

◆おすすめポイント
・折れにくく使いやすい確かな品質。
・あらゆる歯間に対応する豊富なラインナップ。
・TBIに最適な院内指導用個包装タイプもラインナップ。

※詳しくは、担当歯科医師、担当歯科衛生士までお問い合わせください。

詳しくはこちらから

2013年8月16日

【DENT.EX ウルトラフロス】
ultrafloss_pht.jpg

◆特徴
①プラークをしっかり除去
②使いやすいY字型ホルダー
③切れにくく繰り返し使える
④歯間部への挿入がスムーズ

◆おすすめポイント
う蝕や歯周病になりやすい隣接面のフロッシング習慣をサポート
・お子さまや初めての方など、どなたでも使いやすい設計。
・丈夫で繰り返し使える経済性
・フロッシングタイムを楽しく彩るカラフルなホルダーカラー


詳しくはこちらから

2013年8月15日

◆ハミガキ上手PRO (69ml)
ハミガキ上手PRO.jpg

◆子供でも「きちん」と歯磨きできる!磨き残し(歯垢)が赤く見える!

□歯垢のチェックと歯磨きが同時にできます。

□ノンアルコール、低刺激で、安全な成分(食品用色素など) で作られています。

□研磨剤が入っていないので、歯を傷めません。

□砂糖など虫歯の原因となる甘味料は一切使用していません。

□財団法人日本食品分析センターで、「口腔粘膜刺激性試験」
  「反復経口投与毒性試験」を実施しています。

□歯垢を確実に落とすことで、虫歯を予防します。


◆歯垢をチェック!子供液体歯磨き「こどもハミガキ上手」の使用方法
 クチュクチュするだけで全ての歯に成分がゆきわたり、歯垢が赤く着色するので、どこに磨き残し(歯垢)があるのかを目でチェックすることができます。
赤く着色したところを色が落ちるまでブラッシングすれば、磨き残し(歯垢)なく歯磨きできます。
さらに、お子様に正しいハミガキ習慣をつける事もできます。

詳しくはこちらから

2013年8月14日

◆ルシェロ picella(ピセラ) 
歯科医師、歯科衛生士が患者様の口腔内にあったものを「処方する」というコンセプトで開発!!

コンパクトヘッド&ハンドルの『B-20M/Sピセラ』で解決!

ピセラは多くの成人女性の要望を解決するために作られた歯ブラシです。4列植毛による磨きやすさと、コンパクトなヘッド&ハンドルによる磨きやすさ、持ちやすさをあわせもっています。

10代からは大人っぽく、女性からはかわいらしいと感じていただけるデザインです。

ルシェロ.jpg

詳しくはこちらから

2013年8月13日

◆コンクールF
むし歯・歯肉炎・歯槽膿漏・口臭の原因と対策

◆日本人の80%以上が歯周病に。
 毎日ブラッシングをしているのにムシ歯や歯周病が予防できていないのはなぜ?
歯と歯の間や歯と歯肉の境目は、歯ブラシが行き届きにくく、磨けていません。その部分にプラーク(歯垢)が溜まり、ムシ歯や歯周病を引き起こしてしまいます。
毎日のブラッシング時や就寝前に薬用マウスウォッシュ『コンクールF』を使えば、きれいに洗い流してくれます。バクテリア(細菌)をシャットアウトして、後味よくスッキリ感が人気の理由です。

◆こんな方におすすめです。
・ムシ歯・歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)予防に
・歯列矯正中の方には特におすすめ
・食後のプラークコントロールに
・就寝中の細菌繁殖を気にしている方に
・口臭防止に

コンクールF.jpg

詳しくはこちらから

2013年8月12日

◆コンクールジェル
フッ素を取り入れ歯質強化
 食後、お口の中は酸性に傾きます。すると、歯の表面のエナメル質からカルシウムが溶けだします!!(脱灰(だっかい)と呼ばれる現象)
そこで・・・フッ素を取り入れ歯を強くしましょう。
フッ素は溶け出したカルシウムを歯に戻すお手伝いをしてくれます。(再石灰化(さいせっかいか)と呼ばれる現象)

◆こんな方におすすめです。
 ムシ歯・歯周病になりやすい方の毎日の歯磨き剤として歯石がつきやすい方の付着抑制に研磨剤無配合なので、特に知覚過敏や歯ブラシ圧の強い方は、歯を傷つけず磨けます。
コンクールジェル.jpg

詳しくはこちらから

2013年8月10日

【新しい象牙質ができるまで様子をみてください】

 むし歯の修復治療をしたあと患者さんから、「むし歯を治したはずなのにしみたり痛んだりしますが大丈夫ですか?」と質問されることがあります。これは治療の方法と歯の構造によるもので、しばらくするとごく自然にしみたり痛んだりすることはなくなりますから心配いりません。

◆大きなむし歯は深く広く削ります
 私たち歯科医は、患者さんの歯をできるだけ残したいと考え、「削るのは最小限に」を心がけています。しかし、病気の広がりを防ぐためにどうしても大きく削ることもあります。そのため歯の神経の近くまで削ることになります。治療後の歯は、神経に近くなった分だけ刺激がすぐ伝わるので、軽い痛みやしみる症状が出やすいのです。

◆金属の修復物がより刺激を伝えます
simiru.png

詳しくはこちらから

2013年8月 9日

◆WSDくさび状欠損とは
 歯磨き剤を使い、長期間横なぐりに磨いたことなどにより、エナメル質が削られ、ついには歯の神経(歯髄)近くまで達することがあります。

◆原因
・不適切なブラッシング 
・不正な咬み合わせ ・プラーク
WSD.png

◆ゴシゴシ磨き
・横にゴシゴシ
・上と下一緒に、たてに磨く磨き方

①歯髄に距離的に近くなり、刺激によりしみたり痛みをともなうことになります。さらに細菌が歯髄の中に入り根の先に膿をもたらすことにもなります。
②歯や歯肉の形が変形し、食べ物の流れが変わり、炎症をひきおこします。
  ↓
歯槽膿漏を更にひどくさせてしまいます。
  ↓
◆処置法
・咬み合わせの調整
・正しい磨き方
・くさび状になっている所につめものをし、歯の形をよくします。

詳しくはこちらから

2013年8月 8日

むし歯ではないのに歯がしみる。どうして?

◆刺激を「痛み」と伝える歯の神経
 表面の硬いエナメル質の層の下にある象牙質の中には、放射状に「象牙細管」という細い管が歯の神経(歯髄)に向かって通っています。外からの刺激はこの管を通じて神経に伝わり、神経はそれらの刺激を「痛み」として脳に伝えます。むし歯でなくとも象牙質が直接刺激にさらされる状態になれば、歯はしみて痛みを感じます。

◆象牙質が直接刺激にさらされたとき(くさび状欠損の場合)
 強い力で横磨きしたり、かみ合わせが悪くて歯によけいな力がかかったりした部分では、エナメル質が削れて象牙質が露出してしまいます。刺激に直接さらされて、歯はしみて感じます。

◆セメント質が露出したとき
 また、歯周病が進行すると、歯ぐきが下がって歯の根の部分が見えるようになります。歯根部分の象牙質はエナメル質よりやわらかなセメント質で覆われているだけです。何かの拍子にセメント質が欠けて象牙質が露出すると、やはり歯がしみて感じられます。
知覚過敏.png

詳しくはこちらから

2013年8月 7日

どんな歯ぐきを目指すのか?

◆状態の悪い歯ぐきとは
歯ぐきが
①プヨプヨ腫れて歯と歯の間が肉で満たされ ている(色は赤っぽい)
②歯ブラシやつま楊子で簡単に出血する
③口臭あり
④歯ぐきが痛がゆい、うずく
⑤歯がグラグラする、歯ぐきから膿が出る
(これはかなり症状がすすんできた時)
悪い歯茎.png
このような歯ぐきを
・歯科医院での特殊な清掃
・ご自分での毎日のブラッシング
・生活習慣の改善
・時には麻酔をして、外科的な清掃
・咬み合わせや銀歯の改善etc で次のような状態にもっていくのが歯周治療です。

◆状態の良い歯ぐきとは
①歯ぐきは固く引きしまってピンク色 引きしまった分、歯と歯の間にすき間が少しできる(すき間は良い状態です)
②歯ブラシやつま楊子などで歯ぐきをつついても出血しない
③口臭がせず、口の中がさわやか
④歯ぐきがうずかない、歯と歯の間の風通しが良い
⑤歯がグラグラしない、膿も出ない

口臭道徳.png

詳しくはこちらから

2013年8月 6日

◆糖尿病の人は歯周病になりやすい
 糖尿病にかかると血行障害が起き、また、高血糖により体を守る白血球の機能が低下するので、感染しやすくなります。そのような状態のままでいると、次第に歯肉までおかされて、歯槽膿漏など歯周病になりやすくなります。歯周病で悩む人には糖尿病の人が多くいますし、歯の治療で歯科医の診断を受けて、糖尿病が見つかるという人もいます。糖尿病の人は、口腔内を清潔にして、よく歯みがきをすることが大切です。 歯のしくみと働きをよく理解し、歯をできるだけ長持ちさせて、おいしく食事をし、生き生きと毎日をおくりたいですね。

◆歯はいつも清潔に
 歯周病は自然に治ることはないので、放っておくと症状はどんどん悪化してしまいます。常に口の中を清潔に保ち、定期的に歯科医師のチェックを受けましょう。
●毎日正しいブラッシングを行い、歯周病の原因となる歯垢を取り除き、口の中を清潔に保ちましょう。
●歯ぐきをマッサージして歯肉を強くしましょう。マッサージによって歯肉は引き締まり、歯と歯ぐきの間にできる隙間を減らすことができます。 
●歯石を自分で取ることはできません。6カ月に一度は、歯科医院で歯石を取ってもらうようにしましょう。

◆生活習慣病の克服を
 歯周病の治療には糖尿病の有無によって、回復の進み方にも大きな差が生まれます。糖尿病そのものを治していかないと、歯周病の治療が無駄になってしまうケースもあります。歯周病も糖尿病もいわゆる『生活習慣病』です。正しいブラッシング、正しい食生活を守り、『生活習慣病』を克服していきましょう。

※昔、インシュリンがないころは、糖尿病患者の抜歯や外科手術は不可能でしたが、現在は血糖コントロールがよければ問題ありません。しかし、歯の治療を行う場合は、必ず内科の主治医に相談してください。

詳しくはこちらから

2013年8月 5日

『歯ぐきが腫れたり、出血したらイエローカード!』

◆歯周病をチェックする
 むし歯と歯周病は、「歯の二大疾患」と呼ばれています。これらの疾患には次のような特 成人の8割は歯周病を持つと言われていますが、気付かない人が殆どです。そして歯周病になると、わからないうちに自分の大切な歯を失うことになります。幸い歯周病は予防することができますし、発見が早いと治療もしやすい病気です。次の7つのポイントを自分でチェックしてみましょう。

1:歯ぐきが腫れて赤くなっている
2:歯ぐきから出血がある (歯ぐきからの出血は異常ありのしるし)
3:常に口臭がある
4:歯と歯の間に隙間ができてくる
5:歯ぐきがやせて歯の根っこが見えてくる
6:歯がグラグラしてくる (歯のグラグラは危険信号)
7:歯ぐきがどことなく痛い、かゆい

◆一生自分の歯を使うために!
 歯周病は自然に治ることはないので、放っておくと症状はどんどん悪化してしまいます。治療をすることによって、ある程度の進行を防ぐことができます。

1:正しいブラッシングを毎日行い、歯周病の原因となる歯垢を取り除き、口の中の清潔を保ちます。洗口剤も効果的です。

2:歯ぐきをマッサージして歯肉を強くします。マッサージをすると歯肉は引き締まり、歯と歯ぐきとの間にできる隙間を減らします。

3:栄養のバランスが悪かったり、不規則な生活を続けたりしていると、体の抵抗力が弱まり歯ぐきが赤く腫れたり浮いた感じがします。常に規則正しい生活を心がけてバランスのとれた食事をすることが肝心です。

4:歯石は自分一人で取ることはできません。6カ月に一度は、歯科医院で歯石を取ってもらうようにしましょう。

詳しくはこちらから

2013年8月 3日

歯周病の原因は大きく分けて3つあります。

①「歯垢(プラーク)」などにすみつく細菌
 「プラーク」はブラッシングで、「歯石」はスケーリングで、歯の周りを清潔にしましょう
歯周病1.png

② 個人の体質
 しっかり歯みがきをしているのに、歯周病になってしまう人や、あまり歯みがきをしないのに、歯周病にならない人がいます。
これは、細菌に対する免疫力や、口の中にすむ細菌の種類が個人個人で違うからです。

③ 歯にかかる力による影響
・咬み合わせが悪い
・歯ぎしり等の習慣
・多数の歯を抜かれてしまい、残り少なくなった人
・奥歯ですり潰すように噛む人
 このような人は歯をゆさぶる様な力や一本の歯に強い力がかかるため、きれいに歯をみがいても、歯周病になりやすく、また、治りにくいです。
歯周病3.png

・咬み合わせの修正
(強くぶつからないように)
・歯ぎしりへの対策
(マウスピース等)
・義歯の製作
・噛み方の変更(訓練が必要)

詳しくはこちらから

2013年8月 2日

 歯の表面には粘り気のある薄い膜が毎日作られていて、歯と歯肉の境目に溜まっていきます。これが歯垢で、歯垢が石灰化した歯石と共に歯周病の原因といわれています。歯垢1mgには1億もの細菌が含まれ、歯肉に炎症をもたらします。さらに炎症が進むと歯を支えている歯槽骨も溶かし、歯がグラグラしてきます。放置すると歯が抜け落ちてしまいます。歯を失う原因はむし歯より多いといわれています。

◆歯周病の進行
歯周病の進行.png

◆歯周ポケットの測定
歯周ポケットの測定.png

◆歯周病自己チェック
□ 歯肉が赤い、または赤黒い
□ 歯肉が腫れている
□ 歯肉がムズムズする
□ 歯を磨くと歯肉から出血する
□ 歯肉が後退している
□ 水やお湯がしみる
□ 膿が出る(口臭がする)
□ 歯がグラグラする
□ 歯軋り、イビキをかくと言われる
※心当たりがあったら早めに受診を!

詳しくはこちらから

2013年8月 1日

【音もなくしのびよってくる歯の病気】

◆組織をなくしてしまう病気
 むし歯と歯周病は、「歯の二大疾患」と呼ばれています。これらの疾患には次のような特徴があります。

1.いったんむし歯や歯周病にかかったら、自然に治癒することは期待できません。
2.むし歯や歯周病は組織をなくす病気で、失った組織は元通りには回復できません。
3.かなり進行しないと、自覚症状が現れません。
4.進行すればするほど、複雑な治療が必要になり、治りにくくなり、再発しやすくなります。
5.失われた歯は義歯やインプラント(人工歯根)で補うことができます。しかし義歯は、機能、快適さ、審美性において自分の歯とは比較になりません。

サイレントディジーズ.png

◆徐々に進行する「サイレント・ディジーズ」
 むし歯は表面のエナメル質から始まりますが、エナメル質には神経が通っていません。象牙質に進んでも表層は神経がばらばらで痛みを感じないでさらに進行します。
歯周病もサイレント・ディジーズ(音もなく忍び寄ってくる病気)と呼ばれ、さまざまな症状が起きるのですが、徐々に進行するので自覚しないまま経過する場合が多いのです。
常に普段の生活習慣に気をつけ、最適最善の状態に保つ心がけが大切です

詳しくはこちらから

« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
医療法人若葉会吉村歯科医院理事長吉村禎浩

医療法人若葉会
吉村歯科医院

院長 吉村禎浩

【経歴】
1956年1月25日生まれ
1982年 岐阜歯科大学 卒業(現朝日大学)
1984年 吉村歯科医院 開業
2008年 医療法人若葉会 吉村歯科医院 設立

吉村歯科医院では、自分が受けたい治療、もしくは家族にしてあげたい治療を心掛けています。歯を失う二大疾患である『虫歯』と『歯周病』は防げます。メンテナンスをして、ご自身の歯を大切にして下さい。当医院では適切な治療とケアでお口の健康を守ります。

【経営理念】
『来院者とチームメンバーの幸せの輪を広げる』

【ミッション(使命)】
『安心と信頼のある歯科医院作りを目指す』

【所属学会・研究会】
O.A.M先進インプラント認定医
顎咬合学会認定医
国際審美学会会員