トップへ » 院長紹介・経歴 » 歯科用語 » 歯科用語集 た

歯科用語集 た

タービン
タービンとは、歯を治療するときに使うもので、ユニットにとりつけてある回転して削る器具のことです。
エアタービンともいいます。
独特のキュイーンという音がし、この音によって歯科治療を嫌がる人も少なくないです。
最近ではこのタービンを使わず、音のない治療法としてレーザー治療というものもあります。

ダイアグノデント
ダイアグノデントとは、レーザーを用いて歯を解析する機械のことです。
むし歯の進行具合などを数値にしてみることができます。
肉眼やレントゲンでは発見できない初期う触を発見することができます。
しかし、正確ということではないので、補助的に使われることが多いようです。

ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディングとは、歯の表面にハイブリッドコンポジットレジンを装着し、審美的にする治療です。
歯をあまり削らずに、1日2日で美しくすることができます。
矮小歯やすきっ歯、歯の変色等の治療に使われます。
ラミネートべニアなどと同じ技術ですが、こちらはセラミックではないので比較的安くなっています。
矯正で使われるブラケットを接着剤で歯に取り付ける事も、ダイレクトボンディングといいます。

テンポラリークラウン
テンポラリークラウンとは仮歯のことで、テック(TEK)とも呼ばれています。
治療中の歯に補綴物が入るまでの間、仮に装着する被せ物のことをいいます。

デーモンシステム
デーモンシステムとは、新しい技術の歯列矯正のことです。
デーモンブラケットという特殊なブラケットを使い、痛みが少なく治療期間が短いとされています。
通常のブラケットより通院回数が少なく済むのも特徴です。
通常のメタルブラケットのように目立ってしまったり、歯磨きがしにくいというデメリットがあります。
ブラケットの中では高価な方に入ります。

動揺(どうよう)
動揺とは、歯科用語において、歯がぐらぐら動く状態のことをいいます。
歯槽膿漏や歯牙不完全脱臼になった場合などに起こることがあります。
動揺のない歯と連結固定することで動揺を抑えることができます。
スーパーボンドなどで固定をします。
歯列矯正中は動揺が起きますが、問題はないです。

打診痛(だしんつう)
打診痛とは、歯を軽く叩いた時に響くような痛みのことです。
炎症になっている可能性が高いです。
この他にも、何もしてなくても痛む自発痛、温度や物理的刺激で痛む誘発痛などがあります。

智歯周囲炎(ちししゅういえん)
智歯周囲炎(ちししゅういえん)とは、智歯(親知らず)の周りにできる歯冠周囲炎(歯と歯ぐきの間の歯肉炎)のことです。
英語ではpericoronitis。そのためperico(ペリコ)と呼ばれることが多いです。
親知らずの生え方が悪いと歯肉との間に細菌がたまり、そこから歯肉炎になることがあります。
親知らずの主な痛みの原因です。

知覚過敏(ちかくかびん)
知覚過敏とは、歯の欠損により冷たいものなどが歯に沁みることをいいます。
正式名称は象牙質知覚過敏症です。

脱灰(だっかい)
脱灰とは、歯のエナメル質が溶けることを言います。だっかいと読みます。
むし歯菌が酸を出すことにより、プラーク内のpHが低くなり酸性になります。
酸性になるとはのエナメル質からリン酸カルシウムが溶け出します。
脱灰が続くと、むし歯になります。再石灰化を促し、予防しましょう。

脱離(だつり)
脱離とは、一度治療して取り付けた被せ物や詰め物が取れたことをいいます。
脱離してしまった場合、すぐに取り付けた歯科医院へ行きましょう。
その際、取れてしまった被せ物などをラップやアルミホイルでくるんで持っていきましょう。

茶渋(ちゃしぶ)
茶渋(ちゃしぶ)とは、歯の表面に付く汚れのことです。
お茶や紅茶、コーヒーなどをよく飲む方に見られます。
粒子の細かい歯磨き粉を使用するといいでしょう。
強く擦りすぎると摩耗する恐れがあるので、取りにくい場合は歯科医院に行き、超音波スケーラー等で除去してもらいましょう。
ステインに含まれることがあります。

詰め物(つめもの)
詰め物とは、インレーのことです。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 歯科用語 » 歯科用語集 た


コールバック予約

PAGE TOP