トップへ » 当院が選ばれる理由(診療理念) » CADCAM冠

保険で入れることができる白い被せモノ

CADCAM1.pngセラミックスの美しさとレジンの衝撃吸収性を持つ素材治療

平成24年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(前歯から数えて4番目、5番目の歯)が、CAD/CAM装置使用に限り、ハイブリットレジン冠での治療が保険適応になりました。『ハイブリットレジン』とは、従来の保険適応の素材(レジン)よりも丈夫な素材です。

こんな方におすすめです!
 ・話す時や笑う時に、銀歯が気になる
 ・銀歯や金属等の詰め物にアレルギー反応を起こす
 ・白い被せ物にしたいが高額な自費診療は避けたい

歯には番号が付いているって知っていますか?

4番5番.jpg

 歯には、前歯から数えて1番~7番までの番号が付いています。
皆さんも御存知の八重歯は3番、親知らずは8番です。

 今回保険が適用される部位は、第1小臼歯(前から4番目の歯)、
第2小臼歯(前から5番目の歯)となります。

適用できる補綴物の種類

Cr.jpg保険適用は、クラウン(被せ物)に限ります。

In.jpgインレー、アンレー(部分的な詰め物)は保険適用外(自費診療)となります。

今までの金属を用いた保険治療の場合

銀歯.jpg
【 メリット 】
 ・強度が強い
  強い力がかかっても割れたり欠けたりしません。

【 デメリット 】
 ・見た目が気になる
  笑った時に、金属色が見えることがあり目立ちます。

 ・金属アレルギーの心配
  金属が溶け出し、体に影響を及ぼすことがあります。

・治療期間が長い
  歯科技工士が時間をかけて制作するため、被せ物の出来あがりに時間がかかります。

これからの新素材を用いた保険治療の場合

ハイブリッドレジン.jpg
【 メリット 】
 ・見た目がキレイ
  天然の白い歯に色合いが近い為、違和感がありません。

 ・金属不使用
  メタルフリーの治療なので、金属アレルギーの心配がありません。

 ・歯に優しい
  天然の歯に近い硬さなので、噛み合う歯にダメージを与えません。

【 デメリット 】
 ・強度が銀歯に劣る
  樹脂にセラミックを混ぜた素材なので、強い力がかかると割れたり歯ぎしりなどですり減る事があります。

ミクロ単位の精密性

最新のコンピューター技術で、ブロックの状態から歯の形に削り出しをしていきます。

CADCAMが出来るまで.png

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 当院が選ばれる理由(診療理念) » CADCAM冠


コールバック予約

PAGE TOP