トップへ » 院長紹介・経歴 » 歯科用語

歯科用語集

          0-9

歯科用語集 あ

う歯
 う歯とは、う触になった歯のことで、一般的にはむし歯と言います。

う触
 う触とは、むし歯のことです。漢字で齲触と書きます。

アタッチメント
 アタッチメントとは、入れ歯の種類の1つです。むし歯などで欠損した部分付近の残っている歯に取り付け歯を安定させる装置です。
 表面からは見えないため審美性も高く、安定しているため違和感も少ないようです。
基本的に保険適用外となります。

アバットメント
 アバットメントとは、インプラントする際にインプラント体(歯根側)と上部構造(歯冠側)を連結させる支台装置をいいます。
 インプラント治療は上から、上部構造、アバットメント、インプラント体(フィクスチャー)の3つによって構成されています。

アブセス
 アブセスとは、膿瘍のことです。

アマルガム
 アマルガムとは、補綴物で使われる金属材料の一つです。水銀と他の金属から作られた水銀化合物です。水銀アマルガムとも呼ばれています。保険適用可能です。
 水銀を発生させてしまい毒性があるとされて、現在ではあまり使用されていません。
金属アレルギーや電流なども問題視されています。
その危険性から、アマルガムが訴訟の対象にもなっている国もあります。

ア充
 ア充とは、アマルガム充填の略です。
むし歯を削った後の穴に、アマルガム(銀歯)の詰め物を入れることをいいます。
保険適用可能です。
 しかし、アマルガムのページで説明していますが、アマルガムには毒性があり、現在ではあまり使われていません。

インプラント
 歯科におけるインプラント(デンタルインプラント)とは、歯根治療のことをいいます。
歯が抜けてなくなってしまった所に、人工の歯根(チタン製など)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける外科的な治療法です。
入れ歯などと違い取り外しは不可能で、本当の歯のように扱えるのが特徴です。
 歯根の代わりとなるネジのようなものをインプラント、それを埋め込む手術のことをインプラント治療という場合もあります。
インプラント治療は上から、上部構造、アバットメント、インプラント体(フィクスチャー)の3つによって構成されています。
 少数歯の欠損の治療法には他に、部分入れ歯、ブリッジなどがあります。

インプラント義歯
 インプラント義歯とは、歯単体をつけるのではなく、総義歯などをつけるインプラント治療のことです。通常のインプラント治療のように人工の歯根を打ちこみ、その上に義歯を取り付けます。
 しっかり歯を固定でき痛みなどが少ないですが、値段が高くメンテナンスが必要といった特徴があります。外科的手術を行います。
 保険適用外です。

インレー
 インレーとは、インレイともいい、むし歯の抜き取った後の空洞に入れる詰め物のことです。
主に神経の生きている歯に使用されます。
 詰めるものは一般的に金属(銀歯)やレジン、保険適用外にはセラミックやハイブリッドなどがあります。2次カリエスになる可能性が高いのでアフターケアが大事です。

ウォーターレーズ
 ウォーターレーズとは、従来のタービンの代わりに、レーザーにより加速した水で切断を行う、レーザー治療の一種です。ウォーターレーザーとも呼ばれます。
 高速の水により、むし歯の除去などを行います。痛みが少なく、殺菌効果などがあるのが特徴です。しかし、虫歯の治療時間が長くなるとも言われています。
ウォーターレーズでの治療は保険適用外となります。

エアタービン
 エアタービンとは、歯科治療で歯を削る器具のことです。

エキスト
 エキストとは、抜歯のことです。

エジェクター
 エジェクターとは、治療中に唾液を吸い込む、口腔内バキュームです。機械内部で減圧し,外部の液体を吸引する仕組みです。ユニットの排唾器に差し込んで使います。

エナメル質
 エナメル質とは、歯の表面・歯冠部分を言い、人体でもっとも硬い組織です。97%がハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウム)です。水晶よりも硬いと言われていますが、酸に弱いという性質をもちます。そのため脱灰などにより、リン酸カルシウムが溶けてしまい、むし歯になります。

エプーリス
 エプーリスとは、歯肉腫とも呼ばれる歯肉にできる良性の限局性腫瘤のことです。多くのエプーリスは、炎症性や反応性の腫瘤ですが、腫瘍性のものもあります。放っておくと、腫瘍が歯の位置をずらしたり、歯を溶かしたりすることがあります。治療方法は、妊娠性エプーリスなどの例外を除いて、全て外科的に切除します。原因削除の為、抜歯する場合もあります。
 悪性の癌腫などと似ていて見分けがつきにくいため、エプーリスのようなものを発見した場合、すぐに検査をしたほうがいいでしょう。

オールセラミッククラウン
 オールセラミッククラウンとは、全てがセラミックで作られているクラウンの一つです。天然の色に近いセラミックを使用して、金属を使っていないため、かなり美しく仕上がります。しかし、割れやすい、値段が高いなどのデメリットもあります。
 保険適用外になります。

入れ歯
 入れ歯とは、無くなった歯の代わりにとりつける人工歯のことです。義歯ともいいます。有床義歯、ブリッジ、インプラント義歯などに分けられます。
 さらに有床義歯は全部床義歯(総入れ歯)、局部床義歯(部分入れ歯)に分けられます。

印象
 歯科用語における印象とは、歯型を取り、それから被せ物等を作ることをいいます。歯型を取ることを「印象を取る」ともいいます。
 被せ物などを作る際、歯の模型が必要不可欠です。
実際の治療が必要な歯の印象を取り、そこから模型を作り、それにあった被せ物を作ります。
 英語では、Impressionというため、Imp(インプ)と呼ばれたりもします。

親知らず
 親知らずとは、20歳前後に生えてくる一番奥の歯のことです。知歯・智歯(ちし)、知恵歯(ちえば)とも呼ばれます。生まれつき親知らずが無い人もいます。
 親知らずが生えると歯並びが悪くなったり、生え方によって歯磨きがしづらくなることがあります。そのため抜歯をするケースが多いです。
 親知らずが生えてから、問題が起きる前に早い段階で抜歯するのが望ましいです。しかし、抜歯に1か月ほどかかることがあります。前もって治療期間を準備しておきましょう。
 また、生え方によっては抜歯が困難になり、歯科医院で断られる可能性があります。

歯科用語集 か

顎関節症
顎関節に発生する、開口時の疼痛 、開閉口時の関節雑音、また開口障害・開口制限を特徴とする病気。

顎偏位症
噛み合せの具合が悪くなった状態を長く放置したなどの原因で顎が偏り、顎関節や他の部位にまで症状が表れてきている状態。

顎骨造成法(骨再生療法)
失った顎の骨を新たに造成する治療法。

架工義歯
歯の抜けた部分の両隣の歯を支台とした差し歯・ブリッジ。

可撤式床矯正
取りはずし可能な義歯タイプの矯正装置。

カリエス
虫歯。

カリエスコントロール
虫歯にならないように常に口の中の衛生に気をつけ、口の中を健康に保つ事。

カリソルブ
健全歯質を不要に除去せずに、感染象牙質を軟化させ除去するう蝕除去。

仮歯
治療中、及び最終的な差し歯が入る(出来上がる)までの間、仮に入れておく(使用する)差し歯・ブリッジ。

仮義歯
最終義歯(本義歯)が入る(出来上がる)までの間、仮に入れておく・使用する義歯(入れ歯)。

矯正歯科
矯正歯科治療とは、悪い位置にある歯をあごの骨のなかで少しずつ動かしたり、あごを良い方向に動かしたりして、正しいきれいな歯並びや噛み合わせを作る治療。

局部義歯
歯がない部分に入れる義歯。(固定式はブリッジ、取り外し式は局部床義歯と言う。)

口呼吸
口で呼吸をしてしまう症状。

クラウン
属に言う被せるタイプの差し歯。

クラスプ
部分床義歯を口の中で安定・保持・維持させる為に針金。

クリーニング
歯垢や歯石、歯の汚れを専門の機械・器具を用いて除去する事。

外科矯正治療
直接あごの骨を分割させて移動させたり、余分に伸びた顎骨を切除して矯正する方法。

口蓋
口の中の上あごの部分。

口腔外科
難しい抜歯、顎骨(あご)や口の粘膜や組織の大きな腫瘍、骨折、損傷、口や顎の奇形などを主に治療する診療科。

鉤歯
部分床義歯を口の中で安定・保持・維持させる為に針金をかける歯。

硬質レジン
人工歯や歯冠などに使用される合成樹脂素材。

咬合
噛みあわせの事。

咬耗
噛む事によって、時間経過と共に歯がすり減っていく事。

コーヌスクローネ・コーヌス義歯
残存歯と義歯とを組み合わせ二重冠とし、金属同士の摩擦抵抗を利用した針金のない入れ歯。

骨膜
骨の表面に癒着して骨を包でいる薄い膜。

根管治療
歯の中にある歯髄につながる歯根の先端部分の治療。

混合歯列弓
歯の交換期の若年者にみられる歯が前歯から奥歯まで並んでいる歯群(歯列)に、永久歯と乳歯とが混合して生え合っている状態。

歯科用語集 さ

再植
抜け落ちた歯、意図的に抜歯された歯を再び元あった場所に植え戻す事。

残存菌
歯列(歯並び)の中で残存している歯。

GTR(組織誘導再生=Guided Tissue Regen法)
特殊な再生誘導膜のGTR膜を用いて、歯を支えている周囲組織であるセメント質、歯根膜、歯槽骨を再生する治療法。

GBR
骨の新しい造成だけを期待する場合に使用されるのがGBR(Guided Bone Regeneration)膜

シーラント
虫歯にかかりやすい時期に、虫歯に侵されやすい奥歯の溝を流れのよいプラスチック素材でふさいで極力保護するという虫歯予防の方法。

歯冠
歯肉から出ている歯牙の頭の部分。

歯根
歯肉の中に入っている歯牙の部分。

自家歯牙移植術
自分の歯(親知らずが多い)を他の部位へ外科的に移植する事。

歯周病
歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気。

歯周ポケット
歯と歯ぐきの間にある歯肉溝。

自浄作用
口の中は自分できれいにする働きを持っていて、歯や歯周の病気を予防しようとする作用。

歯髄
歯の中心にあり、神経や血管で構成されている部分。

歯石
細菌の死骸が蓄積して、その中に唾液や血液に含まれる無機質(ミネラル)が沈着して石のように硬化したもの。

歯槽堤
歯が植わっている骨の部分。顎堤と同意語。

支台歯
差し歯やブリッジの橋の支柱になる歯。

歯肉炎
歯肉に起こる炎症。

自由診療
保険の枠内ではできない治療。保険外治療、私費治療、自費治療と同意語。

充填
虫歯を削った後、その部分にプラスチックや金属を詰める事。

修復
虫歯に侵された歯を人工の詰め物やか被せ物など治す事

心身障害者歯科診療・重度心身障害児の歯科治療
全身的な障害があり、歯科の診療が困難なために特別な方法を駆使し治療を行う専門的な治療。

笑気吸入鎮静法
歯科治療時に極度の恐怖感を持つ患者さんに対して、精神の安定の為や痛みを感じないようにする、笑気ガス麻酔下での治療。

小矯正
本格的で大規模な矯正ではなく、小規模な矯正。部分矯正とも言う。

床矯正装置
取りはずしのできる床に、維持となる針金や歯を動かす為の弾力のある針金などが仕組まれている矯正装置。

審美歯科
美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野の事。

スケーリング
歯にこびりついている歯石を除去する治療。

スプリント
顎関節症の症状を改善する為に歯列に装着する装置。

スルフォン床義歯
普通に用いる義歯のプラスチックよりも強度があるポリカーボネイト素材の義歯。

接着性レジン
歯に金属やプラスチックの修復物を強固に固定する材料。

セラミック・セラミッククラウン
陶器(瀬戸物)素材で製作された歯冠修復物。

即時義歯
抜歯を伴う治療が施術される時、抜歯後の状態を想定し、あらかじめ制作しておく義歯。

咀嚼
食物を飲み込みやすくする為に、噛み砕き、すり潰す事。

歯科用語集 た

タービン
タービンとは、歯を治療するときに使うもので、ユニットにとりつけてある回転して削る器具のことです。
エアタービンともいいます。
独特のキュイーンという音がし、この音によって歯科治療を嫌がる人も少なくないです。
最近ではこのタービンを使わず、音のない治療法としてレーザー治療というものもあります。

ダイアグノデント
ダイアグノデントとは、レーザーを用いて歯を解析する機械のことです。
むし歯の進行具合などを数値にしてみることができます。
肉眼やレントゲンでは発見できない初期う触を発見することができます。
しかし、正確ということではないので、補助的に使われることが多いようです。

ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディングとは、歯の表面にハイブリッドコンポジットレジンを装着し、審美的にする治療です。
歯をあまり削らずに、1日2日で美しくすることができます。
矮小歯やすきっ歯、歯の変色等の治療に使われます。
ラミネートべニアなどと同じ技術ですが、こちらはセラミックではないので比較的安くなっています。
矯正で使われるブラケットを接着剤で歯に取り付ける事も、ダイレクトボンディングといいます。

テンポラリークラウン
テンポラリークラウンとは仮歯のことで、テック(TEK)とも呼ばれています。
治療中の歯に補綴物が入るまでの間、仮に装着する被せ物のことをいいます。

デーモンシステム
デーモンシステムとは、新しい技術の歯列矯正のことです。
デーモンブラケットという特殊なブラケットを使い、痛みが少なく治療期間が短いとされています。
通常のブラケットより通院回数が少なく済むのも特徴です。
通常のメタルブラケットのように目立ってしまったり、歯磨きがしにくいというデメリットがあります。
ブラケットの中では高価な方に入ります。

動揺(どうよう)
動揺とは、歯科用語において、歯がぐらぐら動く状態のことをいいます。
歯槽膿漏や歯牙不完全脱臼になった場合などに起こることがあります。
動揺のない歯と連結固定することで動揺を抑えることができます。
スーパーボンドなどで固定をします。
歯列矯正中は動揺が起きますが、問題はないです。

打診痛(だしんつう)
打診痛とは、歯を軽く叩いた時に響くような痛みのことです。
炎症になっている可能性が高いです。
この他にも、何もしてなくても痛む自発痛、温度や物理的刺激で痛む誘発痛などがあります。

智歯周囲炎(ちししゅういえん)
智歯周囲炎(ちししゅういえん)とは、智歯(親知らず)の周りにできる歯冠周囲炎(歯と歯ぐきの間の歯肉炎)のことです。
英語ではpericoronitis。そのためperico(ペリコ)と呼ばれることが多いです。
親知らずの生え方が悪いと歯肉との間に細菌がたまり、そこから歯肉炎になることがあります。
親知らずの主な痛みの原因です。

知覚過敏(ちかくかびん)
知覚過敏とは、歯の欠損により冷たいものなどが歯に沁みることをいいます。
正式名称は象牙質知覚過敏症です。

脱灰(だっかい)
脱灰とは、歯のエナメル質が溶けることを言います。だっかいと読みます。
むし歯菌が酸を出すことにより、プラーク内のpHが低くなり酸性になります。
酸性になるとはのエナメル質からリン酸カルシウムが溶け出します。
脱灰が続くと、むし歯になります。再石灰化を促し、予防しましょう。

脱離(だつり)
脱離とは、一度治療して取り付けた被せ物や詰め物が取れたことをいいます。
脱離してしまった場合、すぐに取り付けた歯科医院へ行きましょう。
その際、取れてしまった被せ物などをラップやアルミホイルでくるんで持っていきましょう。

茶渋(ちゃしぶ)
茶渋(ちゃしぶ)とは、歯の表面に付く汚れのことです。
お茶や紅茶、コーヒーなどをよく飲む方に見られます。
粒子の細かい歯磨き粉を使用するといいでしょう。
強く擦りすぎると摩耗する恐れがあるので、取りにくい場合は歯科医院に行き、超音波スケーラー等で除去してもらいましょう。
ステインに含まれることがあります。

詰め物(つめもの)
詰め物とは、インレーのことです。

歯科用語集 な

ナイトガード
ナイトガードとは、歯ぎしりによる歯や顎への負担を防止する軟性レジン製のマウスピースのことです。
歯ぎしりを放っておくと、歯と歯の接触により歯が損傷してしまったり、顎に負担がかかり顎関節症になってしまったりとたいへん危険です。
就寝時にナイトガードを装着することにより、歯や顎への負担を防止するとともに不快な歯ぎしりの音を消す効果もあり、歯ぎしりの治療にも役立ちます。

ノンメタル
ノンメタルとは、危険とされる金属のかわりに体にやさしい無金属の材質で再修復していく治療のことです。
メタルフリーとも呼ばれます。詳しくはメタルフリーのページで説明します。

乳歯(にゅうし)
乳歯とは、永久歯の前に生えてくる子供の歯のことです。上下合わせて20本生えます。
生後10か月頃から生え始め、10歳ごろになると永久歯に生え変わります。(個体差がよって時期がずれることがあります。)
乳歯はやわらかく、むし歯になりやすいため、しっかりとケアをしましょう。

二次齲蝕(にじうしょく)
二次齲触とは、「にじうしょく」と読み、2次カリエスともいいます。詳しくは2次カリエスのページで説明します。

嚢胞(のうほう)
嚢胞(のうほう)とは、身体の中にできる袋状の病的なものです。
嚢腫、チステとも呼ばれます。
袋の中には液体(膿)が入っています。
歯科では、歯茎や唇、歯根などに見られます。

妊娠性エプーリス
妊娠性エプーリスとは、妊娠による女性ホルモンの変化によってできる良性の腫瘍です。妊娠腫ともいいます。
出産後、自然消滅することが多いです。消えなかった場合、切除をします。

捻転歯(ねんてんし)
捻転歯とは、捻じれて生えてきてしまった歯のことをいいます。ROTともいいます。
永久歯のできる方向が悪かったり、過剰歯などの影響でなることがあります。
捻じれの角度が小さいと自然に治っていったりもしますが、ひどい捻転歯の場合は歯列矯正が必要となります。

粘膜(ねんまく)
粘膜とは、身体の中の分泌液(粘液)で守られている所をいいます。
歯科では、口の中の表面をいい、口腔粘膜と呼ばれています。
ほほの裏の表面は頬粘膜ともいいます。

膿瘍(のうよう)
膿瘍(のうよう)とは、炎症により化膿して、膿がたまる症状のことです。
口腔内だけでなく、脳や内臓など色々なところで発症します。
歯科では、歯周病による歯周膿瘍や歯槽膿瘍(根尖膿瘍)、歯肉膿瘍などの種類があります。

歯科用語集 は

ハイドロキシアパタイト
歯の基本の構造物質のひとつ。

歯ぎしり
上下の歯が以上に強くすり合わされ、特異なきしり音を発する。

8020運動
80歳で20本の歯を残そうという運動。

PMTC
プロフェッショナル・メカニカル・トラース・クリーニングの略。専門家(歯科衛生士)によるスケーリング。

不正咬合
上下の歯が上手に噛み合っていない状態。

訪問歯科診療
診療施設に通えない高齢者の自宅や施設を、歯科医師、歯科衛生士が訪問し、患者さんの口腔内の管理や治療を行う事。

フッ素
虫歯予防法のひとつ。

部分床義歯
歯のない部分に入れる取り外しタイプの義歯。

プラークコントロール
虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除いたり、歯垢が作る細菌の悪い物質や毒素を抑える為に化学的な方法を用いたりしてコントロールする事。

ブラッシング
歯磨き。

ブリーチング
歯の漂白。ホワイトニングと同意語。

フロス
糸ようじ。

ぺリオ
歯を支える歯肉や歯骨などの歯周組織、治療。

包括歯科医療
健康志向の歯科医療であり、単に口の中の治療だけではなくて、予防から治療後の機能回復(リハビリテーション)までを含めた全身の健康にかかわる歯科医療の事。

ホームデンティスト
かかりつけ歯科医

保存処理
歯を残すための処置・治療。

ホリスティック
「全体的な」あるいは「包括的な」の意味。

ホワイトニング
歯牙の漂白。

歯科用語集 ま

マウスピース
歯や顎を傷つけないようにする装置。マウスガードと同意語。

摩耗
歯がすり減った状態。

無口蓋義歯
上顎中央部分をくりぬいた形で製作した義歯の事。

無痛歯科治療法
治療時に、できるだけ痛みを感じないようする治療方法。

メタルボンド
金属土台の上にセラミックを焼き付けた差し歯。

メタルプレート
義歯の強度や装着感を向上させる為に使われる金属の床(土台)。

メンテナンス
治療を終えた口腔内を健康に保つ事。

歯科用語集 や

有病者歯科治療
歯科の疾患だけでなく、全身のどこかに大きな疾病をあわせ持つ患者さんの歯科治療。

有床義歯
ドテの部分をおおう義歯

歯科用語集 ら

ラバーダム
ラバーダムとは、根管治療などで細菌が入らないようにするゴムのシートのようなものです。
根管の治療は無菌治療が重要で、治療中の歯に唾液が入ると細菌感染を引き起こし、2次カリエスなどの危険性があります。
そのためラバーダムは、成功率を上げるためや、2次カリエスを防ぐためにも必要とされています。
しかし、保険適用でラバーダムを扱っていない歯科も多いため、ラバーダムを保険で使用したい場合は事前に調べておく必要があります。

ラミネートベニア
ラミネートべニアとは、歯の表面にシェルと呼ばれる貝殻状のセラミックを取り付ける方法です。
クラウンに近いものがありますが、こちらはネイルアートの付け爪のようなものです。
オールセラミック同様、すべてセラミックでできているためきれいに仕上がります。
歯間離開や変色した歯、矮小歯などで多く使用されます。

リコール
リコールとは、歯科用語において、治療後の定期健診、または定期健診の案内のことをいいます。
定期健診では、検査や予防のための消毒などを行います。
来院を促す手紙のことをリコールカードとも呼びます。

リコール
リーマーとは、根管治療で歯質を削り取る器具のことをいいます。
似たようなものにファイルという器具があります。先端の形状が異なっているだけで、用途や使用方法等はリーマーとほぼ同じです。
根管治療時に、リーマーやファイルが折れて歯の中に残ってしまうことがあります。
除去するのは可能ですが、難しい場合もあります。
しかし、残っていても害があることは少ないです。
ですが念のため、数ヵ月後にレントゲンを撮って、細菌感染していないか確認した方がいいかもしれません。

ルーター
ルーターとは、高速で回転するヘッドを持つ器具のことです。
歯科技工用ルーターは歯を削る際に使用します。
作業によって先端のパーツ(ポイント)を取り替えることができます。
ユニットについているものではなく、持ち運び可能です。
歯科技工用ルーターを、模型製作などで代用して使用することもあります。
ちなみに、インターネットに繋ぐルータとは同じスペルですが無関係です。

ルートプレーニング
ルートプレーニングとは、スケーリング後に行う、歯周病の初期治療です。
意味は「根を平らに削る」。
スケーリングを終えても歯根表面には、歯垢により汚染・軟化されたセメント質や象牙質が付着しています。
それを専用の器具により取り除き、歯根表面を硬く平滑にします。
そうすることにより、歯垢が付きづらくなります。

レジン
レジンとは、合成樹脂、プラスチックの一種です。
レジンにも、硬質レジン(コンポジットレジン)や軟性レジンなど様々な種類があります。
見た目が白く、被せ物や詰め物の材料として、よく歯科では使われます。
しかし、劣化しやすく変色をしてしまうというデメリットもあります。
それに変形もしやすいため、2次カリエスの危険性が最も高いとも言われています。
詰め物などで使用する際は、保険適用ができます。

レセコン
レセコンとは、レセプトコンピュータの略で、レセプト(診療報酬明細書)を作成するコンピュータのことをいいます。
診察の点数の計算などをコンピュータで行い、プリンタでレセプトを印刷することが可能です。

レセプト
レセプトとは、医院などからもらう診療報酬明細書、処方箋のことです。単にレセとも呼ばれます。
・診察日
・保険者番号、保険証記号番号    
・患者の名前や生年月日
・病名
・診断の回数
・処置、薬の内容や数量
などが記載されています。
患者にはレセプト開示請求の権利があり、医院などはこれを拒むことがせきません。

レーザー治療
レーザー治療とは、歯科用レーザーで行う治療のことです。
この治療の主な特徴は、不快な音がなく痛みが少ない事です。それに短時間で治療が終わるため、これまでの治療が苦手な人にはお勧めです。
レーザーには殺菌効果があるため歯周病治療にも使われ、むし歯治療の他にも、歯石の除去や歯茎の黒ずみ、口内炎や知覚過敏にも効果があり非常に多方面の治療に使うことができます。
「エルビウム・ヤグ・レーザー」、「ネオジウム・ヤグ・レーザー」、「低出力半導体レーザー」、「炭酸ガスレーザー」、「ダイアグノデント」などの種類が歯科の治療に使われており、それぞれ違った特性をもっています。
保険適用外となります。

レ充
レ充とは、レジン充填の略です。
むし歯を削った後の穴に、コンポジットレジンの詰め物を入れることをいいます。
保険適用可能で、多くの詰め物に使われます。

乱杭歯(らんぐいば)
乱杭歯(らんぐいば)とは、重なり合っている歯の生え方のことを言います。
八重歯、叢生とも呼ばれます。

婁孔(ろうこう)
婁孔(ろうこう)とは、歯ぐきにできるできもののことです。

歯科用語集 わ

矮小歯(わいしょうし)
矮小歯とは、通常の歯と比べて、大きさが異常に小さい歯のことをいいます。
わいしょうしと読み、小歯症とも呼ばれます。
円錐状の形をしていることが多く、過剰歯である場合も多いです。
オールセラミッククラウンなどの被せ物やラミネートべニアによって治療する(隠す)ことが可能です。

ワイヤー
ワイヤーとは、歯列矯正やクラスプに使われる針金のようなものです。
チタン合金やステンレスなどの金属を主に使います。
ワイヤーで行う歯列矯正のことをワイヤー矯正といいます。

ワックス
歯科用のワックスとは歯科治療の用いられる蝋(ろう)のことである。目的によって様々な種類があるが、技工物の中間製作物として用いられることが多い。
鋳造のためにロストワックス法の材料となる他、咬合採得の際に上下の顎間関係の記録などにも用いられる。

歯科用語集 0-9

0-9

2次カリエス
 2次カリエスとは、二次齲蝕(にじうしょく)ともいい、一度被せ物や詰め物で治療した歯がもう一度むし歯になることをいいます。
 一度治療した歯は他の歯に比べむし歯になりやすく、被せ物や詰め物との境目から徐々にすき間ができてきます。
 治療後の歯は特にプラークコントロールを気にして、2次カリエスを予防しましょう。

3DS
 3DSとは、Dental Drug Delivary Systemの略で、歯周病などの予防処置の1つです。
まず初めに口の中の健康状態を検査をします。
 その後、バイオフィルムという歯の表面についている細胞膜を除去し、薬などへの耐性を失くしてから、薬剤を塗り直接作用させます。
これにより、むし歯や歯周病の原因菌を除去することができます。
 3DSを行った後も、きちんと毎日プラークコントロールをすることによって、むし歯や歯周病を長く予防できます。
 菌を除去するため口臭予防の効果もあります。

3Mix-MP法
 3Mix-MP法とは、薬剤を用いてむし歯菌を殺し、むし歯を治す治療法です。従来のむし歯治療より削る量が少なく、痛みが少ないのが特徴です。また、神経を残せる可能性があります。
 3種類の抗生剤(3Mix)とマクロゴール(M)とプロピレングリコール(P)を混ぜた薬剤を使用するため、これらすべてを合わせて3Mix-MPといいます。
 病巣無菌化組織修復療法とも呼ばれます。

8020運動
 8020運動とは、80歳になっても20本以上の歯を保持させようという運動のことです。
厚生労働省や日本歯科医師会により推進されています。
 スウェーデンではすでに8020運動を達成しており、アメリカやオーストラリアは2010年、日本は2030年から2040年に達成すると言われています。
 80歳で20本以上の歯を持っていると、それ未満の人に比べ活発という報告もあります。
予防の定期健診が重要になります。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 院長紹介・経歴 » 歯科用語


コールバック予約

PAGE TOP