2012年6月 « トップへ » 2013年4月

2013年3月12日

歯科医師(院長) 吉村 禎浩(よしむら よしひろ)

院長吉村禎浩・岐阜歯科大学卒業(現 朝日大)

・趣味:旅行、水泳、ジム通い

・特技:アゴの不調の改善

・患者さんへ一言
「お口の健康を守るために、最善の治療を行うため、日々努力していますが、それと同じく大切なのが歯の清掃です。ご自身で磨けないところは、衛生士によるメンテナンスを受けていただいて、歯の健康を維持してもらいたいと思います。」

歯科医師 境 奈緒子(さかい なおこ)

Dr.吉村.jpg・大阪歯科大学卒業

・趣味:旅行、クラッシクバレエ、ピアノ

・患者さんへ一言
「お口の中の健康を通じて、食べ物がより美味しく感じられる、歯を気にせず笑えるなど、患者さんの生活がより快適になるようサポートして参ります。お気軽にご相談ください。どうぞ宜しくお願い致します。」

歯科医師 木下 賀津也(きのした かつや)

準備中.jpg
・鹿児島大学 歯学部卒業

・趣味:

・患者さんへ一言

歯科医師 榎本 万耶(えのもと まや)

準備中.jpg
・大阪歯科大学卒業

・趣味:

・患者さんへ一言

歯科医師 小倉 春佳(おぐら はるか)

準備中.jpg
・東京歯科大学卒業

・趣味:

・患者さんへ一言

歯科医師 栁本 慎次郎(やなぎもと しんじろう)

準備中.jpg
・大阪歯科大学卒業

・趣味:

・患者さんへ一言

患者さんの声

《11月23日》

先日、面接で来られた衛生士の方が、院内の様子を見学してその後お話を聞いている時に、「この医院のスタッフは皆明るく元気に働いてますね。」と仰っていただけうれしくなりました。(事務)

《11月21日》

今月は新患がとても多い中、電話対応をできる限りゆっくり丁寧にお話をするよう心がけていました。その中で、ある患者さんから「丁寧にありがとう。必ず行かせてもらいますね。」と仰ってもらえうれしかったです。(受付)

《11月18日》

インプラントのオペをされた患者さんを車でお送りしている時の車中の会話で、「インプラントってすごく噛めるようになると聞いているので、とても楽しみです。」と仰っていただき、私もうれしくなりました。(カウンセラー)

《11月17日》

遠方に引越しをされた患者さんが来院された時に、「わざわざお越しいただきありがとうございます。」と感謝の意をお伝えしたら、「この医院が良いので、これからも通わせていただきますね。」と仰っていただけてとてもうれしかったです。(受付)

《11月15日》

先日、7年ぶりに来院された患者さんから、「まだいたんやね。」と覚えていただけてとてもうれしかったです。(衛生士)

《11月11日》

お電話にてご予約を依頼された際に、担当医師が不在の為希望日時は難しい旨をお伝えすると、「吉村歯科で診てもらいたいので、別の医師でもいいですよ。」と仰っていただけうれしかったです。(受付)

《11月10日》

商店街の八百屋さんが患者さんでいらっしゃって、先日外でお会いした時に、「そろそろ定期検診の時期やね。」と先方から声を掛けてもらえ、覚えていただけていた事にうれしくなりました。(衛生士)

《11月9日》

先日、来院された患者さんはもともと歯医者嫌いでしたが、吉村歯科医院に来て、スタッフの笑顔や対応などを見て、考え方が変わったと聞き、とてもうれしかったです。(歯科医師)

《11月7日》

先日、新患の方のカウンセリングをしている時に、紹介されたのが会社の同僚のご家族からとお聞きして、口コミのすごさというものを改めて実感しました。(カウンセラー)

《11月5日》

往診でお伺いしている患者さんの娘様が来院され、母親から「往診でとても良くしてくれているから、歯医者に行くなら吉村歯科に行きなさい、良くしてくれるからと言われて来ました。」とお聞きしてとてもうれしくなりました。(受付)

《11月2日》

往診日に、急患が2件入った際に、担当ドクター、衛生士の協力の下当日中にお伺いでき、患者さんやご家族様、ケアマネージャーにも喜んでいただけてうれしかったです。(往診コーディネーター)

《11月1日》

月一回メンテナンスで来院される患者さんの奥様が、「私も診て欲しい」と仰られて、「わかりました。」とお返事すると大変喜んでいただけて良かったです。(衛生士)

《10月31日》

先日、受付をしている際に患者さんから「この医院でクリーニングをしてもらっているから、他の歯医者へは行けないです。」と仰っていただき、とてもうれしかったです。(受付)

《10月27日》

インプラントのオペを終えられた女性の患者さんの足元がふらついていた為、ご自宅までお送りいていた車中で、「こんな事までしてくれる歯医者さんは、ないですよね。とても助かります。」と仰っていただき、喜んでいただけてうれしかったです。(事務)

《10月26日》

初診の患者さんのカウンセリング時に、「今まで数々の歯科医院に通ってきましたが、どこも治療が荒かったりして嫌な気分が続いていたが、ホームページを見たり、知り合いの人からの話を聞いたりして、吉村歯科医院を選びました。」と仰っていただき、ありがたいと思うと同時に、ご満足いただける治療を提供しなければという緊張感もいただきました。(カウンセラー)

《10月24日》

受付にて、少し待ち時間がある患者さんに、かぼちゃの重さを予想する10月の院内イベントにお誘いすると、「面白いことやってるね。歯医者じゃない感じがするわ。」と楽しんでいただけて、これからも色々と企画していこうと思いました。(事務)

《10月21日》

往診先で、初めて診察させていただくことになった患者さんが、「歯医者さんが来てくれるって、本当に今は便利になったね~。自分で通わなくて済むからすごくありがたいわ。」と仰っていただけて、こちらもうれしくなりました。(衛生士)

《10月19日》

3ヶ月に一度メンテナンスで来院される患者さんで、介護リフトを利用される女性の患者さんが、「いつも吉村さんのところに行くことを楽しみにしてるんです。皆さん、いつも元気に迎えてくれるから、とてもうれしいんですよ。」と仰っていただけてうれしかったです。(アシスタント)

《10月17日》

以前、お会計時に患者さんから、「院長の治療や顎補正を受けて以来、口の状態も、顎補正のお陰で体調もすごい良くなってうれしい。」と仰っていただき、こちらもすごくうれしくなりました。(受付)

《10月13日》

9月から診療時間が変わりアシスタントに付く事が増え受付に入る時間が減ったのですが、或る日患者さんから、「最近、貴方を見なかったから心配してたのよ。とても感じの良い受付さんだから会えなくて淋しかったわ。」と仰っていただき、私の事を覚えてくれていたと思い、とてもうれしかったです。(アシスタント)

《10月8日》

新患で来院された男性の患者さんが、治療を終え受付にてお会計をしている時に、何度も「本当にありがとう。助かりました。」と仰っていただいたことが、とてもうれしかったです。(受付)

《10月6日》

先日、リフト(当院は2階にあるため)をご利用されている患者さんの付き添いしている間の会話の中で、「吉村さんのスタッフの人は、みんな明るく元気に挨拶してくれるので、来るたびに元気をもらっている感じがする。」と仰っていただきとてもうれしかったです。(アシスタント)

《10月5日》

先日、医院から近くにあるグループホームでスタッフの方々対象に"口腔ケア勉強会"を実施、当医院の副院長の話がとても分かりやすいと好評を得て良かったと同時に、当日治療もさせていただいた患者さんにも喜んでいただけうれしかったです。(往診コーディネーター)

《10月4日》

いつも訪問している施設の患者さんで、往診車内でのケアが終わってお部屋までお連れしている間、「先生に口の中を掃除してもらうと、本当に気持ちが良い。」ととてもうれしそうに仰っていただき、お部屋に着いてからも周りの方や、スタッフの方々に「気持ち良かった。」と仰って頂けてこちらもうれしくなりました。(衛生士)

《9月30日》

先日、十数年ぶりに来院された患者さんのカウンセリングをさせていただいた時に、「当時よりも診療台数が増えたりスタッフが増えたりと吉村先生はやっぱり評判が良いからやね。これからは、もっとしっかり自分の歯を大事にしたいのでキチンと通います。」と仰っていただきうれしさと同時に評判を落とさないようしっかりと対応していかなければと良いプレッシャーをいただきました。(カウンセラー)

《9月29日》

昨日メンテナンスで来院された患者さんは近くでお店をされている方ですが、その後に偶然そちらの従業員の方が飛び込みで新患として来院され、お二人で会計待ちをされている間に、「うちの従業員には、歯医者へ行くなら吉村さんところへ行くように言ってあるんです。」と仰っていただきとてもうれしかったです。(受付)

《9月28日》

昨日、私の妻が初めて来院し、院内の雰囲気や先生をはじめスタッフの対応がすごく良かったと聞き、身内ながら好評価を得る事が出来て良かったと思いました。これからも、患者さんに対しても良い対応を出来るよう心掛けていきたいと思いました。(事務)

《9月27日》

往診で施設へお伺いした際、現場のスタッフの方々からだけでなく、事務の方からも「いつもありがとうございます。気を付けてお帰り下さいね。」と声をかけていただけるので、本当にありがたいと思いました。(往診コーディネーター)

《9月26日》

先日受付をしている時に、いつもメンテナンスでお越しいただいている患者さんお二人がお知り合いだったらしく、お互いに「ここの医院は良いから通っているんだ。」という事をお話しされている事を聞いてすごくうれしかったです。(受付)

《9月22日》

昼食時、外を歩いている時に偶然患者さんとお会いして、「先生のお陰で今はこんなキレイな歯になったわ。最初は怖がらせてごめんな~。これからもちゃんと歯の掃除に行くからな。」と声を掛けてもらい、とてもうれしかったです。(歯科医師)

《9月21日》

以前から、咬み合わせと肩こりに悩んでいらっしゃった患者さんが来院され、治療と同時に咬合マッサージを試していただいたところ、咬み合わせも良くなり肩こりも楽になったと仰っていただき、これからも新しい試みを取り入れて患者さんへ提供していきたいと思いました。(歯科医師)

《9月20日》

毎週金曜日に往診でお伺いしている施設の方々から、つい先日行った勉強会がとても参考になったとお声をかけていただき、是非次も勉強会を開催して欲しいと依頼され、とてもうれしかったです。(往診コーディネーター)

《9月17日》

先日、インプラントのオペをされた患者さんを車でお送りしていた車中で、色々とお話をしている中で、「今まで色々な歯医者へ行って失敗してきたけど、知人の紹介で吉村歯科へ来て正直最初は心配だったが今ではお任せして良かったと思う。」と仰っていただきうれしさと同時に、人の口コミの大事さを実感しました。(事務)

《9月15日》

昨日、午後から飛び込みの新患様が立て続けに3名の方が来院されバタバタしましたが、ドタクーも素早く対応してもらえ、患者さんもお待たせすることなくご案内できて喜んでいただけてうれしかったです。(受付)

《9月14日》

往診の患者さん宅へご連絡させていただいている際に、今までは業務的なお話だけで済んでいましたが、最近では世間話なども先方からしていただけるので、私も楽しくお話をさせていただいています。(往診コーディネーター)

《9月13日》

リコールでお越しいただいた患者さんが、「本当に気持ちが良かったです。貴方みたいな人を一家に一人欲しいくらい。」と冗談交じりで仰っていましたが、満足いただけてこちらもうれしかったです。(衛生士)

《9月12日》

院長が不在の時に、新しく働いていただくことになったドクターに診察をされた患者さんがお帰りの際に、「とても分かりやすく丁寧に説明をしてくれてうれしかった。今まで出会ったことの無いタイプの先生なのですごく驚いた。」といっていただき、私も一緒に働くことが出来てとてもうれしかったです。(受付)

《9月9日》

入れ歯の調子が良くないという事で来院された患者さんに、また痛くなったらご連絡くださいねとお伝えした数日後、昼休みに外を歩いている時に偶然お会いし、様子をお伺いしたところ、「先生のおかげですごく入れ歯の調子が良い。」と仰っていただき、うれかったと同時に今まで外で患者さんにお会いした事が無かったので新鮮な驚きもありました。(歯科医師)

《9月8日》

新患様のカウンセリングをしている時に、当院をどのように選ばれたのかをお聞きした際、HPを見て選びましたという事で、お住まいが京都の方にも関わらずわざわざお越しいただけたことに感謝しました。(カウンセラー)

《9月3日》

9月より診療時間が変更することにあたって、以前の診療時間で夜遅くに来られていた患者さんから、「終わる時間が早まったけど、これからも頑張ってきますね。」と色々な患者さんからお声をいただいてうれしかったです。

《9月2日》

8月に2週にわたって"こどもまつり"を開催したことですが、2日間とも雨降りでしたが多くのお子様がお越しいただいて、親御さんから「今までこんなことしてなかったですよね。こういうのをしてくれて子供も喜んでいるのでうれしいです。」と仰っていただいて、スタッフ全員で作り上げていけた事もうれしかったです。

《9月1日》

以前、当医院に通院されていた患者さんが歯科のある病院へ入院されたとお聞きしたのですが、やはり通い慣れた歯医者が良いという事でわざわざお越しいただけて本当にうれしくなりました。(アシスタント)

《8月31日》

先日、新患様のカウンセリングをした際に、とても礼儀正しい高校生の男子が、「未成年の僕にもきちんと説明をしてもらえてうれしいです。」と言ってもらえ、うれしかったと同時にすごいしっかりした高校生だなと自分の過去と照らし合わせた瞬間でした。(カウンセラー)

《8月30日》

8月は、往診の方で新患の方や急患の方のご依頼がとても多くありがたい話ですが、その分ドクターや衛生士の皆さんに早く出勤してもらったり、休憩時間を省いてもらって対応できました。皆さんのご協力に感謝しています。(往診コーディネーター)

《8月29日》

土曜日の往診の時に、新患の方のご自宅にお伺いする時間帯が豪雨に遭ってしまい、みんながビショ濡れになりながら2件お伺いしたところ、お二人とも「わざわざ来てもらえる事もありがたいのに、こんな雨の中でも来てくれてとても感謝してます。」と仰っていただきとてもやりがいのある仕事だと再確認できました。(歯科医師)

《8月26日》

8月いっぱいで退職する旨を患者さんにお伝えしていく中で、多くの方々から「今までありがとう」というお言葉をいただけ、自分自身もとても良い勉強をさせていただけたと、とても感謝しております。(衛生士)

《8月25日》

先日、新患の方のカウンセリングの時にご紹介者様のお名前をお聞きしたので後で確認したところ、ご紹介者様は来院数が3回ほどなのに当院をお薦めいただけたことがすごくうれしかったです。(カウンセラー)

《8月24日》

兄弟で来院しているお子様のうち一人が、以前似顔絵を描いてくれたので今でも家の冷蔵庫に貼っています。その事を先日外で会った時に伝えると、「今度また描いて持って行くね。」と言われうれしかったです。(受付)

《8月23日》

往診先の施設で治療を終えた患者さんをお部屋までお連れしている時に、「担当してくれている先生は本当に良い先生だ。こんな年寄りにも優しく接してくれて丁寧にしてくれて本当にありがたい。」と仰っていただきうれし型です。(衛生士)

《8月22日》

8月20日に開催した"こどもまつり"では、開催時間はあいにくの雨模様にもかかわらず、多くのお子様が参加してもらえ良かったです。また、お子様も親御様も楽しんで頂けて良かったです。(事務)

《8月19日》

仕事が終わって近くのスーパーで買い物をしている時に、患者さんから声を掛けられて「こっちのスーパーの方が安いよ」とか色々な料理のレシピを教えてもらい、プライベートでも優しく接してもらえてすごくうれしかったです。(受付)

《8月18日》

1カ月ごとに定期検診で来院されている患者さんが、「いつも丁寧に歯を奇麗にしてくれてありがとう。おかげでいつも食事を美味しくいただけています。」と仰っていもらい、この仕事をしていて本当に良かったなと実感しました。(衛生士)

《8月17日》

少し遠方の往診患者さんのご自宅へはじめてお伺いした際に、当医院の住所を聞かれたのでお答えすると、「遠いところからわざわざありがとう。最近は、足腰が悪くなって通院するのが大変だったので来ていただけるのでとてもありがたい。」と仰っていただけてうれしかったです。(歯科衛生士)

《8月16日》

初診カウンセリングの時に、「普段人間不信で会話することがおっくうでしたが、初めての人とこんなに長い時間話をしたのは初めてです。」とご自身のお悩みを40分近くお話しされて、「この医院だったら、安心して通えそうです。」と言っていただけてうれしかったです。(カウンセラー)

《8月11日》

最近ずっと診させていただいている患者さんと、はじめはお互いに遠慮し合って歯に関わることしかお話ししていませんでしたが、或る日を境にプライベートのお話しをするととても親しくさせていただくようになり、今では共通の趣味のゴルフの話で盛り上がっています。(歯科医師)

《8月9日》

往診の患者さんに、訪問日のご連絡をした時にご家族から、「いつも先生や、衛生士さんには丁寧にしてもらって本当に感謝しています。本人も次はいつくるのかと楽しみにしています。」とお聞きし、この仕事は本当にやりがいがあるなと改めて実感しました。(往診コーディネーター)

《8月8日》

先日、受付等のスキルアップのセミナーや講義をされている企業の方と面談している中で、当医院の受付の対応の良さを褒めていただき、自分の事のようにうれしくなりました。(事務)

《8月6日》

先日、親知らずの痛みに悩んでおられた患者さんが来院され、その日に抜歯となり難しい処置でしたが無事終わり、患者さんにもとても喜んでもらえ、とてもうれしかったです。(歯科医師)

《8月5日》

昔から、ずっと歯がかけていた事を気にされていた患者さんが、当院で治療後すごく喜ばれて、おひとりでずっと鏡を見ておられた姿を見て、自分の事のようにうれしくなりました。(アシスタント)

《8月4日》

患者さんの家族構成など覚えるのが得意で、ずいぶん前に大学病院へ紹介状をお渡しした患者さんのご家族へその事をお話しすると、「そんな昔の事を、よく覚えてくれてるんですね。」と喜んでもらえて良かったです。(受付)

《8月3日》

当医院が訪問歯科診療を始めた時からの患者さんのご家族から、「10年の間、毎月きっちりと診ていただけるので主人のお口の健康はとても安心です。」と仰っていただき、とても重みのある言葉だと感じました。(往診コーディネーター)

《8月2日》

往診の施設の患者さんで、3年ぶりぐらいの再診依頼をいただき診させていただき、翌週お伺いした際に、スタッフの方に調子をお伺いしたところ、あれ以来笑顔がとても増えたとお聞きし、とてもうれしかったです。(歯科医師)

《7月30日》

先日、介護リフトをご利用の患者さんを行き帰りともにご一緒することとなった時に、「この時間にスタッフの人たちと話をすることが楽しみなんです。」といっていただき、とてもうれしかったです。(アシスタント)

《7月29日》

往診先の施設の患者さんのご家族が、「以前違う施設に入居している時も訪問歯科診療を利用していたが、やっているのかやっていないのか、わからなかったが、吉村歯科に診てもらってからすごいかわった。」と成果を認めてもらえうれしかったです。(歯科医師)

《7月28日》

往診先の施設で、口腔ケア等に関する事を中心に先方のスタッフの皆さんとお話はしますが、プライベートの話などで盛り上がったりすることもあり、楽しくお仕事をさせていただけることに感謝しています。(衛生士)

《7月27日》

新規の患者さんのカウンセリングをしている時の事ですが、紹介されたのは数年前ですが、評判が良いという事をずっと覚えていただいていて来院したとお聞きし、とてもうれしかったです。(カウンセラー)

《7月26日》

台風が接近していた日に往診日が重なり、患者さん宅へ少し遅れる旨をお伝えしたところ、「台風だから無理せず、ゆっくり来て下さいね。」と優しい言葉をいただき、うれしかったです。(技工士)

《7月25日》

訪問診療先の施設の方々が、治療中やケアをしている時に、横でメモをとられたり色々なご質問をされるので、ご利用者様の事を本当に大事にされているんだと実感しうれしかったです。このような施設が増えていく事を心から望みます。(歯科医師)

《7月22日》

3か月の期間を空けての定期検診予定の患者さんよりお電話をいただき、「そろそろ、定期検診の時期だと思うがハガキがこなかったので電話しました。」と言われ(実際にはハガキを出してたが何故か届かず・・・)、ハガキが無くても覚えていただいていた事にうれしくなしました。(受付)

《7月21日》

受付にて作業をしている際、メンテナンスを終えられた患者さんにお声を掛けた時に、「この医院に来ると本当に元気になれるわ」と仰っていただきうれしかったです。(事務)

《7月20日》

かなり期間が空いていた往診の患者さんよりご連絡があり、誤って義歯を割ってしまったということと、その週の週末に息子さんの結婚式もあるとの事で、すぐにご自宅へお伺いし義歯をお預かりして当院の技工士さんに事情を説明したところ、すぐに対応してくれ修理した義歯を再度お持ちすると大変喜んでいただきうれしかったです。(往診コーディネーター)

《7月19日》

歯科専用のキシリトールガムに興味をお持ちだった患者さんに内容をご説明したところ、「これからガムはここで買うようにしますね」といっていただき、ご理解いただけてうれしかったです。(受付)

《7月16日》

以前より来院されている患者さんで、昔からジンマシンで悩んでいたが当医院のeo水(酸化電位水)を使用して改善してきたとお聞きし、驚きと同時にうれしかったです。(アシスタント)

《7月15日》

いつもメンテナンスで来院されている患者さんと親しくさせていただいていて、私が受付にいない時も探して声をかけていただけてうれしく思います。(受付)

《7月14日》

初めて定期検診に来院された患者さんが、「バス停から歩いて来る途中、正直帰ろうかと思ったが、しっかりとメンテナンスをしてもらって、次回また来ようと思った」と言っていただきうれしかったです。(衛生士)

《7月13日》

往診の新患様のご自宅内で治療中、同席されていたヘルパーの方が、とても口腔ケアへの意識の高い方で色々とご質問いただき、このようなヘルパーさんが担当されていると安心だなと感じました。(衛生士)

《7月12日》

往診の患者さんで、ご自宅内に器材を持ち込んで治療させていただいている時に、ご家族から「暑い中いつもありがとう」と言っていただける気持ちがありがたく、これからも頑張っていこうと気合いが入りました。(歯科医師)

《7月11日》

9月からの診療時間の変更にあたって、夜診の患者さんから「時間が短くなる事は残念だが、これからもメンテナンスに来たいので新しい時間帯に来れるよう努力します」と言っていただき感謝の気持ちでいっぱいになりました。(受付)

《7月8日》

先日、インプラントのオペをされた患者さんが来院され、「本当にインプラントの良さを実感し、もっと早くしてもらえばよかった」と喜びの声をお聞きし、とてもうれしかったです。(衛生士)

《7月7日》

今月は、年配の方を対象に施設での検診会が多い中、今までは非協力的な人が多いと思っていましたが、実際にはお口の健康を気にされている方々が増えていて、この先続く検診会も精いっぱい頑張ろうと思いました。(歯科医師)

《7月6日》

初診の患者さんのカウンセリング時に、「かなり久々の歯医者ですが、紹介された方からすごく良いところだと聞いているので、この機会に悪い個所は全部直そうと思います」と聞き、かなりのプレッシャーではありますが期待に添えるよう頑張ろうと思いました。(カウンセラー)

《7月5日》

往診先の施設の患者さんに「〇〇さん、こんにちわ」と声を掛けていただき、名前を覚えてもらえ本当にうれしかったです。(歯科技工士)

《7月4日》

メンテナンスで来院されている患者さんから、「日頃内科などで受診することが多く、周りを見渡すと気持ちが暗くなりがちだが、吉村歯科医院へ行くといつも明るく元気になれる」とお聞きし、今後への励みになりました。(受付)

《7月1日》

2か月ごとのメンテナンスの患者さんがお仕事の都合で間隔があいてしまっていたので、あまりお口の状態があまり良くないことをご自身でも自覚されて、再度口腔ケアの大切さをご説明したところ、とてもよくご理解いただきこれからはしっかりと来院すると仰っていただいたことがうれしかったです。(衛生士)

【歯科医師(外来・往診) 常勤・非常勤】募集

法人に組織変更し、より充実した治療のために勤務医を募集致します。
医療技術はもとより患者さんとのコミュニケーション等、医療人としてのスキルアップに力を入れています。また、インプラントにも力を入れております。
院長の元で3ケ月研修して頂き、3年間で開業できる自信がつくように勉強して貰います。 先輩方の治療も見学でき、ご自身の成長に大変有効だと思います。
意欲のある方はぜひ見学にお越し下さい。

業種 歯科医師【外来・往診】
応募資格 歯科医師免許
待遇 試用期間有り(3ヶ月)※給与は本採用と変わりません。
交通費全額支給
各種社会保険(歯科医師国保・厚生年金・雇用保険・労災保険)
勤務日・時間 月~金 10:00~13:00 / 14:30~19:30
土   9:00~17:30
休日  日・祝祭・平日1日(完全週休2日制)、GW、夏期休暇、年末年始
勤務地 〒532-0028 大阪市淀川区十三元今里2-19-9(阪急十三駅 徒歩10分)
アクセスマップはこちら
連絡先 TEL:06-6306-2113 / FAX:06-6886-0957
E-mail:yosimura-dc@sa2.gyao.ne.jp

【歯科衛生士(外来・往診) 常勤・非常勤】募集

ますます必要とされる訪問診療を1から学びたい方、現在の訪問診療のスキルを伸ばしたい方、また、ブランクのせいで外来勤務を躊躇されている方、新しい職場で頑張りたい方、一度当院を観に来られませんか?きっとご自分の新しい可能性に出逢えると思います。

業種 歯科衛生士【外来・往診】
応募資格 歯科衛生士免許(未経験者可 丁寧に指導致します)
待遇 試用期間有り(3ヶ月)※給与は本採用と変わりません。
交通費全額支給
各種社会保険(歯科医師国保・厚生年金・雇用保険・労災保険)
勤務日・時間 月~金 10:00~13:00 / 14:30~19:30
土   9:00~17:30
休日  日・祝祭・平日1日(完全週休2日制)、GW、夏期休暇、年末年始
勤務地 〒532-0028 大阪市淀川区十三元今里2-19-9(阪急十三駅 徒歩10分)
アクセスマップはこちら
連絡先 TEL:06-6306-2113 / FAX:06-6886-0957
E-mail:yosimura-dc@sa2.gyao.ne.jp

歯科衛生士の仕事が楽しいですか?
患者さんに喜んでもらっていますか?
仕事にやりがいを感じていますか?
新しい刺激がありますか?
歯科衛生士の仕事をずっと続けたいですか?

上の質問で1つでも「いいえ」と答えた方は、ぜひ吉村歯科医院に見学にお越し下さい。 きっと答えが見つかります。

技術やコミュニケーション力向上を目指して、フリーランスの衛生士の先生に定期的に来て頂いて、皆で勉強しています。

患者さんは基本的に担当制なので、深いお付き合いになります。ですから患者さんはとても安心して、治療もリラックスして受けられます。お互いにとてもいい雰囲気でお話も弾んでいるようです。

「そんなの私にはとても無理」だなんて思わないで下さい。先輩や先生がコミュニケーションのとりかたをちゃんと教えてくれます。誰だってはじめからうまくいきません。でも吉村歯科医院には、不可能を可能にするツールがちゃんとあるのです。

クリニカル・コーディネーターを目指している方にも最適の職場です。あなたの可能性をここで思う存分発揮して下さい。

まずお電話から。06-6306-2113です。 スタッフ一同心よりお待ちしております。

歯科用語集

          0-9

歯科用語集 あ

う歯
 う歯とは、う触になった歯のことで、一般的にはむし歯と言います。

う触
 う触とは、むし歯のことです。漢字で齲触と書きます。

アタッチメント
 アタッチメントとは、入れ歯の種類の1つです。むし歯などで欠損した部分付近の残っている歯に取り付け歯を安定させる装置です。
 表面からは見えないため審美性も高く、安定しているため違和感も少ないようです。
基本的に保険適用外となります。

アバットメント
 アバットメントとは、インプラントする際にインプラント体(歯根側)と上部構造(歯冠側)を連結させる支台装置をいいます。
 インプラント治療は上から、上部構造、アバットメント、インプラント体(フィクスチャー)の3つによって構成されています。

アブセス
 アブセスとは、膿瘍のことです。

アマルガム
 アマルガムとは、補綴物で使われる金属材料の一つです。水銀と他の金属から作られた水銀化合物です。水銀アマルガムとも呼ばれています。保険適用可能です。
 水銀を発生させてしまい毒性があるとされて、現在ではあまり使用されていません。
金属アレルギーや電流なども問題視されています。
その危険性から、アマルガムが訴訟の対象にもなっている国もあります。

ア充
 ア充とは、アマルガム充填の略です。
むし歯を削った後の穴に、アマルガム(銀歯)の詰め物を入れることをいいます。
保険適用可能です。
 しかし、アマルガムのページで説明していますが、アマルガムには毒性があり、現在ではあまり使われていません。

インプラント
 歯科におけるインプラント(デンタルインプラント)とは、歯根治療のことをいいます。
歯が抜けてなくなってしまった所に、人工の歯根(チタン製など)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける外科的な治療法です。
入れ歯などと違い取り外しは不可能で、本当の歯のように扱えるのが特徴です。
 歯根の代わりとなるネジのようなものをインプラント、それを埋め込む手術のことをインプラント治療という場合もあります。
インプラント治療は上から、上部構造、アバットメント、インプラント体(フィクスチャー)の3つによって構成されています。
 少数歯の欠損の治療法には他に、部分入れ歯、ブリッジなどがあります。

インプラント義歯
 インプラント義歯とは、歯単体をつけるのではなく、総義歯などをつけるインプラント治療のことです。通常のインプラント治療のように人工の歯根を打ちこみ、その上に義歯を取り付けます。
 しっかり歯を固定でき痛みなどが少ないですが、値段が高くメンテナンスが必要といった特徴があります。外科的手術を行います。
 保険適用外です。

インレー
 インレーとは、インレイともいい、むし歯の抜き取った後の空洞に入れる詰め物のことです。
主に神経の生きている歯に使用されます。
 詰めるものは一般的に金属(銀歯)やレジン、保険適用外にはセラミックやハイブリッドなどがあります。2次カリエスになる可能性が高いのでアフターケアが大事です。

ウォーターレーズ
 ウォーターレーズとは、従来のタービンの代わりに、レーザーにより加速した水で切断を行う、レーザー治療の一種です。ウォーターレーザーとも呼ばれます。
 高速の水により、むし歯の除去などを行います。痛みが少なく、殺菌効果などがあるのが特徴です。しかし、虫歯の治療時間が長くなるとも言われています。
ウォーターレーズでの治療は保険適用外となります。

エアタービン
 エアタービンとは、歯科治療で歯を削る器具のことです。

エキスト
 エキストとは、抜歯のことです。

エジェクター
 エジェクターとは、治療中に唾液を吸い込む、口腔内バキュームです。機械内部で減圧し,外部の液体を吸引する仕組みです。ユニットの排唾器に差し込んで使います。

エナメル質
 エナメル質とは、歯の表面・歯冠部分を言い、人体でもっとも硬い組織です。97%がハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウム)です。水晶よりも硬いと言われていますが、酸に弱いという性質をもちます。そのため脱灰などにより、リン酸カルシウムが溶けてしまい、むし歯になります。

エプーリス
 エプーリスとは、歯肉腫とも呼ばれる歯肉にできる良性の限局性腫瘤のことです。多くのエプーリスは、炎症性や反応性の腫瘤ですが、腫瘍性のものもあります。放っておくと、腫瘍が歯の位置をずらしたり、歯を溶かしたりすることがあります。治療方法は、妊娠性エプーリスなどの例外を除いて、全て外科的に切除します。原因削除の為、抜歯する場合もあります。
 悪性の癌腫などと似ていて見分けがつきにくいため、エプーリスのようなものを発見した場合、すぐに検査をしたほうがいいでしょう。

オールセラミッククラウン
 オールセラミッククラウンとは、全てがセラミックで作られているクラウンの一つです。天然の色に近いセラミックを使用して、金属を使っていないため、かなり美しく仕上がります。しかし、割れやすい、値段が高いなどのデメリットもあります。
 保険適用外になります。

入れ歯
 入れ歯とは、無くなった歯の代わりにとりつける人工歯のことです。義歯ともいいます。有床義歯、ブリッジ、インプラント義歯などに分けられます。
 さらに有床義歯は全部床義歯(総入れ歯)、局部床義歯(部分入れ歯)に分けられます。

印象
 歯科用語における印象とは、歯型を取り、それから被せ物等を作ることをいいます。歯型を取ることを「印象を取る」ともいいます。
 被せ物などを作る際、歯の模型が必要不可欠です。
実際の治療が必要な歯の印象を取り、そこから模型を作り、それにあった被せ物を作ります。
 英語では、Impressionというため、Imp(インプ)と呼ばれたりもします。

親知らず
 親知らずとは、20歳前後に生えてくる一番奥の歯のことです。知歯・智歯(ちし)、知恵歯(ちえば)とも呼ばれます。生まれつき親知らずが無い人もいます。
 親知らずが生えると歯並びが悪くなったり、生え方によって歯磨きがしづらくなることがあります。そのため抜歯をするケースが多いです。
 親知らずが生えてから、問題が起きる前に早い段階で抜歯するのが望ましいです。しかし、抜歯に1か月ほどかかることがあります。前もって治療期間を準備しておきましょう。
 また、生え方によっては抜歯が困難になり、歯科医院で断られる可能性があります。

歯科用語集 か

顎関節症
顎関節に発生する、開口時の疼痛 、開閉口時の関節雑音、また開口障害・開口制限を特徴とする病気。

顎偏位症
噛み合せの具合が悪くなった状態を長く放置したなどの原因で顎が偏り、顎関節や他の部位にまで症状が表れてきている状態。

顎骨造成法(骨再生療法)
失った顎の骨を新たに造成する治療法。

架工義歯
歯の抜けた部分の両隣の歯を支台とした差し歯・ブリッジ。

可撤式床矯正
取りはずし可能な義歯タイプの矯正装置。

カリエス
虫歯。

カリエスコントロール
虫歯にならないように常に口の中の衛生に気をつけ、口の中を健康に保つ事。

カリソルブ
健全歯質を不要に除去せずに、感染象牙質を軟化させ除去するう蝕除去。

仮歯
治療中、及び最終的な差し歯が入る(出来上がる)までの間、仮に入れておく(使用する)差し歯・ブリッジ。

仮義歯
最終義歯(本義歯)が入る(出来上がる)までの間、仮に入れておく・使用する義歯(入れ歯)。

矯正歯科
矯正歯科治療とは、悪い位置にある歯をあごの骨のなかで少しずつ動かしたり、あごを良い方向に動かしたりして、正しいきれいな歯並びや噛み合わせを作る治療。

局部義歯
歯がない部分に入れる義歯。(固定式はブリッジ、取り外し式は局部床義歯と言う。)

口呼吸
口で呼吸をしてしまう症状。

クラウン
属に言う被せるタイプの差し歯。

クラスプ
部分床義歯を口の中で安定・保持・維持させる為に針金。

クリーニング
歯垢や歯石、歯の汚れを専門の機械・器具を用いて除去する事。

外科矯正治療
直接あごの骨を分割させて移動させたり、余分に伸びた顎骨を切除して矯正する方法。

口蓋
口の中の上あごの部分。

口腔外科
難しい抜歯、顎骨(あご)や口の粘膜や組織の大きな腫瘍、骨折、損傷、口や顎の奇形などを主に治療する診療科。

鉤歯
部分床義歯を口の中で安定・保持・維持させる為に針金をかける歯。

硬質レジン
人工歯や歯冠などに使用される合成樹脂素材。

咬合
噛みあわせの事。

咬耗
噛む事によって、時間経過と共に歯がすり減っていく事。

コーヌスクローネ・コーヌス義歯
残存歯と義歯とを組み合わせ二重冠とし、金属同士の摩擦抵抗を利用した針金のない入れ歯。

骨膜
骨の表面に癒着して骨を包でいる薄い膜。

根管治療
歯の中にある歯髄につながる歯根の先端部分の治療。

混合歯列弓
歯の交換期の若年者にみられる歯が前歯から奥歯まで並んでいる歯群(歯列)に、永久歯と乳歯とが混合して生え合っている状態。

歯科用語集 さ

再植
抜け落ちた歯、意図的に抜歯された歯を再び元あった場所に植え戻す事。

残存菌
歯列(歯並び)の中で残存している歯。

GTR(組織誘導再生=Guided Tissue Regen法)
特殊な再生誘導膜のGTR膜を用いて、歯を支えている周囲組織であるセメント質、歯根膜、歯槽骨を再生する治療法。

GBR
骨の新しい造成だけを期待する場合に使用されるのがGBR(Guided Bone Regeneration)膜

シーラント
虫歯にかかりやすい時期に、虫歯に侵されやすい奥歯の溝を流れのよいプラスチック素材でふさいで極力保護するという虫歯予防の方法。

歯冠
歯肉から出ている歯牙の頭の部分。

歯根
歯肉の中に入っている歯牙の部分。

自家歯牙移植術
自分の歯(親知らずが多い)を他の部位へ外科的に移植する事。

歯周病
歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気。

歯周ポケット
歯と歯ぐきの間にある歯肉溝。

自浄作用
口の中は自分できれいにする働きを持っていて、歯や歯周の病気を予防しようとする作用。

歯髄
歯の中心にあり、神経や血管で構成されている部分。

歯石
細菌の死骸が蓄積して、その中に唾液や血液に含まれる無機質(ミネラル)が沈着して石のように硬化したもの。

歯槽堤
歯が植わっている骨の部分。顎堤と同意語。

支台歯
差し歯やブリッジの橋の支柱になる歯。

歯肉炎
歯肉に起こる炎症。

自由診療
保険の枠内ではできない治療。保険外治療、私費治療、自費治療と同意語。

充填
虫歯を削った後、その部分にプラスチックや金属を詰める事。

修復
虫歯に侵された歯を人工の詰め物やか被せ物など治す事

心身障害者歯科診療・重度心身障害児の歯科治療
全身的な障害があり、歯科の診療が困難なために特別な方法を駆使し治療を行う専門的な治療。

笑気吸入鎮静法
歯科治療時に極度の恐怖感を持つ患者さんに対して、精神の安定の為や痛みを感じないようにする、笑気ガス麻酔下での治療。

小矯正
本格的で大規模な矯正ではなく、小規模な矯正。部分矯正とも言う。

床矯正装置
取りはずしのできる床に、維持となる針金や歯を動かす為の弾力のある針金などが仕組まれている矯正装置。

審美歯科
美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野の事。

スケーリング
歯にこびりついている歯石を除去する治療。

スプリント
顎関節症の症状を改善する為に歯列に装着する装置。

スルフォン床義歯
普通に用いる義歯のプラスチックよりも強度があるポリカーボネイト素材の義歯。

接着性レジン
歯に金属やプラスチックの修復物を強固に固定する材料。

セラミック・セラミッククラウン
陶器(瀬戸物)素材で製作された歯冠修復物。

即時義歯
抜歯を伴う治療が施術される時、抜歯後の状態を想定し、あらかじめ制作しておく義歯。

咀嚼
食物を飲み込みやすくする為に、噛み砕き、すり潰す事。

歯科用語集 た

タービン
タービンとは、歯を治療するときに使うもので、ユニットにとりつけてある回転して削る器具のことです。
エアタービンともいいます。
独特のキュイーンという音がし、この音によって歯科治療を嫌がる人も少なくないです。
最近ではこのタービンを使わず、音のない治療法としてレーザー治療というものもあります。

ダイアグノデント
ダイアグノデントとは、レーザーを用いて歯を解析する機械のことです。
むし歯の進行具合などを数値にしてみることができます。
肉眼やレントゲンでは発見できない初期う触を発見することができます。
しかし、正確ということではないので、補助的に使われることが多いようです。

ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディングとは、歯の表面にハイブリッドコンポジットレジンを装着し、審美的にする治療です。
歯をあまり削らずに、1日2日で美しくすることができます。
矮小歯やすきっ歯、歯の変色等の治療に使われます。
ラミネートべニアなどと同じ技術ですが、こちらはセラミックではないので比較的安くなっています。
矯正で使われるブラケットを接着剤で歯に取り付ける事も、ダイレクトボンディングといいます。

テンポラリークラウン
テンポラリークラウンとは仮歯のことで、テック(TEK)とも呼ばれています。
治療中の歯に補綴物が入るまでの間、仮に装着する被せ物のことをいいます。

デーモンシステム
デーモンシステムとは、新しい技術の歯列矯正のことです。
デーモンブラケットという特殊なブラケットを使い、痛みが少なく治療期間が短いとされています。
通常のブラケットより通院回数が少なく済むのも特徴です。
通常のメタルブラケットのように目立ってしまったり、歯磨きがしにくいというデメリットがあります。
ブラケットの中では高価な方に入ります。

動揺(どうよう)
動揺とは、歯科用語において、歯がぐらぐら動く状態のことをいいます。
歯槽膿漏や歯牙不完全脱臼になった場合などに起こることがあります。
動揺のない歯と連結固定することで動揺を抑えることができます。
スーパーボンドなどで固定をします。
歯列矯正中は動揺が起きますが、問題はないです。

打診痛(だしんつう)
打診痛とは、歯を軽く叩いた時に響くような痛みのことです。
炎症になっている可能性が高いです。
この他にも、何もしてなくても痛む自発痛、温度や物理的刺激で痛む誘発痛などがあります。

智歯周囲炎(ちししゅういえん)
智歯周囲炎(ちししゅういえん)とは、智歯(親知らず)の周りにできる歯冠周囲炎(歯と歯ぐきの間の歯肉炎)のことです。
英語ではpericoronitis。そのためperico(ペリコ)と呼ばれることが多いです。
親知らずの生え方が悪いと歯肉との間に細菌がたまり、そこから歯肉炎になることがあります。
親知らずの主な痛みの原因です。

知覚過敏(ちかくかびん)
知覚過敏とは、歯の欠損により冷たいものなどが歯に沁みることをいいます。
正式名称は象牙質知覚過敏症です。

脱灰(だっかい)
脱灰とは、歯のエナメル質が溶けることを言います。だっかいと読みます。
むし歯菌が酸を出すことにより、プラーク内のpHが低くなり酸性になります。
酸性になるとはのエナメル質からリン酸カルシウムが溶け出します。
脱灰が続くと、むし歯になります。再石灰化を促し、予防しましょう。

脱離(だつり)
脱離とは、一度治療して取り付けた被せ物や詰め物が取れたことをいいます。
脱離してしまった場合、すぐに取り付けた歯科医院へ行きましょう。
その際、取れてしまった被せ物などをラップやアルミホイルでくるんで持っていきましょう。

茶渋(ちゃしぶ)
茶渋(ちゃしぶ)とは、歯の表面に付く汚れのことです。
お茶や紅茶、コーヒーなどをよく飲む方に見られます。
粒子の細かい歯磨き粉を使用するといいでしょう。
強く擦りすぎると摩耗する恐れがあるので、取りにくい場合は歯科医院に行き、超音波スケーラー等で除去してもらいましょう。
ステインに含まれることがあります。

詰め物(つめもの)
詰め物とは、インレーのことです。

歯科用語集 な

ナイトガード
ナイトガードとは、歯ぎしりによる歯や顎への負担を防止する軟性レジン製のマウスピースのことです。
歯ぎしりを放っておくと、歯と歯の接触により歯が損傷してしまったり、顎に負担がかかり顎関節症になってしまったりとたいへん危険です。
就寝時にナイトガードを装着することにより、歯や顎への負担を防止するとともに不快な歯ぎしりの音を消す効果もあり、歯ぎしりの治療にも役立ちます。

ノンメタル
ノンメタルとは、危険とされる金属のかわりに体にやさしい無金属の材質で再修復していく治療のことです。
メタルフリーとも呼ばれます。詳しくはメタルフリーのページで説明します。

乳歯(にゅうし)
乳歯とは、永久歯の前に生えてくる子供の歯のことです。上下合わせて20本生えます。
生後10か月頃から生え始め、10歳ごろになると永久歯に生え変わります。(個体差がよって時期がずれることがあります。)
乳歯はやわらかく、むし歯になりやすいため、しっかりとケアをしましょう。

二次齲蝕(にじうしょく)
二次齲触とは、「にじうしょく」と読み、2次カリエスともいいます。詳しくは2次カリエスのページで説明します。

嚢胞(のうほう)
嚢胞(のうほう)とは、身体の中にできる袋状の病的なものです。
嚢腫、チステとも呼ばれます。
袋の中には液体(膿)が入っています。
歯科では、歯茎や唇、歯根などに見られます。

妊娠性エプーリス
妊娠性エプーリスとは、妊娠による女性ホルモンの変化によってできる良性の腫瘍です。妊娠腫ともいいます。
出産後、自然消滅することが多いです。消えなかった場合、切除をします。

捻転歯(ねんてんし)
捻転歯とは、捻じれて生えてきてしまった歯のことをいいます。ROTともいいます。
永久歯のできる方向が悪かったり、過剰歯などの影響でなることがあります。
捻じれの角度が小さいと自然に治っていったりもしますが、ひどい捻転歯の場合は歯列矯正が必要となります。

粘膜(ねんまく)
粘膜とは、身体の中の分泌液(粘液)で守られている所をいいます。
歯科では、口の中の表面をいい、口腔粘膜と呼ばれています。
ほほの裏の表面は頬粘膜ともいいます。

膿瘍(のうよう)
膿瘍(のうよう)とは、炎症により化膿して、膿がたまる症状のことです。
口腔内だけでなく、脳や内臓など色々なところで発症します。
歯科では、歯周病による歯周膿瘍や歯槽膿瘍(根尖膿瘍)、歯肉膿瘍などの種類があります。

歯科用語集 は

ハイドロキシアパタイト
歯の基本の構造物質のひとつ。

歯ぎしり
上下の歯が以上に強くすり合わされ、特異なきしり音を発する。

8020運動
80歳で20本の歯を残そうという運動。

PMTC
プロフェッショナル・メカニカル・トラース・クリーニングの略。専門家(歯科衛生士)によるスケーリング。

不正咬合
上下の歯が上手に噛み合っていない状態。

訪問歯科診療
診療施設に通えない高齢者の自宅や施設を、歯科医師、歯科衛生士が訪問し、患者さんの口腔内の管理や治療を行う事。

フッ素
虫歯予防法のひとつ。

部分床義歯
歯のない部分に入れる取り外しタイプの義歯。

プラークコントロール
虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除いたり、歯垢が作る細菌の悪い物質や毒素を抑える為に化学的な方法を用いたりしてコントロールする事。

ブラッシング
歯磨き。

ブリーチング
歯の漂白。ホワイトニングと同意語。

フロス
糸ようじ。

ぺリオ
歯を支える歯肉や歯骨などの歯周組織、治療。

包括歯科医療
健康志向の歯科医療であり、単に口の中の治療だけではなくて、予防から治療後の機能回復(リハビリテーション)までを含めた全身の健康にかかわる歯科医療の事。

ホームデンティスト
かかりつけ歯科医

保存処理
歯を残すための処置・治療。

ホリスティック
「全体的な」あるいは「包括的な」の意味。

ホワイトニング
歯牙の漂白。

歯科用語集 ま

マウスピース
歯や顎を傷つけないようにする装置。マウスガードと同意語。

摩耗
歯がすり減った状態。

無口蓋義歯
上顎中央部分をくりぬいた形で製作した義歯の事。

無痛歯科治療法
治療時に、できるだけ痛みを感じないようする治療方法。

メタルボンド
金属土台の上にセラミックを焼き付けた差し歯。

メタルプレート
義歯の強度や装着感を向上させる為に使われる金属の床(土台)。

メンテナンス
治療を終えた口腔内を健康に保つ事。

歯科用語集 や

有病者歯科治療
歯科の疾患だけでなく、全身のどこかに大きな疾病をあわせ持つ患者さんの歯科治療。

有床義歯
ドテの部分をおおう義歯

歯科用語集 ら

ラバーダム
ラバーダムとは、根管治療などで細菌が入らないようにするゴムのシートのようなものです。
根管の治療は無菌治療が重要で、治療中の歯に唾液が入ると細菌感染を引き起こし、2次カリエスなどの危険性があります。
そのためラバーダムは、成功率を上げるためや、2次カリエスを防ぐためにも必要とされています。
しかし、保険適用でラバーダムを扱っていない歯科も多いため、ラバーダムを保険で使用したい場合は事前に調べておく必要があります。

ラミネートベニア
ラミネートべニアとは、歯の表面にシェルと呼ばれる貝殻状のセラミックを取り付ける方法です。
クラウンに近いものがありますが、こちらはネイルアートの付け爪のようなものです。
オールセラミック同様、すべてセラミックでできているためきれいに仕上がります。
歯間離開や変色した歯、矮小歯などで多く使用されます。

リコール
リコールとは、歯科用語において、治療後の定期健診、または定期健診の案内のことをいいます。
定期健診では、検査や予防のための消毒などを行います。
来院を促す手紙のことをリコールカードとも呼びます。

リコール
リーマーとは、根管治療で歯質を削り取る器具のことをいいます。
似たようなものにファイルという器具があります。先端の形状が異なっているだけで、用途や使用方法等はリーマーとほぼ同じです。
根管治療時に、リーマーやファイルが折れて歯の中に残ってしまうことがあります。
除去するのは可能ですが、難しい場合もあります。
しかし、残っていても害があることは少ないです。
ですが念のため、数ヵ月後にレントゲンを撮って、細菌感染していないか確認した方がいいかもしれません。

ルーター
ルーターとは、高速で回転するヘッドを持つ器具のことです。
歯科技工用ルーターは歯を削る際に使用します。
作業によって先端のパーツ(ポイント)を取り替えることができます。
ユニットについているものではなく、持ち運び可能です。
歯科技工用ルーターを、模型製作などで代用して使用することもあります。
ちなみに、インターネットに繋ぐルータとは同じスペルですが無関係です。

ルートプレーニング
ルートプレーニングとは、スケーリング後に行う、歯周病の初期治療です。
意味は「根を平らに削る」。
スケーリングを終えても歯根表面には、歯垢により汚染・軟化されたセメント質や象牙質が付着しています。
それを専用の器具により取り除き、歯根表面を硬く平滑にします。
そうすることにより、歯垢が付きづらくなります。

レジン
レジンとは、合成樹脂、プラスチックの一種です。
レジンにも、硬質レジン(コンポジットレジン)や軟性レジンなど様々な種類があります。
見た目が白く、被せ物や詰め物の材料として、よく歯科では使われます。
しかし、劣化しやすく変色をしてしまうというデメリットもあります。
それに変形もしやすいため、2次カリエスの危険性が最も高いとも言われています。
詰め物などで使用する際は、保険適用ができます。

レセコン
レセコンとは、レセプトコンピュータの略で、レセプト(診療報酬明細書)を作成するコンピュータのことをいいます。
診察の点数の計算などをコンピュータで行い、プリンタでレセプトを印刷することが可能です。

レセプト
レセプトとは、医院などからもらう診療報酬明細書、処方箋のことです。単にレセとも呼ばれます。
・診察日
・保険者番号、保険証記号番号    
・患者の名前や生年月日
・病名
・診断の回数
・処置、薬の内容や数量
などが記載されています。
患者にはレセプト開示請求の権利があり、医院などはこれを拒むことがせきません。

レーザー治療
レーザー治療とは、歯科用レーザーで行う治療のことです。
この治療の主な特徴は、不快な音がなく痛みが少ない事です。それに短時間で治療が終わるため、これまでの治療が苦手な人にはお勧めです。
レーザーには殺菌効果があるため歯周病治療にも使われ、むし歯治療の他にも、歯石の除去や歯茎の黒ずみ、口内炎や知覚過敏にも効果があり非常に多方面の治療に使うことができます。
「エルビウム・ヤグ・レーザー」、「ネオジウム・ヤグ・レーザー」、「低出力半導体レーザー」、「炭酸ガスレーザー」、「ダイアグノデント」などの種類が歯科の治療に使われており、それぞれ違った特性をもっています。
保険適用外となります。

レ充
レ充とは、レジン充填の略です。
むし歯を削った後の穴に、コンポジットレジンの詰め物を入れることをいいます。
保険適用可能で、多くの詰め物に使われます。

乱杭歯(らんぐいば)
乱杭歯(らんぐいば)とは、重なり合っている歯の生え方のことを言います。
八重歯、叢生とも呼ばれます。

婁孔(ろうこう)
婁孔(ろうこう)とは、歯ぐきにできるできもののことです。

歯科用語集 わ

矮小歯(わいしょうし)
矮小歯とは、通常の歯と比べて、大きさが異常に小さい歯のことをいいます。
わいしょうしと読み、小歯症とも呼ばれます。
円錐状の形をしていることが多く、過剰歯である場合も多いです。
オールセラミッククラウンなどの被せ物やラミネートべニアによって治療する(隠す)ことが可能です。

ワイヤー
ワイヤーとは、歯列矯正やクラスプに使われる針金のようなものです。
チタン合金やステンレスなどの金属を主に使います。
ワイヤーで行う歯列矯正のことをワイヤー矯正といいます。

ワックス
歯科用のワックスとは歯科治療の用いられる蝋(ろう)のことである。目的によって様々な種類があるが、技工物の中間製作物として用いられることが多い。
鋳造のためにロストワックス法の材料となる他、咬合採得の際に上下の顎間関係の記録などにも用いられる。

歯科用語集 0-9

0-9

2次カリエス
 2次カリエスとは、二次齲蝕(にじうしょく)ともいい、一度被せ物や詰め物で治療した歯がもう一度むし歯になることをいいます。
 一度治療した歯は他の歯に比べむし歯になりやすく、被せ物や詰め物との境目から徐々にすき間ができてきます。
 治療後の歯は特にプラークコントロールを気にして、2次カリエスを予防しましょう。

3DS
 3DSとは、Dental Drug Delivary Systemの略で、歯周病などの予防処置の1つです。
まず初めに口の中の健康状態を検査をします。
 その後、バイオフィルムという歯の表面についている細胞膜を除去し、薬などへの耐性を失くしてから、薬剤を塗り直接作用させます。
これにより、むし歯や歯周病の原因菌を除去することができます。
 3DSを行った後も、きちんと毎日プラークコントロールをすることによって、むし歯や歯周病を長く予防できます。
 菌を除去するため口臭予防の効果もあります。

3Mix-MP法
 3Mix-MP法とは、薬剤を用いてむし歯菌を殺し、むし歯を治す治療法です。従来のむし歯治療より削る量が少なく、痛みが少ないのが特徴です。また、神経を残せる可能性があります。
 3種類の抗生剤(3Mix)とマクロゴール(M)とプロピレングリコール(P)を混ぜた薬剤を使用するため、これらすべてを合わせて3Mix-MPといいます。
 病巣無菌化組織修復療法とも呼ばれます。

8020運動
 8020運動とは、80歳になっても20本以上の歯を保持させようという運動のことです。
厚生労働省や日本歯科医師会により推進されています。
 スウェーデンではすでに8020運動を達成しており、アメリカやオーストラリアは2010年、日本は2030年から2040年に達成すると言われています。
 80歳で20本以上の歯を持っていると、それ未満の人に比べ活発という報告もあります。
予防の定期健診が重要になります。

2013年3月11日

書籍のご案内

吉村歯科医院では、歯科医院のサポートも行っています。今までの治療に主眼を置くのではなく、患者さんの立場に立って歯の治療をし、いつまでもおいしく食事をしていただくことが私たちの願いです。そのためのシステムを公開しています。なぜなら医療サイドと患者さんとの間には、かなりの隔たりがあるからです。このギャップを埋めなければ、治療をしても、長く健康を保つ事は難しいと思われます。歯科医療を患者さんの立場に立った医療にしていくことがこれからの主流になるでしょう。

また吉村院長の執筆記事が掲載されている書籍が書店で販売されております。当医院の紹介や治療コンセプトなどが記載されています。それらの書籍をご希望の方は、当医院の受付でも取り扱っていますので、随時お申込下さい。お電話でも承ります。(TEL 06-6306-2113)

歯周病は体中を蝕む
「歯周病は体中を蝕む!」

歯周病についての解説と治療法。およびドクター27人の紹介。

\1,800

在宅ケア 歯科往診車が街を行く
「在宅ケア 歯科往診車が街を行く!」

歯医者さんも往診OK!訪問歯科と在宅医療をめぐる対談。

\1,200

後悔しないための歯科医院選び
「後悔しないための歯科医院選び!」

(最新の本です。)院長の編著。当医院のコンセプトの集大成!良い歯科医院を選ぼう。

\1,200

治療前に読む本
「治療前に読む本」

50人の歯の悩みを一挙掲載。ジャンル別にドクター45人を紹介。

\2,500

はる・なつ・あき・ふゆ
「はる・なつ・あき・ふゆ」

吉村香代子オリジナル絵本。お好きな絵をカード・名前シール等に印刷もします。

\2,500

おくちげんきかな?おくちのにおい?もうだいじょうぶ!絵本が出ました!「おくちのにおい?もうだいじょうぶ!」「おくちげんきかな?まもれるよおくちのけんこう!」の2冊、星雲社・CDIC出版です。
吉村香代子作です。院長が監修をしております。是非見てやってください!


医院の廊下に図書コーナーを作りました。治療じゃなくてもふらっと立ち寄ってみて下さい。
貸し出しもします。不要な本を持って来て下さるのも大歓迎です。

吉村歯科医院のホームページにようこそ

院長紹介私は院長として、当院の若いスタッフが地域の皆様との関わりを通し、「本当に必要とされる歯科医療とは何か」を学ぶことによって成長させ、いつか当院で育ったスタッフたちが数多くの患者さんのため歯科医療による地域貢献に活躍できることを願っています。

その為、歯科医療の知識や技術の向上のみならず、地域の総合歯科医院として患者さんのさまざまなニーズにきめ細やかな対応ができるよう、治療の前のコミュニケーションを大切にし、お話に声に耳を傾け今の歯の状態やご要望、患者さんのお気持ちを十分に理解することをスタッフ全員が心がけております。

また、ご高齢の患者さんにも、安心していただけるような、わかりやすい表現や優しい話し方にも心がけ、お子さんの患者さんにも楽しんで通院していただけるような歯科医院を目指し、スタッフと共に日々切磋琢磨しております。

良い機械や往診車など、地域の患者さんのためになる設備投資にはお金を惜しまず、できるだけ努めてまいります。特に、歯が悪くても治療に来ることができず、食事や痛みで困っている人は一人でも多くお助けしたい。往診による通院が困難なご高齢の方や障害者の方への対応は、これからもますます強化していきます。

患者さんのご希望やご意見をお伺いすることが、何よりも当院の糧となります。些細なことでもご要望がありましたら、お気軽にスタッフまでご相談ください。地域に根ざし患者さんと末永いお付き合いをさせていただくため、これからもスタッフ一同全力で努力してまいります。

歯医者になったきっかけ

院長紹介私はこどもの頃から、ブロック遊びなど細かく、コツコツする遊びが好きでした。小学校に入り、人体の不思議や生物の映画などに目覚め、そのころから漠然と医療にかかわる仕事がしたいと思っておりました。

自分の細かい作業が好きな性格を活かせる思い、歯学部を選びました。歯医者になってからも土日返上で学び、自分が理想とする歯科医療提供のため若いうちに開業をしました。

院長紹介当時は人生経験の少ない若造でしたから、開業当時はさまざまな失敗や苦労がありました。でも、そんな私を今日まで支え続けてくれたのは、何よりも地域の皆様の優しい心遣いだと思っています。

私も今では20名以上のスタッフを抱え、若い世代を育てる立場となりました。若いころから私を支えてくれた、この地域の皆様に歯科医療を通し恩返しをしなければならいないと思っております。

チーム力を大切にしている歯科医院

ミーティングlgi01a201412270700.jpg歯科医師の考え方はさまざまですが、私は1人の医師が診ることができる患者さんの数は限られているとおもっています。地域に幅広く貢献するための歯科医療をモットーにしている私は、チーム体制による歯科医療の提供を選択しました。

数多くの患者さんに対しきめ細やかな対応をするため総勢20名以上のスタッフによる体制を整えていますが、スタッフ一人ひとりの個性を活かし、それぞれが自分の能力を最大限に発揮できる職場にしたいと思っております。

私が若かりし頃、この地域の皆さんに支えていただき、成長させていただいたように、今度は私が若い世代を成長させる番。お互いを刺激し合い、共に成長していくスタッフの姿が、今では私の生きがいになっています。

私が長年培ってきた歯科医師としての知識や経験を数多くの若いスタッフに継承し、育てていくことで、将来的にこの地域にも当院のようなチーム体制の歯科医院が増え、本当に困っている患者さんを一人でも多く救うことできればと考えています。

また、当院の若いスタッフにも地域の方への感謝の気持ちを大切にしてもらいたいのです。当院が成長することで、この地域の歯科医療の向上にも貢献することができると信じておりますので、今後も使命感をもって取り組んでまいります。

院長プロフィール

yy.jpg
医療法人若葉会
理事長/吉村禎浩(ヨシムラ ヨシヒロ)

【経歴】
1956年1月25日生まれ(B型・みずがめ座)
1982年 岐阜歯科大学 卒業(現朝日大学)
1984年 吉村歯科医院 開業
2008年 医療法人若葉会 吉村歯科医院 設立

吉村歯科医院では、自分が受けたい治療、もしくは家族にしてあげたい治療を心掛けています。歯を失う二大疾患である『虫歯』と『歯周病』は防げます。メンテナンスをして、ご自身の歯を大切にして下さい。
当医院では適切な治療とケアでお口の健康を守ります。

【経営理念】
『来院者とチームメンバーの幸せの輪を広げる』

【ミッション(使命)】
『安心と信頼のある歯科医院作りを目指す』

【所属学会・研究会】
O.A.M先進インプラント認定医
顎咬合学会認定医
国際審美学会会員

院長プロフィール

総勢20名以上のスタッフが真心を持って治療に専念いたします

総勢21名のスタッフ


当院は総勢20名以上のスタッフが力を合わせて患者さんの治療にあたらせていただいております。

スタッフ一人ひとりが、それぞれの役割において真心をもって暖かさと安心感のある歯科医療サービスをご提供するよう努めております。また、当院では毎朝、診療前にスタッフ全員による朝礼を行いスタッフ間のコミュニケーションを充実させております。


一人でも多くの患者さんが当院のファンになっていただけるよう、礼儀を大切にしながらも明るく親しみやすい雰囲気づくりを心がけておりますので、スタッフとのコミュニケーションを楽しみながらリラックスしたお気持ちでお通いいただけばと思います。

通院できない方のために専用の往診車でお伺いします

5107_IYM_121012.jpg
吉村歯科医院では、介護を受けていらっしゃる方や、身体が不自由な方、高齢のため外出できない方、施設に入所中または入院中の方のために訪問歯科診療を行っております。

【当院の訪問歯科診療の特徴】専用車両でお伺いします

往診車吉村歯科医院が所有する専用車両にはタービンやバキューム、レントゲンなど訪問歯科が可能な設備を整えておりますので、最適な歯科診療を提供することが可能です。

 訪問歯科診療には当院の歯科医師と歯科衛生士がお伺いし、治療やお口の中のクリーニングについてはケアマネージャー様、ご家族様と連携をとって行っていきます。また、保険が適用されますので安心してご依頼いただけます。

要介護者の方ほどお口の中のケアが必要です

訪問歯科悲しいことですが、嚥下能力が低下した高齢者の方の中には、お食事の際の誤嚥により細菌が気管や肺に入ることで起こる誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)でお亡くなりなる方が多数いらっしゃいます。その為、高齢の要介護者の方の口腔ケアは特に大切です。

当院の訪問歯科では虫歯や歯周病の治療や予防、義歯の作成・調整・修理などを行い、お口の中の専門的なケアをさせていただいております。

お口の中を清潔に保ち、細菌を減らすことで誤嚥性肺炎のリスクを低減させることができますので定期的に往診による診療を受け、ご高齢の方が長い間快適に食事ができるためにお役立てください。

また、当院は歯科技工士が常駐しているため、入れ歯の修理についても往診の際にご相談いただけます。早期に修理させていただき、届けに上がって装着まで丁寧に行っておりますのでお気軽にお申し付けください。

往診専門の事務局をご用意しております
当院では、当院から半径16キロ圏内(北は箕面市、南は堺市北部、東は四條畷市西部、西は西宮市東部まで訪問可能)のエリアを対象に訪問歯科診療を行っております。

往診専用の事務局をご用意し、患者さんやご家族の方のさまざまなご要望に迅速なお応えできるよう2班の訪問歯科診療チームで対応させていただいております。

当日のご依頼など急なご要請にも極力お応えできるよう努めておりますので、お気軽にご相談ください。当院の訪問歯科診療をご利用いただいている患者さんの多くはご高齢の方ですが、障害者や車椅子の方についても対応しております。

車椅子に乗ったままで診療する車内まで移動できるリフト付きの歯科往診車でお伺いいたしますので、患者さんのお体のご状態などにあわせた対応も可能です。

口腔ケア勉強会口腔ケア勉強会
当院では、ケアマネージャー様、ヘルパー様、介護事業所のスタッフの皆様を対象に、院長をはじめ、訪問歯科診療の経験豊富な歯科医師、歯科衛生士が、ご利用者様のお口の健康を守るための口腔ケア勉強会を実施しております。

当院のスタッフは訪問歯科の勉強会に数多く参加し、常に新しい経験と知識の習得に努めております。
口腔ケアの基礎的な部分から、実際のケア方法、最新の現場事情など施設に新しく入職された方からベテランの方まで幅広くご活用いただけるノウハウを丁寧にご指導致しますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

ご依頼から治療まで

step1.お申込み
患者さんご本人および、ご家族、介護事業様からのお申し込みお電話とファックスにて受け付けております。
お申込みについては当院の往診専用窓口までお願いします。
【担当直通電話】   090(5643) 3086
【往診専用ダイヤル】 06(6886)0957 
【往診専用FAX】   06(6886)0957 (24時間対応)

次へ
step2.訪問(初診)
患者さんのご自宅、または施設まで、当院の歯科医師と歯科衛生士が往診車でお伺いします。お口の中を診察した後、患者さんにあわせた適切な対応を検討します。
※お持ちの保険証のご提示をお願い致しますので、ご用意をお願い致します。

次へ
step3.ご説明、ご相談
診察結果をご説明させていいただき、治療方針についてご相談させていただいた上で、患者さんの健康状態やご状況にあわせた治療計画を立案しご提案いたします。

次へ
step4.治療
患者さんに治療方針をご了解いただきましたら、具体的な治療を進めてまいります。
治療はご状況にあわせ、ご自宅、もしくは施設内で行います。

次へ
step5.訪問定期検診
お口やお身体の健康維持のため、治療後も定期的な健診とスタッフによるお口のケアをおすすめしております。定期検診の時期や期間などは、担当の歯科医師、歯科衛生士とご相談ください。

訪問歯科治療の費用

在宅サービスの場合※老人保健1割負担の場合

診療・治療費(治療に応じた金額)
       +
訪問歯科診療費・・・・・870円/1回につき
       +
居宅療養管理指導費(介護保険適用)

※居宅療養管理指導は代替性のないサービスですので、ケアマネージャー様が立案されるケアプランのメニューに入れる必要はなく、また給付限度額に左右されないメニューとなります。

・初診の方       ・再診の方
1回目・・・503円  1回目・・・855円
2回目・・・855円  2回目・・・855円 
3回目・・・352円  3回目・・・352円
4回目・・・352円  4回目・・・352円
5回目・・・352円
合計 ・・・2,414円/(1カ月最大)


※訪問歯科のご利用は通院困難な方が対象です。車イスの方も対象になります。
※他の医療費も含めて医療費控除の対象となります。


【一割負担の方の場合の治療費目安】
・前歯又は奥歯を1本抜いた場合
 約1,500円(居宅)/約900円~約1,200円(施設)
・虫歯治療(1本詰める場合)
 約1,500円(居宅)/約1,100円(施設)
・義歯(入れ歯)
 総義歯上下セット  約10,000円~約12,000円(合計:居宅)
           約8,000円~約10,000円(合計:施設)
・義歯調整
           約1,000円~約1,500円(1回:居宅)
           約700円~約1,000円(1回:施設)

※治療の回数や金額は、個人差があり回数や金額が増えることもございますので、あらかじめご了承下さい。

無料訪問歯科検診

吉村歯科医院ではご家族様や患者様、病院・介護関係者様からの依頼によるお口の健康を常に保つための無料訪問歯科検診を行っております。

歯科 医師とスタッフが専用往診車にて訪問し歯の健康状態を無料訪問歯科検診いたします。「歯の健康が気になるけれど歯医者にいけない」「通院できる状態ではない」などでお悩みの方は是非ご利用ください。

お気軽にお電話、FAXまたはインターネットからお申し込みください。

※FAXの場合は下記の申込書をダウンロードして、お申込み下さい。

無料訪問歯科検診 申込書.pdf

様々な病気の元になり得る噛み合わせの補正を見逃さないで下さい

顎補正

あごは食べ物を噛み砕き、開閉や上下に動かすことで発音を調整する役割の他にも、私たち人間の姿勢をコントロールするという重要な役割を担っています。

人間は無意識のうちに、下あごの位置をずらす事によって大きく姿勢をコントロールしているのです。運動や姿勢の変化に合わせ、噛み合う位置を微妙に変化させ必要な姿勢を支える、上あごと下あごは上下合わさった全体で「一つの特殊な関節」と呼ぶことができます。

噛み合わせが悪いとどうなるのか

顎補正噛み合わせの不具合を放置すると体に多大なストレスと悪影響を与えます。下の図は正常な状態と、噛み合わせが合わない事により、あご部分が右に傾斜した場合の身体のバランスを表しています。

下あごがわずかに数ミリ左にずれただけで、あご全体が右に傾斜し頭部の重心がほんの少しですが、右にずれた状態になります。このわずかなズレによるバランスの崩れを補うためずれた重心とは反対方向へと首が傾き、肩、背骨、腰、足などが反射的に歪んでいきます。

これを改善する為には、ずれの原因である噛みあわせのずれを正しい状態に戻さなければなりません。本来のバランスを崩した状態が経常的に続くと身体には様々な異変が起こります。

噛み合わせの悪さからくるズレが巻き起こす様々な症状
【身体的不具合】
・首、肩、背中のコリや痛み
・腕の痛みやしびれ
・内蔵全般の不調 
・便秘
・冷え性
・猫背
・腰痛
・視力低下
・睡眠時無呼吸症候群 
・生理痛・生理不順 など

【精神的不具合】
・集中力の低下
・イライラしやすくなる
・欝や無気力
・他人に対して攻撃的になる
・引きこもる など

歯周病、虫歯予防、知覚過敏症など多くの治療で大活躍

レーザー治療

レーザー治療は、歯周病や虫歯の治療において、体への負担も軽く素晴らしい効果を期待できる治療法です。最近、マスコミでも話題になっておりますが、設備投資に高額な費用が必要であることから、歯科医療の現場における普及率はまだ20%ほどしかありません。

ネオジウム・ヤグレーザーを2台完備し、歯を失う2大疾患である虫歯と歯周病の治療について素晴らしい成果を上げています。レーザーによる治療をご希望される患者さんはお気軽に当院までお問い合わせください。

レーザー治療による治療対象
【歯周病】
歯槽膿漏について素晴らしい効果を発揮します。かなり進行している場合でも、約2ヶ月で改善することができます。

【虫歯予防及びホワイトニング】
虫歯予防、歯の表面の白濁の改善、歯肉の黒ずみ(メラニン)の改善、知覚過敏症、歯ぐきや親知らずの痛みやはれ、抜歯後の痛み、歯の漂白(ホワイトニング)などへの応用も可能です。

矯正歯科

矯正歯科歯に対する意識が高い欧米では、身だしなみのひとつとして多くの方が子供の頃に矯正治療を受け、パーフェクトスマイルによるコミュニケーションを心がけていらっしゃいます。

近年、歯科医療の発展により、最近は透明なブラケットを使用した目立たない矯正装置や歯の裏側からおこなう舌側矯正装置などの普及により、当院でも年齢に限らず矯正治療をはじめる方が数多くいらっしゃいます。

矯正歯科の目的
・あごの間接への負担軽減
・虫歯や歯ぐきなどの病気の予防
・発音障害の改善
・精神的な障害の予防
・噛む機能の低下による内臓の負担軽減
・あごのゆがみの改善と予防
・体のゆがみの改善と予防

矯正治療の効果
歯列矯正は、見た目を良くするだけではなく、乱れた歯並びや噛み合わせによる心身への負担を取り除き、虫歯や歯周病などのリスクも軽減させます。

外見上のコンプレックスのみならず、いびきや歯ぎしり、舌足らずな話し方にお悩みの患者さんも、歯並びが整うことによって様々な精神的負担から解放され笑顔に自信が持てるようになります。

乱れた噛み合わせは全身の健康にも悪影響を及ぼします。また矯正治療は何歳になっても始めることができますので、歯並びにお悩みをお持ちの患者さんは、ぜひ一度、当院の専門医によるカウンセリングをお受けください。

治療の流れ

step1.コンサルテーション(説明・相談) 
診療時間の30分前に来院いただき問診票にご記入していただきます。治療の内容をご説明し患者さんに十分にご理解いただいた後、お口の型どり、レントゲン、写真などの資料採取をいたします。

次へ
step2.診断
患者さんに適した治療提案するとともに、装置・期間・費用・注意事項などをご説明いたします。お口のコンディションによっては、虫歯や歯周病などの治療を優先します。

次へ
step3.治療開始
ワイヤー装着していただき動的治療に入ります。
2~3週間に一度来院していただき装置を調節して歯を動かしていきます。
※必要に応じて抜歯やの幅を小さくするトリッピングを行う場合があります。

次へ
step4.保定治療
歯が整った後は、後戻りが起きないように保定期間にはいります。保定装置を装着していただきながら、3~6か月に1度の来院いただき、で保定装置に問題がないか、歯に問題がないかチェックしていきます。 その際、歯垢・歯石・着色の除去などのクリーニング行います。

次へ
step5.治療終了
動かした歯のまわりの骨がしっかり固定され、歯並びが安定したら治療を終了します。 ただし、歯並びは矯正するしないにかかわらず経年的に変化していきます。 当院では歯並びが後戻りを防ぐためにも、なるべく長期間保定装置をお使いになられることをおすすめします。

【小児歯科】お子さんの歯を守るために取り組んでおります

小児歯科

当院には、小さなお子さんの患者さんも多く来院されます。当院では3年後、5年後、さらには成人した時のお口の健康までを見据え、丈夫な乳歯を育て、健全な永久歯の育成へとつながるお手伝いをさせていただいております。

ブラッシング指導、PMTC、フッ素塗布を行うとともに、予防的な観点に基づき、この時期に一番大切な食生活や正しい生活習慣のアドバイスなどを通して、お子さんの歯の健康について親御さんといっしょに考え実践していきます。

【当院の小児歯科の特徴】歯医者さん嫌いにしないために

小児歯科歯医者さん嫌いにしないためにも、たとえお子さんであっても、治療前に歯科衛生士が時間をかけコミュニケーションをとり、歯科医院に慣れていただくよう努めております。また最後まで頑張って治療を受けた後は、おもちゃのご褒美をお渡ししています。

お母さんの治療中もスタッフみんなでお子さんのお相手をしています。帰省の度にお子さんと一緒に来院されるお母さんや親子3代でお越しになる患者さんも少なくありません。

また当院のスタッフはみんな子供好き。お子さんであっても楽しく安心して治療をお受けいただけます。

【当院の小児歯科の特徴】お子さんの虫歯予防の原点

お子さんの虫歯予防虫歯菌であるミュータンス菌は生後10ヶ月~31ヶ月の間主に母親から感染します。

・母親のお口の中に虫歯の原因であるミュータンス菌が大量にいること
・お子さんがショ糖をたくさん摂取していること

この2つの条件がそろうと強く感染し、生涯にわたって虫歯菌を大量に持ったまま過ごしていかねばならないリスクを抱えてしまいます。

反対にこの時期を無事に過ごす事が出来れば、虫歯にとっての善玉菌であるサングイス菌が定着しやすくなって、虫歯になりにくいお口となっていきます。甘いものを控え、お母さんのお口のお手入れもしっかり行うことがお子さんへの健康にもつながります。

【当院の小児歯科の特徴】小児の虫歯予防の対策『フッ素』

PMCT小さなころは少々の磨き残しがあるのは当たり前のこと。この時期に大切なのは、上手に磨く事よりも、自分の歯を大事にする心を育むことです。

当院では、スタッフと一緒に遊びを通しながら、歯磨きをすることの楽しさ、気持ちよさをお子さんに学んでいただいております。

また、お子さんに歯を硬く、強くするフッ素の塗布を行っておりますが、歯の表面が汚れていると、フッ素の虫歯に対する抵抗性を効果的に働かせることができません。

お子さんにも、専用の機械で、歯の表面にある「バイオフィルム」細菌の膜を取り除くクリーニング(PMTC)を施し、歯にフッ素が浸透するよう治療をしています。

ホワイトニングでより素敵で白い歯を手に入れましょう

ホワイトニング

ホワイトニングは歯の美白ともいえる治療方法です。白い歯と美しい口元は笑顔を最高に輝かせます。普通のお手入れでは実現できない自然な白さをホワイトニングで手に入れましょう。

歯を白くする方法は毎日のお口のお手入れや歯科医院で行うクリーニンからはじまり、ネイルチップのような薄い歯を貼り付けるラミネートべニア、歯科医療用の白いプラスチック溶液を歯の塗って仕上げるイレクトボンディングなど、さまざまです。

当院では男女を問わず、幅広い年齢の患者さんがホワイトニングによって、若々しく美しい口元を手に入れられています。当院ではクリーニング、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングの中から患者さんにぴったりな治療方法をご提案しております。

【クリーニング】

クリーニングクリーニング単独での施術も行いますが、当院ではホワイトニングを行う際の前処置として必ずクリーニングをおこなっております。歯石やステインと呼ばれるタバコやワインの成分による歯の着色はホワイトニングでは取ることができません。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)(保険不適用)
PMTCとはプロによる歯のクリーニングのことで、専用の器具を使い歯の表面に付着したステイン等の汚れを機械的に取り除くことです。クリーニングの目的は予防にあり、治す治療ではないため、保険の適用はされません。

歯石取り(保険適用)
自宅で行うブラッシングでは取りきれない歯石を専用の器具をつかって取り除きます。単純な歯石取りは保険が適用されております。

【ホワイトニング】

ホワイトニングとは、歯の内部に作用して、歯そのものの色調を、薬剤で科学的に白くコントロールする治療法です。

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニング
歯科医院のスタッフによるホワイトニング方法で、特殊な薬液を歯に塗り付け、レーザーなどを当てて薬剤の効果を高めるため1~2時間ほどで歯を白く出来ますが、ご希望される白さに至らなかった場合は、数回通院していただく場合があります。

また高濃度な薬液を使用するため、前歯以外のホワイトニングは行えません。

ホームホワイトニングホームホワイトニング
患者さんの歯型に合った専用のマウスピースにご自身で薬剤を塗りこみ約3~4週間、就寝中などに装着することで歯を白くする方法です。ゆっくりと白くしていくため、持続性に優れていることが特徴です。

低濃度の薬剤を使用するため、患者さんの都合に合わせた時間にいつでも行うことができます。

【ホームホワイトニングの費用】
・全顎      30,000円(税別)
・追加ジェル1本 3,000円(税別)

【治療の流れ】
●STEP1
お口の中を診察し、クリーニングによってステインや歯石などの汚れを除去します。
※歯周病などお口のコンディションによっては治療を受けていただく場合があります。
※PMTC(歯のクリーニング 保険適用外 : 別途費用がかかります)
※期間限定スペシャルクーポン
※印刷した用紙、または画面を受付までご提示ください。
次へ
●STEP2
患者さんのお口の型を採取し、マウスピースを作成いたします。
次へ
●STEP3
使用方法のご説明をしたのち、完成したマウスピースを含むホワイトニングキットをお渡しいたします。
次へ
●STEP4
歯科医師の指導に従って、ご自宅でホワイトニングをしていただきます。1カ月後に確認の為ご来院下さい。

デュアルホワイトニング
オフィスとホームを組み合わせ、双方の利点を活用した効果的なホワイトニングです。オフィスホワイトニングで歯を白くしたあとホームホワイトニングでしっかりと色を定着させるため、白さが長持ちします。

ホワイトニングの中で最も短期間で歯を白くすることができますので、当医院ではより早く確実なホワイトニングを希望される患者さんにおすすめしています。

【デュアルホワイトニングの費用】
・片顎      50,000円(税別) 
・全顎      100,000円(税別)
・追加ジェル1本 3,000円(税別)

【治療の流れ】
●STEP1
お口の中を診察し、クリーニングによってステインや歯石などの汚れを除去します。
※歯周病などお口のコンディションによっては治療を受けていただく場合があります。
次へ
●STEP2
患者さんのお口の型を採取し、マウスピースを作成いたします。
次へ
●STEP3 
使用方法のご説明をしたのち、完成したマウスピースを含むホワイトニングキットをお渡しいたします。ご自宅でホワイトニングを進めてください。
次へ
●STEP4
1週間毎にご来院いただき、医師によるホワイトニングを受けていただきます。

【審美歯科】見た目の美しさにフォーカスした歯科医療

審美歯科

審美歯科とは、見た目の美しさにフォーカスした歯科医療です。近年、当院にも、白い歯に対して高い意識をお持ちの患者さんが数多く来院されるようになりました。

当院では、そんな患者さんのご要望にお応えするため、見た目の向上はもちろんのこと、本来の歯やお口の役割に弊害を与えることなく、機能面においてもしっかりとした考えた診療をおこなっております。

また、患者さんに安心して治療を受けていただくためにも、パソコンを使った歯の一生で治療できる限界をご説明をするとともに、治療後の不具合にも対応した5年間の保証制度を導入しておりますので、治療をご検討されている方はお気軽に当院までお問い合わせください。

【審美歯科】保証書

当院では治療後の不具合にも対応した5年間の保証制度を導入しております。
また、下の保証書もお渡ししておりますのでご安心して治療を受けていただくことができます。

【 保証書 表 】
保証書 表.png

【 保証書 裏 】
保証書 裏.png

※保証書のデザイン・内容は変更する場合もございます。あらかじめご了承ください。

【当院の審美歯科の特徴】院内の歯科技工士が責任をもってお作りいたします

歯科技工士総合的な歯科医療をご提供している当院は、歯科技工についても院内で行っております。治療前の診察の段階で、歯科医師と院内の歯科技工士が連携を取ることで、微妙な色合わせや噛み合わせの問題についても細やかな調整をすることが可能です。

当院の歯科技工士は、どんな患者さんの被せものについても、「モノ」ではなく「身体の一部を使っている」というプライドをもって作成にあたり、また患者さんのお口の中に装着する際には同席し、仕上がりを入念にチェックさせていただいております。

審美歯科をお受けになる全ての患者さんにご満足いただけるよう、当院自慢のチーム力を最大限に活用し責任をもって対応させていただいております。

当院でお選びいただける審美歯科治療

オールセラミックス【オールセラミックス】
オールセラミックスはその名の通り全てセラミック(陶器)で作られた被せものです。金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心してお選びいただけます。また透過性に優れ、天然歯に近い大変きれいな仕上がりになるため、見た目を気になさっている方に最適なる方法です。

【オールセラミックスの長所】
・金属アレルギーの方でも安心して使用できる
・審美性(見た目)に非常に優れている
・耐久性に優れている
・摩耗しにくい

【オールセラミックスの短所】
・自費診療となるので治療費が比較的高い

メタルボンド【メタルボンド】
メタルボンドは、内側は金属、外から見える表面にセラミック(陶器)を使った被せものです。耐久性に優れるため、幅広いケースに対応できることが特徴です。また金属部分を貴金属にすることで金属アレルギーの発症を少なくすることもできます。

【メタルボンドの長所】
・さまざまなケースに対応可能
・色や透明感が天然の歯に近い
・摩耗しにくい
・耐久性に優れている

【メタルボンドの短所】
・歯科医師にある程度の技術が必要とされている
・自費診療となるので治療費が比較的高い

ハイブリッドセラミックス【ハイブリッドセラミックス】
ハイブリッドセラミックスは、陶器の審美性と耐久性と硬質レジンの扱いやすさを融合した素材で作られた被せものです。この素材は、ブリッジやインプラントの人工歯部分にも使われるほど幅広い対応力を誇ります。また金属もいっさい使用されておりません。

【ハイブリッドセラミックスの長所】
・変色しにくい
・摩耗しにくい
・天然歯に近い硬さがあり、歯にやさしい
・金属アレルギーの方にも安心して使用ができる
・扱いやすく修正が容易

【ハイブリッドセラミックスの短所】
・自費診療となり高額
・場合によっては経年劣化が早く審美的が数年しか保てない

硬質レジン保険診療が適用される審美歯科治療
保険適用内の診療では、プラスチック性の硬質レジンという被せものを使用します。

【硬質レジンの長所】
・保険適用での治療になるため費用負担が軽い
・扱いやすく修正が容易

【硬質レジンの短所】
・経年劣化による変色がある
・耐久性に乏しく比較的壊れやすい

当院では、患者さんのご要望や条件にあわせ、最適な被せものをご提案しておりますので、詳細はスタッフまでお問い合わせください。

【インプラント】天然歯と変わらない自然な仕上がりを誇る最新治療

インプラント

インプラントはそれが人工の歯であることを忘れてしまうほど、ご自身の歯のように違和感なくお使いいただける、天然歯と変わらない自然な仕上がりを誇る最新で画期的な治療方法です。

【当院のインプラント治療体制1】インプラントだけをことさらにおすすめしません

インプラント当院では何らかの理由で歯を失ってしまった患者さんのご希望によって、選択肢の一つとしてインプラントによる治療をご提案させていただいております。

歯科総合病院である当院ではインプラント治療に必要な検査体制および治療設備を十分に備えております。

また歯科総合病院ならではの多角的な視点から、患者さんのお口の状態をチェックした上で、インプラント治療におけるアドバイスを行なっておりますので、安心して治療をご検討いただくことができます。

【当院のインプラント治療体制2】3次元撮影が可能なCT(3D)による検査

歯科用CT歯科用CT(3D)などの最新設備を使って、神経の位置や顎の状態、ご体調などトータル的にインプラント治療に必要な詳細な診査を行います。治療が可能な場合は、患者さんのご要望に合わせたインプラントの治療計画を立案します。

【当院のインプラント治療体制3】安心な10年間保証

cube-icon_green003.jpg当院ではインプラントを長く安心して使用していただくために、10年間の保証をつけております。ですので万が一、インプラントにトラブルがあった場合でも、無償で再治療をさせて頂きます。ただし、保証に関しては、定期的なメンテナンスを受けていただく必要がありますので、あらかじめご了承ください。

インプラントとは?

インプラントとは?インプラントはそれが人工の歯であることを忘れてしまうほどご自身の歯のように、違和感なくお使いいただける、天然歯と変わらない自然な仕上がりを誇る最新で画期的な治療方法です。

失ってしまった歯の部分顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、かぶせ物をして人工の歯を作ります。また、全ての歯、もしくは数多くの歯を失ってしまった方の場合も、数本のチタンの人工歯根を埋め込むだけで全ての歯を装着することができます。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット・デメリット歯を失ってしまった場合、従来の入れ歯やブリッジによる治療方法は、人工の歯を支えるために健康な歯に負担をかけ、装着感も悪く、噛みづらい、話しづらいといったデメリットがありました。

インプラント治療は、このような従来の治療方法のデメリットを払しょくした、審美性にも優れた画期的な治療方法ですが、治療費が比較的高額であることや、ご状況によってはご要望にお応えできない患者さんもいらっしゃいます。

インプラント治療をご検討させる患者さんは、インプラント治療のメリット、デメリットをご理解いただいた上で、ご判断ください。

【インプラントのメリット】
・自然な仕上がりで審美性に優れる。
・生体と馴染みやすいチタンを使用することで安全。
・チタン製の人工歯根が骨にしっかりと固定されるため安定性が高い。
・「第二の永久歯」と呼ばれるほど、天然の歯と変わらない咀嚼機能が取り戻せる。
・歯を失った個所の顎が痩せることなく、顔の老化を防ぐ
・健康な歯に負担をかけない。
・痛みや違和感がない

【インプラントのデメリット】
・外科手術が必要。
・保険制度が適応されず、自由診療となる。
・維持するために、十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要。
・治療期間が数ヶ月間におよぶ。
・ 強度の糖尿病などの疾患がある場合は適用できない。
※その他にも、お口の衛生状態の悪い方、骨の量や密度が十分でない方、心臓病糖尿病などの全身疾患のある方、妊娠中の方は治療が制限される場合があります。

インプラント治療の流れとは?

1.調査と治療計画
歯科用CTなどの最新設備を使って、神経の位置やあごの状態、体調などトータル的にインプラント治療に必要な詳細な診査を行います。治療が可能な場合は、患者さんのご要望に合わせたインプラントの治療計画を立案します。

次へ
2.フィクスチャー埋入の手術
口腔外科手術によってチタンで作られた人工の歯根(フィクスチャー)を骨に埋めていきます。インプラントに使われるチタンは、生体への親和性が高く、異物反応やアレルギー反応を起こさない素材です。また、当院では確実かつ安全な手術を行っておりますので、安心して治療をお受けください。

また、手術後は、院内でゆっくりと過ごし体調に問題がなければご帰宅いただきます。手術が終わったらすぐに、痛み止めを飲んでいただくため、ご自身でお車の運転していただくことはできません。当日はお車での通院をお控えください。

次へ
3.治癒期間
手術後、約3ヶ月~6ヶ月の間、インプラントが骨としっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

次へ
4.アバットメントの連結
インプラントがしっかり骨に結合されたら、人工の歯の土台となるインプラントの部品(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。必要に応じて、簡単な手術を行う場合もあります。

次へ
5.人工歯の装着
インプラントを入れた状態で、口の中全体の型をとり、その型に従い人工の歯を作製します。その後アバットメントの上に人工歯を装着し、最終的な噛み合わせをチェックした後、問題がなければ治療を完了します。

次へ
6.メンテナンス
インプラントの治療の終了後も、インプラントを長持ちさせ快適にお使いいただくためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。医師の指導に従い正しい歯磨きを心掛け、半年に一度はインプラントの状態をチェックするための定期検診にご来院ください。


インプラントのアフターケア
インプラントは、人工の歯であるために虫歯にはなりません。だからといって、まったく安心というわけではありません。インプラントを末永く快適にお使いいただくためには他の治療と同様に、その後のアフターケアはとても重要です。

人工の歯であっても、インプラント周辺の歯茎に細菌が繁殖すると、「インプラント歯周炎」という病気を引き起こします。当院では、せっかく費用をかけて手に入れたインプラントを守っていただくためにも、しっかりとしたアフターケアをお願いしています。


ご自宅でのケア【毎日行っていただくご自宅でのケア】
毎日、正しいブラッシングを行うのはもちろんのこと、歯間ブラシやデンタルフロスを使用し、歯と歯の隙間にたまった汚れをしっかり取り除いていただくことで、インプラント歯周炎を防ぎ、インプラントを快適に長持ちさせることができます。

【歯科医院で行う定期的なケア】
定期的に専門家によるメンテナンスしてもらいながら、インプラントの状態をチェックし、状態に合わせメンテナンスをしていくことが理想的です。

最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら2、3ヶ月に1回、お口の状態がきちんと保たれているようであれば、その後は6ヶ月に1回程度での定期検診をお願いしています。

【予防歯科】

予防歯科

当医院では定期検診では患者さんの担当歯科衛生士(歯磨きの先生)がお口にあった歯ブラシの選び方から歯間ブラシやフロス併用した正しい磨き方から食生活まで、お口の健康を維持するためのアドバイスさせていただいております。

患者さんのお口の中の状態を熟知したうえで適したアドバイスをさせていただくため、当院では担当衛生士制を導入して以来、当院に通われる患者さんからもご好評いただき、多くの方が当院の定期検診による予防歯科をお受けになられています。

定期的なプロのチェックを受けることが大切です

予防歯科予防歯科に通う習慣が確立されている北欧では、80歳の方でもご自身の歯が20本以上残っていることが普通ですが、日本では平均5本という残念な結果になっております。

このことからもわかるように毎日歯磨きをしていても、大丈夫とは限りません。さまざまな疾患から歯を守るためには、定期的にプロのチェックを受けていただき「磨いている」ブラッシングを「磨けている」ブラッシングに改善することがとても大切です。

当院では、患者さんに末永く寄り添いながら、ともに大切な歯をお守りさせていただきたいとおもっております。ぜひ、当院の予防歯科による定期検診をお受け頂き、患者さんの健康な口元の維持にお役立てください。

定期検診のご案内

大切な歯のために、定期検診を実施しています
定期検診「歯医者とは痛くなってから通うもの」と思われている患者さんが多いのでないでしょうか。実際に治療を終えた多くの方が歯科とは無縁になってしまい、別の場所が悪くってから再び来院されるというのが一般的です。

当院では、さらなる虫歯で通院することがないよう、治療が終了した患者さんについて3~4か月後に定期検診(リコール)のお知らせをお送りしております。

歯や口の病気は、予防と定期的な診断による管理によって防ぐ事が出来ます。当院は、「虫歯や歯周病を治療する所」ではなく、「病気を未然に防ぎお口の健康を守る関所」となることを目指しています。

【定期検診の内容】
所要時間:30分
・虫歯や歯周病のチェックと治療
・歯に付いた歯石の除去
・磨き残し、磨き癖のチェックとブラッシング指導。
・フッ素塗布による虫歯予防
・歯または口腔内に関する相談 等

【メンテナンス】

歯ブラシ.jpg歯周病のような再発率の高い病気については、治療後も定期的なメンテナンスが不可欠です。現在、日本では50歳以上の方の二人に一人が歯周病のリスクを抱えているといわれています。

歯周病の予防には毎日のブラッシングも大切ですが、原因の一つである歯石の除去は患者さんご自身のケアでは限界があります。そのような、自分ではできない重要なケアを歯科医院で行うことをメンテナンスといいます。

当院では、普段のブラッシングでは行えない、磨き残しや歯石の除去などを専門の歯科衛生士が丁寧にケアさせていただきます。歯周病のご経験がある方もない方も、ぜひ当院で今のお口の中のコンディションをチェックしてみてください。

【歯周病治療・歯周病予防】最新の治療とレーザー治療を行います

歯周病治療

当院では、歯科衛生士による歯周病の改善と予防を目的とした施術をご提供しております。

歯周病は自覚症状を感じにいため、症状が悪化しやすくそのために、歯そのものを失ってしまう患者さんも少なくありません。また、体全体の健康にも悪影響をおよぼすことがさまざまな研究で報告されています。

【当院の歯周病治療の特徴】最新の歯周病治療を

最新の歯周病治療歯周病ケアを担当させていただく当院の歯科衛生士は、院内外の歯周病治療の研究会や勉強会に数多く出席し、常に最新の歯周病治療を患者さんにご提供できるよう努めております。

また歯科医師と歯科衛生士が連携を取りながら、歯周病の早期改善に有効なレーザーによる治療も行っておりますので、安全で確実な効率の良い治療をお受けいただくことができます。

【当院の歯周病治療の特徴】ネオジウム・ヤグレーザー

ヤグレーザー当院は、ネオジウム・ヤグレーザーを2台駆使し、歯を失う2大疾患の『虫歯』と『歯周病』に取り組んでいます。レーザー治療は、マスコミにもよく取り上げられるようになってきましたが、普及率は歯科ではまだ20%ぐらいです。普及を妨げているのはまだまだ高価な治療機械だからです。しかしその効果はすばらしいものがあります。

【歯周病への効果】
一番効果を発揮するのは、歯周病(歯槽膿漏)です。かなり進行している場合でも、約2ヶ月で改善します。

初めに患者さんのご希望やお悩みなどをお伺いします

カウンセリング

当院では、患者さんのご希望にそった最適な治療方法をご提案させていただくためにも、治療に入る前にお悩みやご要望、治療に対する不安感など、患者さんの「想い」をしっかりと受け止め、安心して治療を受けていただくことを大切にしています。

丁寧なカウンセリングを行います
初めての患者さんには、診察開始時間の20~30分前にお越しいただき、問診票にお口の中の症状や治療に対する不安や疑問点、既往症や体質など細かくご記入いただいております。

問診票の内容をもとにカウンセリングを行い、より詳しくご要望をおうかがいした上で患者さんにあった治療方針をご説明させていただきます。また、他院を断って来ていただいている場合にはその理由についてもしっかりとヒヤリングさせていただき、患者さんを不安にさせない治療方針をご提案しています。

長持ちする治療のために、自費治療も提案させて頂きます
また、将来的な心身の健康のためにも、保険が適用される治療では限界があると歯科医師が感じた場合には、情報のひとつとして自費診療による治療をご提案させていただくこともあります。

患者さんご自身にどちらが良いかご判断いただいた上で、治療方針を決めてまいりますので、少しでもご不安な点や疑問などがございましたら、お気軽に歯科医師までお問い合わせください。
 

治療方針を分かりやすくご説明します

治療方針当院では少しでも患者さんにご安心いただけるよう、カウンセリングの内容をもとに作成した治療方針についても分かりやすく丁寧にご説明しております。

治療方針をご説明する際には専用のCCDカメラでお口の中を撮影し、治療が必要な部位などをモニターにて患者さんご自身の目でご確認いただきながらご説明をいたします。

当院では、患者さんが納得しない治療を押し付けることは決していたしません。患者さんが治療方針を深くご理解いただき、ご納得いただいてから治療をお受けいただきたいと思っておりますので、治療方針についてご不安な点、疑問に思われる点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

【一般歯科】無痛治療(むつうちりょう)を心がけています

無痛治療

小児歯科・矯正歯科・口腔外科といった特殊な歯の治療ではなく、虫歯や歯周病の治療、義歯の作成などを一般歯科で行っております。

【当院の一般歯科の特徴】無痛治療(むつうちりょう)

無痛治療当院では、治療による患者さんへの負担を軽くするために、きわめて痛みの少ない無痛治療を心がけております。痛みは虫歯や歯周病などの疾患によるものや治療によるものの他にも、恐怖感や不安感といった精神的な負担が大きな原因となる場合があります。

合谷(ごうこく)と呼ばれる手のツボを優しくマッサージ
当院では、治療中の痛みを無くすための麻酔を注射する際にも、不安感や痛みを取り除くといわれる合谷(ごうこく)と呼ばれる手のツボを優しくマッサージを取り入れ患者さんにリラックスしていただけるよう配慮しています。
※患者さんの症状によって異なります。ご了承下さい。

電動麻酔器による麻酔注入時の不快感を軽減
また、電動注射器を使い麻酔液が体に入る時の圧力をコントロールすることよって注射時の痛みや不快感を軽減させています。それでも、患者さんが痛みを感じられる場合には、無理に治療を進めることなく、中断させていただくことも可能です。

痛みを感じた場合やうがいをしたい場合は、我慢せずに手を挙げて歯科医師までお知らせください。
 

【当院の一般歯科の特徴】歯を残す治療をモットーとしています

歯を残す治療当院の一般歯科では、症状によっては限界もありますが、少しでも患者さんの歯を残す治療をモットーに、小さな虫歯などの場合は安易に削らず、そのままの状態でも虫歯がそれ以上進まないような処置を優先的に考えて治療にあたっています。

虫歯を削る治療も時には必要ですが、削ってしまったご自身の歯は二度と元には戻りません。治療時間はかかりますが、患者さんご自身の歯を少しでも長くお使いいただくよう努めておりますので、ご理解いただければと思います。

【当院の一般歯科の特徴】自由診療による治療をご提案させていただいております

crown001.png保険が適用される治療のほとんどは「最低限噛めること」が目的とされた治療であり、「きれいな歯」や「快適な噛みごこち」を望まれる方のご要望を満たすことができません。

当院では患者さんのご要望にそった治療結果をご提供するために、場合によっては保険が適用されない自由診療による治療をご提案させていただいております。治療方法や使用する素材などによって金額が変わる場合についても専門のカウンセラーが説明を行ないます。

治療内容や費用について十分にご納得いただいてから治療に入りますので、安心して受診していただけます。ご不明な点などございましたら、気兼ねなくお問い合わせください。

2013年3月 7日

吉村歯科医院/診療理念

吉村歯科医院/診療理念

当院は、歯科医療の提供を通じて、患者さんの人生を豊かにするお手伝いをさせていただいております。お口の中の悩みを解決するだけではなく、再発防止に努めいつまでも健康なお口元を維持できるよう、誰もが満足していただける歯科医療を提供してまいります。

また、患者さんに愛される優しく頼れる歯医者さんを目指し、丁寧な対応と心配りを大切にしながら、どんな患者さんにも満足していただける快適な治療を行ってまいりますので、歯医者さんは苦手という方やご高齢の方も、ぜひ、当院へお気軽にご来院ください。

スタッフがたくさんいることで、結果、良い治療が受けられる
吉村歯科医院/診療理念当院には数多くのお患者さんに十分な説明と丁寧な対応ができるよう、総勢20名以上の歯科医師、歯科衛生士をはじめとするスタッフが在籍しております。また、在籍するスタッフの総合力を活かしたチーム診療により、患者さんのさまざまなニーズにお応えすることを心がけています。

当院のチーム診療は30年余りの歴史があります。在籍する歯科医師同士がお互いの治療技術や知識を共有し、刺激しあい成長しあうことでチーム力を高め、より確実で快適な歯科医療サービスを提供してまいりました。

たとえチーム診療であっても、一人ひとりの患者さんのご要望にあったきめ細やかな対応ができるよう、当院では毎朝朝礼を行い、患者さんのお口の中の状態や治療の進み具合、ご状況やご要望などをスタッフ全員が把握し、より最適な治療のご提供に努めておりますので安心して治療をお受けいただけます。

訪問歯科診療(往診)にも取り組んでおります
また、地域社会貢献の一環として2台の専用車を使っての往診も行っております。寝たきりの方や、急患にも対応しておりますので、当院まで足を運べない方もお気軽に当院にご相談ください。


【7つの安心1】初めに患者さんのご希望やお悩みなどをお伺いします
【7つの安心2】治療方針を分かりやすくご説明します
【7つの安心3】極めて痛みが少ない無痛治療を心がけます
【7つの安心4】歯が長持ちするよう、時間をかけて丁寧に治療します
【7つの安心5】お口の健康を守るための定期検診を行います
【7つの安心6】感染予防のため清潔な環境で治療を致します
【7つの安心7】総勢20名以上のスタッフが真心を持って治療に専念いたします
 

【7つの安心1】初めに患者さんのご希望やお悩みなどをお伺いします

カウンセリング当院では、患者さんのご希望にそった最適な治療方法をご提案させていただくためにも、治療に入る前に、お悩みやご要望また治療に対する不安感など患者さんの「想い」をしっかりと受け止め、安心して治療を受けていただくことを大切にしています。

詳しくはこちら(丁寧なカウンセリング)
 

【7つの安心2】治療方針を分かりやすくご説明します

治療方針当院では少しでも患者さんにご安心いただけるよう、専用のCCDカメラでお口の中を撮影し、治療が必要な部位などをモニターにて患者さんご自身の目でご確認いただきながらご説明をいたします。

当院では、患者さんが納得しない治療を押し付けることは決していたしません。患者さんが治療方針を深くご理解いただき、ご納得いただいてから治療をお受けいただけるよう取り組んでおります。

詳しくはこちら(治療方針を分かりやすくご説明)
 

【7つの安心3】極めて痛みが少ない無痛治療を心がけます

無痛治療歯科治療に対する不安を少しでも和らげるため、当院では麻酔の際にも、患者さんの手を軽くマッサージしながら注射を行っています。

また治療中も、患者さんが痛みを訴えられたときにはすぐに中断し、無理に治療を進めることはありませんのでご安心ください。

詳しくはこちら(一般歯科・無痛治療)
 

【7つの安心4】歯が長持ちするよう、時間をかけて丁寧に治療します

歯が長持ち当院では、少し揺れているくらいの歯をすぐに抜くことはいたしません。患者さんの歯をなるべく抜かず、できるだけ削らずにそのまま活かすことができるよう、一本一本丁寧に治療をしておりますので、治療時間が多少長いと思われるかもしれません。

当院の歯科医師は患者さんご自身の歯が、生涯に渡り一本でも多く、少しでも長く健康に保っていただけるよう努めておりますことをご理解いただき、ぜひ頑張って治療を続けていただければと思います。

詳しくはこちら(歯を残す治療)
 

【7つの安心5】お口の健康を守るための定期検診を行います

予防歯科当院では治療が終わり健康な歯を取り戻した後も、その健康を維持していただくため、定期検診のご案内をお送りしております。毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、たばこ、コーヒーなどの特殊な汚れ虫歯の原因菌などはご自身では落としきれない場合がありますので、定期的なプロのチェックを受けることが大切です。

当院では歯科衛生士について担当制を導入しております。毎回の定期検診の際には患者さんを担当させていただく「いつもの衛生士」が責任をもってお口の中の状態をチェックさせていただいております。

詳しくはこちら(予防歯科)
 

【7つの安心6】感染予防のため清潔な環境で治療を致します

感染予防当院では感染予防のため、治療器具の滅菌消毒はもちろんのこと、紙コップ、紙エプロンなど使い捨てにできるものは極力、患者さんごとに新しいものをご提供させていただいております。

歯科医師、歯科衛生士が使用する手袋についても患者さんごとに交換しておりますのでご安心ください。
 

【7つの安心7】総勢20名以上のスタッフが真心を持って治療に専念いたします

HP用2017.JPGスタッフ一人ひとりが、それぞれの役割において真心をもって暖かさと安心感のある歯科医療サービスをご提供するよう努めております。また、当院では毎朝、診療前にスタッフ全員による朝礼を行いスタッフ間のコミュニケーションを充実させております。

詳しくはこちら(総勢20名以上の専門スタッフによる診療)


2012年6月 « トップへ » 2013年4月


コールバック予約

PAGE TOP