トップへ » 当院が選ばれる理由(診療理念) » インプラント » インプラント治療の流れとは?

インプラント治療の流れとは?

1.調査と治療計画
歯科用CTなどの最新設備を使って、神経の位置やあごの状態、体調などトータル的にインプラント治療に必要な詳細な診査を行います。治療が可能な場合は、患者さんのご要望に合わせたインプラントの治療計画を立案します。

次へ
2.フィクスチャー埋入の手術
口腔外科手術によってチタンで作られた人工の歯根(フィクスチャー)を骨に埋めていきます。インプラントに使われるチタンは、生体への親和性が高く、異物反応やアレルギー反応を起こさない素材です。また、当院では確実かつ安全な手術を行っておりますので、安心して治療をお受けください。

また、手術後は、院内でゆっくりと過ごし体調に問題がなければご帰宅いただきます。手術が終わったらすぐに、痛み止めを飲んでいただくため、ご自身でお車の運転していただくことはできません。当日はお車での通院をお控えください。

次へ
3.治癒期間
手術後、約3ヶ月~6ヶ月の間、インプラントが骨としっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

次へ
4.アバットメントの連結
インプラントがしっかり骨に結合されたら、人工の歯の土台となるインプラントの部品(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。必要に応じて、簡単な手術を行う場合もあります。

次へ
5.人工歯の装着
インプラントを入れた状態で、口の中全体の型をとり、その型に従い人工の歯を作製します。その後アバットメントの上に人工歯を装着し、最終的な噛み合わせをチェックした後、問題がなければ治療を完了します。

次へ
6.メンテナンス
インプラントの治療の終了後も、インプラントを長持ちさせ快適にお使いいただくためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。医師の指導に従い正しい歯磨きを心掛け、半年に一度はインプラントの状態をチェックするための定期検診にご来院ください。


インプラントのアフターケア
インプラントは、人工の歯であるために虫歯にはなりません。だからといって、まったく安心というわけではありません。インプラントを末永く快適にお使いいただくためには他の治療と同様に、その後のアフターケアはとても重要です。

人工の歯であっても、インプラント周辺の歯茎に細菌が繁殖すると、「インプラント歯周炎」という病気を引き起こします。当院では、せっかく費用をかけて手に入れたインプラントを守っていただくためにも、しっかりとしたアフターケアをお願いしています。


ご自宅でのケア【毎日行っていただくご自宅でのケア】
毎日、正しいブラッシングを行うのはもちろんのこと、歯間ブラシやデンタルフロスを使用し、歯と歯の隙間にたまった汚れをしっかり取り除いていただくことで、インプラント歯周炎を防ぎ、インプラントを快適に長持ちさせることができます。

【歯科医院で行う定期的なケア】
定期的に専門家によるメンテナンスしてもらいながら、インプラントの状態をチェックし、状態に合わせメンテナンスをしていくことが理想的です。

最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら2、3ヶ月に1回、お口の状態がきちんと保たれているようであれば、その後は6ヶ月に1回程度での定期検診をお願いしています。


トップへ » 当院が選ばれる理由(診療理念) » インプラント » インプラント治療の流れとは?


コールバック予約

PAGE TOP