トップへ » 当院が選ばれる理由(診療理念) » 滅菌システム » 院内感染の基礎知識

院内感染の基礎知識

血液によって感染する主なウイルスは以下の3つがあります。歯科治療におけるウイルスの感染経路は
使用器具からの感染、針刺し事故(医療従事者の感染)が考えられます。

【B型肝炎ウイルス(HBV)】
B型肝炎ウイルスは、血液や体液を介して感染します。B型急性肝炎は、性行為、医療従事者の
針刺し事故。注射針の使い回し、入れ墨などが主な感染経路となり、B型慢性肝炎の大半は、
母子感染が原因です。B型急性肝炎は、感染しても肝炎とわかるような症状があまりみられず
60~70%の人は治癒します。しかし残りの30~40%の人では典型的な急性肝炎の症状が
みられます。主な症状は、関節痛、食欲不振、吐き気、全身の倦怠感、肝臓病特有の
黒褐色尿や黄疸(おうだん)などです。

【C型肝炎ウイルス(HCV)】
C型肝炎ウイルスは、血液を介して感染します。まず急性肝炎を発症し、そのうち7割が
慢性肝炎に進行します。放っておくとさらに進行して肝硬変を経て肝臓ガンへ進行する恐れが
あります。慢性肝炎の状態では生命に危険がおきることはなく、継続的な治療に時間を
とられることを除けば健康人と同じ生活が出来ますが、肝臓ガンが発生したり、肝硬変が
進行して肝不全を引き起こしたりすると、生命の危険がせまってきます。

【エイズウイルス(HIV)】
エイズの原因となるウイルスであるHIVは、ヒトの体の中に侵入すると、免疫機能の中心的な
役割を担っているリンパ球(白血球の一種)を次々に破壊します。その結果、徐々に免疫力が
下がっていき、免疫不全状態に陥り、健康な時にはかからないような重い感染症や悪性腫瘍、
あるいは痴呆や運動障害等の神経症状をきたします。


トップへ » 当院が選ばれる理由(診療理念) » 滅菌システム » 院内感染の基礎知識


コールバック予約

PAGE TOP