トップへ » 当院が選ばれる理由(診療理念) » 滅菌システム » 消毒・殺菌・滅菌の違いとは?

消毒・殺菌・滅菌の違いとは?

【 消 毒 】
対象物に付着している病原性のある微生物を、害のない程度まで減らすこと。
何をどの程度減らすかにより、高・中・低水準に分かれます。
【 殺 菌 】
対象物に付着する菌を殺す行為であり、殺す対象や程度を含みません。
極端にいえば、10%の菌を殺して90%の菌が残っていても「殺菌した」といえるため、
有効性に対する厳密な保証はありません。
【 滅 菌 】
対照物を限りなく無菌に近づけるための工程。国際的に採用されている現在の基準としては
「滅菌操作後、100万個のうち1個の対象物に微生物が付着している確率」で滅菌できれば
良いとされています。
water3.jpg
医療現場において使われる言葉は、滅菌と消毒です。
殺菌は効果の保証がないので、感染予防の意味合いでは
使いません。
例えば「ある器具を滅菌(または消毒)後、微生物の付着や増殖がない限り、すべての微生物が存在しない(あるいは
使っても感染しない)といえるが、殺菌にはその保証はない」ことになります。


トップへ » 当院が選ばれる理由(診療理念) » 滅菌システム » 消毒・殺菌・滅菌の違いとは?


コールバック予約

PAGE TOP